アムリトサル1日目!ターバンの人々とお祭りと勢いがすさまじい

さてっインドのビザも無事下りて
インド一人旅第2弾に出かけます!!

第一弾のインド女一人旅ラダック&バラナシ10日間滞在記はこちら
http://mamiwoooo.com/india/ladakh

今回の予定は以下
2017年2月、11日間たびにでてきます

9日 シンガポール→アムリトサル
10日 ワガ&アターリー国境でインドとパキスタンの閉幕セレモニー
11日 アムリトサル→パタンコート→ダラムシャーラー→マクロードガンジ
12日 マクロードガンジ散歩
13日 マクロードガンジでトリウンドトレッキング
14日 夜行でシムラ入り
15日 シムラからデリーへ
16日 デリーからブルーシティージョードプルへ
17日 ジョードプル散歩
18日 ジョードプル→デリー
19日 朝シンガポール着



今回旅先をインドにしたのは
他でもないチベット僧が暮らす
マクロードガンジに行きたかったから。

で、はてさて
シンガポールからインドのどこの空港に
降りたらいいのか全然分からなかった

そんな時にめちゃくちゃ便利なスキャイスキャナー
22
こんな感じで目的地を空欄にしたまま
検索をかけると
全ての国に対して一斉に指定日の飛行機を調べてくれる

休みは取れたけど、どの国が安いかなー
とか悩んでる人はこれで世界中の値段を一気に調べて
安い国にいくのおすすめ
59

これで調べてみるとなぜか
シンガポールからアムリトサルへの飛行機だけが
10000円を切っていた!!

ひゃっほーーーー

そんなわけで「飛行機が安いから」
というただそれだけの理由で
最初にアムリトサルに入ることにしました

のちのち、アムリトサルが好きになりすぎて
「飛行機安いから」
なんてゆう安易な理由で
選んだ自分がとても
とても、恥ずかしくなるぐらい

私はこの
アムリトサルとゆう町が

大好きになるのです。。。

いざっ!シンガポールからとりあえずアムリトサルへ
直行便Scootで5時間程度
爆睡してアムリトサルの空港着
P1010326
P1010324

当たり前だけど
当たり前なんだけど

うわわわわわ
インド人ばっかり

ついた瞬間
かなりの場違い感。
そして緊張高まる
もちろん日本人なんてどこにも見当たらない

そして空港の出口でたら

そこには・・・

P1010328
大量のインド人!!!

なんだこりゃあああ

分かってはいたけど
アムリトサルはシク教の聖地で
ターバンの人たちがいるとは
分かってはいたんだけど
でも、それでもこんなにたくさんのターバンが待ち構えてて
めっちゃびびった

やっべぇとこにきちまったぞ・・・

早くも空港出た瞬間に
なんとも言えないこの独特のゾクゾク感

宿も取ってないしとりあえず金剛寺院
Golden Templeの近くまで行きたくて
どうしよっかなー

と、思いながら
もう見るからにバックパッカーの日本人顏のあたしは
インド人の格好の的なので
あんまりキョロキョロもしたくなくて
でもどこいけばいいかわかんないし

と思ってたら、目があった
フランス人男性!
キラーン

そしたら彼らの方から
トゥクトゥク乗って町まで一緒にいかないか?とゆってくれた

ああ、こうゆうさりげない出会いが
好きで
旅はやっぱりやめられない

しかも、このインドの辺境の地だからこそ
普段は欧米人ってものすごく遠い存在だけど
インドに至っては
「インド人ではない、外国人」
とゆうくくりで
なぜか欧米人とも仲間意識が芽生える

こんなことは、多分まじで他では一生ないw

そんな小さなことに感動しながら
トゥクトゥク乗ろうとしたら
なんと目の前に突如現れたこのおじさま
P1010329

「Free Bus To Golden Temple」

まじで?!

タダなら、これ乗ってみるか!

とゆうことで
このバスに乗り込むことにした

中はまぁこんな感じの普通の路線バス的な
P1010330

アムリトサルの空港からゴールデンテンプルらへんの市内まで
歩き方によるとオートリクチャで200ルピー程度らしいので
タダなのは、とってもラッキー

でも最初は半信半疑で
あたしは、多分もしこのフランス人がいなくて周りが
インド人だけだったら
「Freeとゆう文字に、あたしは踊らされないぞ!!!」
とゆう無駄な反抗心で多分、乗らなかったと思う

でも一応一緒に乗る仲間がいたから
乗ってみることができたんだけど

結果的に、大正解!
このバス普通にほんとタダで市内に連れてってくれます
なんでなのかよく分かりませんが
とり
あえずもしアムリトサルの空港の目の前で
このバスに出会えたラッキーガイは迷わず乗っておっけー!

ただ、GoldenTempleまで直接はいかず
そっから1キロくらい離れた場所で降りることになるので
バックパック背負って少しは歩くことになるけど
まぁそんなのなんのその

バスで30分程度でようやくアムリトサルの町に上陸
自分の足で歩き始める
P1010332

これが一緒にきたフランス人と、マレーシア人の彼女のカップル
P1010333

この二人がいなかったら
インドに上陸したばっかりのあたしは
もう不安で不安で仕方なかったはず

ありがとう二人とも
後にも先にも空港で出会った二人が最初で最後の
「外国人」だった
P1010334

その他はみーーーーーーーーんなインド人。
アムリトサルにはほとんど外国人いない

しばらくして安宿が見つかったので
二人とはお別れ
P1010335

明日、ワガアターリー国境にセレモニーみにいくってゆってたから
そこでまた会おう!ってゆってバイバイ

ついにインドの地で
一人になった

こっからだ。

町のお店はさすがのインドで
すごく派手な色使い
P1010356
P1010357

目星つけてた今回の宿
ASHA GUEST HOUSE
P1010358

旅の初日はとりあえずどっか適当に
宿とっておきたかったので
AgodaでGolden Templeに近い適当な安宿予約した

一泊約720円
P1010359

まぁ可もなく不可もなく
テレビがついてて
NHK Worldが見れたのはよかった

でも窓とかエアコンはなくて
とりあえずこのこじんまりとした部屋に
でっかいベッドがある感じ
立地で選んだのでGoldenTempleに近いのは、ほんとよかったけど
AgodaとかBooking.comで乗ってない安宿が
現地にはいっぱいあったので
現地で探してもよかったかなーとゆう感じ

荷物おいたら早速町歩き
このおっちゃんのこれ
P1010363

1つくれたんだけど
たまごボーロみたいなお菓子で美味しかった

カメラ持ってるあたしに気づいたら突然写り込んできた少年
P1010351

ターバンの巻き巻き具合がすげえ

ザ・インドなデコトラも健在
P1010372

この町すげえ派手だ

そしてしばらく散歩してると
なんかとても
インドとは思えないような光景が・・・P1010348
P1010342
P1010346

ちょっと・・・

綺麗すぎやしませんか

インドじゃないでしょこんなの
なんだこれ

と思ったのはGoldenTempleの正面の道
ここはきっとアムリトサルきたら
誰もが通る道

それだけにすごい栄えてて
やけに綺麗でびっくり

その向かいには黄金寺院!!!
P1010534

かっこいい

でも
いっぽん道をずらすと

あぁ、そうそう
それそれってゆう感じの道
P1010535

適当に散歩してたら
突如、なんかお祭りっぽい音がした

むむ!!!

お祭りれーだーが反応して
一気に音のなる方に走り出した私

音がなってた方の道路に出たら
トラックに乗り込んだ
テンション高い子供達がいっぱい
P1010537
P1010539

なになにっ?
なにしてるの!?!?!

でもお祭りに出会えちゃったとか
まじラッキーーー!!!!
P1010545

みんながぞくぞくとトラックの荷台にのって
パレードみたいに通りすぎてく

日本じゃできない遊びだなー
P1010542

とりあえずお祭りに出会えちゃったラッキー
あたしモッてるわーーと
興奮してたんだけど
P1010546

それ以上に興奮してたのは
カメラとゆうものを構えてる
あたしを見つけたインド人だった

なぜか、すごい喜んでくれて
撮って撮ってーーー!
と、みんながすごい叫んでくる

この子達とか
撮ってーーーーーー!!!!!
って言いながら突進してくる
P1010597
P1010598

ちょっ
近すぎるから!笑
P1010599

ワタシモトリナサイヨー!
P1010601

みんなちょー元気
しかしサリー着てる女性はやっぱり美しいなぁ
そして、ちょー派手

メンズは演奏してる人がいたり
P1010564
P1010565

踊りまくってる大人もいるし
P1010563
P1010567

とにかく勢いがすごいのと
みんなのカメラ好きがすごい
P1010571
P1010573
P1010574

外国人のあたしはそんなに珍しいのか
よくわからないけど
なぜか
みんな、あたしに手振ってくれるパレード笑
P1010575
P1010576
P1010577

この笑顔はたまらんなぁ

すんごい熱気で
こんなのに遭遇できて
本当嬉しかったんだけど
一体何が起きてるのか知りたかった
P1010588

から、道行く人に
これなんのお祭り?!

って聞くんだけど
みんなもう興奮し切ってて

U%OI#Jo#ゲI#U%RP%Ikg!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
P1010589

全く何言ってるかわからなかった笑

ちょっと歩くと今度はなんか出し物やってた
P1010579

さすがシク教の聖地
演者もターバンきて代表的な服装してるし
もちろんお客さんもみんなターバン
P1010580
P1010582

これみながらお話した二人
P1010585

右の子に頭の上にある
たんこぶみたいなやつ何か聞いたら
シク教は毛を切らないらしく
髪の毛をのばしまくってあそこで
束ねているらしい

でも、恥ずかしいんだって。

うーん、シク教の人あたしはすごい
かっこいいと思うけど
たしかに思春期はなんかちょっと恥ずかしいって思う気持ちも
わかる気がするなー
P1010587
P1010596

吹奏楽みたいな人もいたり
P1010604

とにかく
とにかく
すごい盛り上がりだった

みんなの写真撮ってーーー!!!!!
攻撃に、後半もうあたしも
なぜか息切れしそうだったw

しかもパレードの途中で
盛り上がり最高潮の時に突然

っパーーーーーンっ!!!

え。。。。

テロ・・・

終わった

やだ

死にたくない

と、まじで思ったらただの爆竹で
本気でびびってるのを
インド人にちょー笑われて
なんか、悔しい!w

そんなやりとりが
インドきたんだなって感じ

その辺にあった
Brothers DHABAでご飯
P1010606

ビールある?
って聞いたらすごいニヤニヤしてた
多分、そんなこと聞いてくる女の人自体
いないんだろうなぁ

そんでフルーツビアーならあるよってゆわれた
P1010610

どうやら沖縄のルートビア的なやつっぽいので却下

どっかこの辺でビール飲めるところないか聞いたら
今日は金曜日だから
お酒売ってる店もしまってる、とのこと

俺ん家くればビールもウィスキーもあるよ
みんなで飲もうよってゆってくれた

けど

散々葛藤して、やめた。
うん、あたしえらい!

インド初日
まだ気張ってないと今回の旅乗り切れない
行きて帰らなければ

代わりに頼んだラッシーソルト
P1010611

塩味のラッシーは
まずかった。。。

そしてど定番のインド、タリー!
P1010613
ミニベジスペシャルターリーを頼んだんだけど
全然ミニじゃないしチャパティも作りたててうまーー
左から、パニールチーズ、ダル、Raita

これで締めて230ルピー(約400円)

インドにしては
多分高めのところに入ったっぽい

食後の変なミント的な
P1010614

可愛いんだけど
なんか色がおぞましくて、手つけられなかった。。。w

晩御飯食べて外はすっかり夜
P1010617

ってゆうか・・・

え?
P1010619

ん、あれ
あたしどこにいるんだっけ
P1010620

あたし今日相当気合い入れて
インドの雑踏で生き残るぞーーーー!!!
って気持ちで乗り込んできたんだけど
あれ

なんなんだここはーーーーーーー!!!!!
P1010621

どうやっても信じられない

どうやってもヨーロッパとしか思えない世界が
そこには広がってた
P1010622

意外すぎた
アムリトサル

イギリスの植民地だった場所ではあるのですが
インドはインドなので
あんまり今まで植民地だったころの
影とか雰囲気って感じたことなかったけど

なぜかここはその頃の名残とゆうよりは
なんかすごいクリーンで
好き好んで
ヨーロッパの文化を
あえて取り入れてみましたみたいな感じだった

すさまじく綺麗で
こんな場所インドには存在しないと思ってたからびっくりした
P1010623
P1010624

かっこよすぎでしょ
P1010625

銀座みたいだった。

夜もまた出し物あり
P1010629

町はまだまだ賑わってますが
P1010635

濃すぎる
インド初日

インド2回目とはいえ
あまりにも目から受ける衝撃がいちいちでかすぎる

ありがとうアムリトサル

明日はついに
聖地ゴールデンテンプルへ

にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です