バンビエンの名物!ブルーラグーンまでの道中の大自然が最高by自転車

SAKURA BARで昨日散々飲んで
だいぶ二日酔いで起きた
旅8日目

11月20日
サバイディー
P1290670

ラオスのこんにちわの挨拶
この言葉がすごく心地いい
どこいってもいらっしゃいとかの意味でも
サバイディーって言われるので
こちらも自然にサバイディーって言えるようになってくる


ラオスの人ってそんなに話しかけてくるわけでもないけど
しつこくなくて、そっけなくもなくて
うん、なんかとても心地いい距離感

サバイディー!

朝ごはんは、ラオス名物
やっぱりサンドイッチ
P1290669


P1290674

この日はツナベーコンオニオンガーリックベジかなんかにした
毎日違う具を選ぶのが結構楽しい

さて、では今日はバンビエンの名物
ブルーラグーンへ行ってみます

主な行き方は
自転車かバイクかバギーかトゥクトゥクか
あたしは出来るだけゆっくりその道を
進みたかったので
自転車にした

色々回ってみて
1日レンタルで20000キープを発見(約260円)
担保でパスポート預ける

こいつが今日の相棒
P1290676

バンビエンまでの道のりはかなり
ガッタガタで危険みたいなこと聞いてたので
マウンテンバイクにしたんだけど
これ、まじ正解だった!

ちなみにブルーラグーンGoogleMapで調べても
うまくヒットしなかった

Tham Poukham Caveとつながってるから
とりあずここを目指せばいいらしい

まず最初に橋渡るんだけど
ここまでの砂利道がめっちゃ危なっかしい
P1290681

バギーの安定感半端なくて、ずるい!!
P1290686

橋を渡るのに10000キープ支払って渡る
渡った先からは
あとはひたすらまーーっすぐP1290684

P1290687

そして
わたしはこの民家を抜けた先の
道に出た瞬間に
もう

大興奮
P1290689

P1290693

P1290698

しゃほおおおおぉぉぉおぅ
大自然!!!!緑!太陽!空!山!牛!
P1290703

うおおおお
そうそうそう
あたし、こうゆうところに来たかったのよ!!
P1290707

小さな民家がポツポツ
P1290711

どこの家にも洗濯物が干してあって
水があるところには
やっぱり子供達が
P1290714

ちょっと隠しながら裸な女の子が
めちゃくちゃ可愛い!!!
P1290717

こいつらのお尻もたまらんがな!!!笑
P1290718

あーーーもう!
ほんとに何度も何度も
心の中で

さいこー!!

って叫んだ。

この大自然の中チャリこいでるだけで
こんなに解放的な気分になれて
こんなに感動するのか、と

ほんと、別になんにもない
ただそこにはその土地が広がっているだけ

それがあまりにも綺麗で
自然で、優しい
P1290726

たまに分かれ道があるけど
P1290719

このBLUE LAGOONの看板を右に曲がっていけばOK
P1290723

曲がる度に
素敵な景色が広がってて
もう、これ以上あたしを興奮させないでくれーー!!!
P1290729

P1290730

冷静を保てない
もうこの辺からは一人
歌い出してた。笑

牛とも何度も何度もサバイディー!
P1290738

P1290742

牛もあついのか
日陰で一休みしてる子も
P1290733

こうゆう何にもない
ただの道
とても好きだ
地元の人の生の生活が観れる
P1290752

P1290756

P1290746

あまりにも写真撮りたい景色が
広がりすぎてて
中々前に進まなかったけど
50分くらい走ったら
この看板に到着
P1290762

もうここまで来ちゃえばこの右側の道
直進すればゴール
お出迎えのまた牛
P1290767

そしてこの門をくぐって
P1290776

入場料10000キープ支払うのですが
ここの受付のお兄さん
P1290777

ビール飲んでるーーー!!!!笑

あまりにも可笑しくてつい写真撮らせてもらったんだけど
右の人はちょっと気にしちゃったのが
手で隠してますが
がっつりこの中身もビールです!笑

いや〜〜
みんなが生きてる中で自然と
昼間からビール飲んでるってゆう
このラオスの生活が

まじ気に入った!!w
スローだわ〜

写真撮りながらたらたら走らせて
1時間くらいでようやく到着

中に入ってみると
さっそくすごい色が飛び込んできた
P1290778

ふぉおおお
P1290779

まじでブルーラグーンだ
想像以上に青かった
魚もめっちゃいた
P1290787

ここはみんなが木に登って
P1290796

飛び込放題なので
もう欧米人飛びまくり!!
P1290792

↑このあとちゃんとくるっと回転して浸水した
P1290801

P1290802

飛び込みまくって一息つきたくなったら
後ろを振り向くとそこには
これまたバンビエンの誇るべき文化
のんびりできる掘っ建て小屋
P1290803

こんなのがありふれてるバンビエン
本当やはり楽園としか思えない
P1290841

P1290839

売店あるので
もちろんあたしも頂きます
P1290807

11月ラオスの昼間の日差しは
ものすごい強烈で
スーッサマジイ勢いで日焼けします

ここまでのチャリこいできただけで
相当焼けたし
相当汗かいた

その分だけ
ビールがうまいーーーー

チャリ旅のご褒美に
ビアラオじゃなくてハイネケンにしちゃった
うますぎる

ガンガン飲みたいところですが
帰り道もあるのでここは1本で我慢。w

いちを飛び込むとこにも飲んでる人はだめよってかいてあるw
P1290810

奥には、さらに別途10000キープ払うと入れる
子供用の施設と
ウォータースライダーみたいなのもあった
P1290808

飛び込みが怖い人は
ライフジャケットきて
ターザンだけやったりもあり
P1290811

P1290812

あとここ、この水場だけじゃなくて
ロープの上を渡るジップラインのアクティビティーもあった
P1290814

P1290815

さらにここには
洞窟もあるらしかったP1290820

P1290821

この結構急な階段を登って行くと
P1290822

洞窟発見!!
P1290827

P1290830

でも、あたしが行った時
全然人いなくて
ほんとに奥の方かなり真っ暗で
ちょっとビーサンで進むには限界があったので
途中で引き返してしまったw
P1290833

奥まで行ったら何かあったのかなー?

洞窟から戻ってきたら
階段きつかったしまたさらに汗かいて

飛び込みたい!!!
衝動に駆られて
もう我慢できなくなって

ついにあたしも飛び込んだ!!
P1290842

何よりびっくりしたのが

みっ・・・

みずが

氷水みたいに冷たい!!!

外がまじ酷暑なだけに
水が冷たすぎてびびったし
それが最高に気持ちよかった〜〜〜

帰りは水着でチャリこいで帰ることにしたw
ここいちを丸見えだけどシャワーもあり

さて
さっぱりしたので
そろそろ帰るか
ブルーラグーン

想像以上に人が多いのは、ちょっとあれだったけど
本当青いしみんなで遊ぶのはまじ楽しい
何もしなくても飛び込む人を見てるだけでも
だいぶおもしろい!

なによりあたしはここにたどり着くまでの
道が最高に気に入った

なんならブルーラグーンというゴールがなくても
ただただバンビエンの道を
1日ひらすらサイクリングするってゆう1日を
作ってもよかったな

って思うぐらい、よかった

ただ1つ難点がある
それはマウンテンバイクだと
お尻がかなり悲鳴をあげること
行きの時点でかなりお尻痛かったから
帰りも思いやられる。。w

でも絶対、バイクとかバギーだと
すぐ止まれないし写真とかとりながら
のんびり進めないから
あたしは自転車が自分には一番あってた!
P1290843

バギーは早いし強いしお尻痛くないし
二人乗りだから
それはそれで楽しそうだったけど!!

帰り道もまたあの道を
通れるのかと思ったら
もう楽しみで仕方なかった

チャリにiPhoneくくりつけて
夏の歌かけながら
ゆーっくり自転車漕いだ
P1290846

P1290847

バイクにもトゥクトゥクにも
ビュンビュン抜かれていくけど
P1290853

P1290871

それがいいんだ
P1290857

P1290866

たまに牛に道を遮られながら
P1290868

ゆっくりこの景色を堪能しよう
P1290873

P1290877

まだまだこの景色の中走っていたかったけど
結構あっとゆうまに
街に戻ってきちゃった

7キロの自転車の旅

最高だった!!!

写真みてわかるかもしれないけど
悪路悪路ってゆわれるけど
だいたいアスファルトだから全然危なくない
ただ、暑い!

帰ってくるとナムソン川のカフェが待ち受けてる
P1290882

さ〜〜て
今日はどこでくつろごうか
P1290883

それにしてもバギーが
水を物ともせずズカズカ進んでくるのはびっくりした
P1290885

P1290888

バギーつえーー!!

夕方になってきた
バンビエンの街の雰囲気もすきだなぁ


P1290898

どこ行こうか考えながら彷徨ってたら
突然気球があがった!!!!
P1290902

夕焼けを見るツアーなのかな?
気球観れて写真とれてラッキー!

今日は昨日チラ見したisland barにいってみよう
P1290900

と思って行ってみたんだけど
P1290904

ここタルチョとか飾ってあって
音楽ガンガンかかってて
いい感じなんだけど

なぜか
なぜか
人が全然いない。笑
P1290907

P1290911

P1290908

いい所なんだけどなあ
おしい

なんとなく活気にかけたので
また別の場所へ
P1290912

ふらふらしてたら
気がつけば
また昨日の橋を渡り
P1290916

P1290917

またSMILE BEACH BARきちゃった

しかも今日はハンモック空いてて
ここで飲めたーー!!!!
P1290921

P1290925

ナムソン川に囲まれて
山に沈んでいく夕日をここで眺めながら
ビールを飲むこの瞬間
P1290923

本当に贅沢
日が暮れると、各ベッド?にちょっとしたライトがあって
これがチェンマイでたくさんみた灯籠みたいな感じで綺麗だった
P1290929

日本でこんな贅沢な場所があったら
激混みになっちゃうと思うけど
のーんびり
ふら〜っときて
だらーっとできる

このラオス
バンビエンだから保てるこの雰囲気
P1290933

シンガポールにいるとこうゆう
大自然がないから
本当に山に囲まれて幸せだった

晩御飯はOther side Restaurant
P1290937

バンビエンの
どこでも好きに
寝てねーってゆう感じ好きだわP1290940

もちろん川沿いの席にしてもらって
P1290941

頂きます
P1290942

ここで食べた鶏肉とチーズの揚げ物が
ちょーーーうまかったP1290944

この溢れ出るチーズ!!
たまらん
1日チャリこいで遊んだ体にちょーどいい
P1290975

このchicken kiev ってゆうやつ
帰りにまたSAKURA BAR遊びにいった
P1290952

今日は20時頃行って
時間が早かったからか
まだそんな盛り上がってなかった
P1290965

やっぱ21時すぎの方がおもしろいな!!

今日はブルーラグーンまでの道が
本当に素敵すぎて
とても幸せだった

ラオス
とゆうか
バンビエンに来ることを選んでよかった
って心から思った

ラオスに来る人は
絶対ぜったいバンビエンきた方がいい!!!!

あたしにはこの自然と田舎ぐあいと
なのにカオスな場所もあったりがすごく旅を感じさせてくれた
何より、本当に心地いい

世界一周者の中で使われる「沈没」という言葉
あたしは世界一周中じゃないから
沈没できるほど日数に余裕がないけど

ここが沈没の街と呼ばれてる理由が
わかりすぎる

もしも無期限の旅をするときは
必ずまたバンビエンにきて

「沈没したい。」笑

明日はタムチャン洞窟へ!


にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ

にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です