バンビエンからビエンチャンへバス旅!ビエンチャンの夕日がどうしようもなく綺麗だった

まだまだいたかったバンビエンを
出発しなければいけない時がきてしまった

本当
あと1週間はいたかった

「なんにもない、が、あるラオス」

と言われるラオスですが
ここはそれの象徴だった気がする
P1300073

もっともっとマイナーな場所いけば
もっとそうゆうのが感じられるんだろうなぁ
後ろ髪引かれながら出発です

バンビエンからビエンチャンへのバスは
びっくりするほど 数いっぱい出てる
P1290661

P1290660

都合いい時間選べるのがちょうどいい
色々みたところ40000キープが一番やすそうだったので
930出発のMini Bus or VIP Busにした

当日までどっちが来るかわからないって言われて
まぁ絶対VIPはこないんだろうなー
って思ってたけど
きたのは

案の定

Mini Bus
IMG_5489

いや、、、もしかしたら
これがVIPバスなのかな??笑

しかも9:30ピックアップって言われたので
910頃バンビエン、サンドイッチに並ぶ名物
パンケーキかって優雅に朝ごはん食べようと思ってたのに
突如現れて早くのれ!!って急かされて
車内で食べるはめに

おかげでブレブレ笑P1300155

バンビエンの時間感つかめんわー笑

VIPバスならぬミニバス車内はもちろん満車でぎゅうぎゅう詰め
IMG_5488

あたしはこうゆう時日本人で
足が短くてよかった。笑

全然関係ないけどバンビエンでよくこうゆう看板を見た
P1300132

あたしからしたら同じ言語の文字にしか見えないんだけど
ラオ語となんなんだろう?タイ語??
似すぎてて笑った

バンビエンからビエンチャンまでのバスは
チェンマイールアンパバーン
ルアンパバーンーバンビエン
の悪路を乗り越えてきている人にとっては
全然へっちゃら

もうあっとゆうまにつきすぎて拍子抜けです
もっと試練を与えてくれたほうが面白かったのにってくらいw

11時に休憩一回入ってP1300156

13時にラオスの首都
ビエンチャンに到着!!!

都会だここ

めっちゃ都会だ

最初にビエンチャン入りした人と
北から下ってきた人は多分ここの感じ方も
色々違うんだろうなぁ

首都の割に栄えてなくね?!
ってここから入った人は思うかもしれない

逆に北から下ってきてラストここだと
なんか都会で整いすぎてて
味がなくて
なんだー。。

って感じちょっとしてしまった

まぁ成長していくってそうゆうことだよね
日本の田舎も同じ
どこもYAMADA電気とイオンモール

宿はLucky Backpackers hostel
IMG_5491

各ベッドにコンセント、電気あり
ドミ1泊450円
泊まるだけなので都合よかった

荷物おいたら宿で10000キープで
自転車借りて早速
街散策開始

ビエンチャンの街が
都会で驚いたのはもちろんですが
最初に目に飛び込んできたものは

生ビール!!!

ああっこの街には生ビールがあるぞ

ずーっと瓶ビールだったから
ビールサーバーから注がれるビールを
飲んでる人たちが貴族のように見えた。笑

道路沿いには普通におしゃれなcafe
P1300161

P1300162

まずはパリの凱旋門をモデルに建てられたと言われる
パトゥーサイへ向かおうと
信号待ちをしていたら
バイクのラオス人の人が
話しかけてきた

私は日本人で今シンガポールに住んでて
旅してますー
明日にはシンガポール帰ります
みたいなこと話してたら

彼は日本語の勉強を最近始めたようで
もっと勉強したいのでよかったら
一緒に行きましょうってことになった
P1300165

これだから旅はやめられない
とこの旅中に何度思ったことだろう

チャリで15分もかからないくらいで
パトゥーサイ到着
P1300169

ううんっかっこいい
昨日までのラオスとは
景色が違いすぎて綺麗すぎて驚く

そっからさらにチャリを走らせて
今日の目的地
ビエンチャンのシンボルと呼ばれる
「タート・ルアン」へ
P1300175

P1300177

ここまでチャリで20分くらい
P1300178

木陰ではおばちゃんたちが
ビアラオ飲んでる笑
P1300179

こうゆう光景好きだわ〜
女の人が昼間からお酒飲んでる光景を
ラオスでは何度も見た

ここまで連れてきてくれたラオス人の
ウォンさんは中にはいるのは
お金がかかるから僕はここで待っているから
ゆっくり行っておいでってゆってくれた

なにそれ・・・そのためにわざわざきてくれたなんて
優しすぎるよ
カプチャイ

よく来るのか聞いてみたら3回しかきたことないってゆってた
しかもちょうどその3回目は

先週だとか!

どうも、ここの修復とか塗り替え作業をずっとしていて
それがちょうど先週完成して
それを祝うお祭りが開催されたのできていたらしい

修復終わったタイミングでこれたとかラッキー
ウォンさんとは一旦離れて中行ってみます
P1300182

P1300183

一人5000キープ
P1300187

これが
ビエンチャンのシンボル!!!
P1300188

うおおお
かっこいい
塗り替えられたばかりだから
だいぶ綺麗だった

あたしはもうちょっと味がある方が好きだけど
P1300189

P1300193

P1300197

P1300198

P1300200

塀の外にでると別の涅槃像を発見
P1300204

P1300205

ラオスの仏様って
優しそうな表情で微笑ましい
P1300207

P1300208

P1300210

P1300211

P1300212

独特の壁画
いろんな要素がつまってる
P1300214

P1300215

P1300218

P1300220

また塀の中に戻ると
P1300224

なんと結婚式の
撮影している人に出会えましたーーー
P1300225

可愛いいいい
ラオスではこうゆう服が結婚式の衣装なんですね!
なかなか見る機会ないだろうから会えて嬉しかった
P1300226

帰りにお線香あげて外にでました
P1300228

P1300231

ありがとう待っててくれたウォンさん
P1300233

そのまま彼と語ってたら気づいたら
1時間くらい経ってた。笑
彼もお姉さんを亡くした時に
3日間だけお坊さんになったことがあるってゆってた

お坊さんは恋は禁止だし、近所のコンビニとかで
買い物もできないから
日本人のお坊さんが普通に買い物とかしてるのが
ちょっと変な風に見えるらしい。笑

さらに興味深かったのが
ラオスとベトナムはすごく強い絆で結ばれてて
もともと仲がよかったんだけど

最近はベトナミーズがラオスに入ってきて稼いで
すごい勢いで
ラオスのお金を奪ってしまっているんだとか

ベトナムよりラオスの方が
給料がいいからラオスで稼いで
そんでそのお金を国に持って帰ってしまうんだそう
そのせいでさらにラオスは貧しくて厳しいとゆっていた。

それって国が移民とかを規制するべきだし
ラオス人がここで生産、生活するための基盤を
築くべきだよねってゆったら

ベトナムとはフレンドリーだから
簡単に規制はできないんだそう
また最近は中国人もジャンジャンラオスに入ってきて
ラオスの人々はさらに仕事がなくて
生活が苦しいってゆってた

政府がどうもいけてないらしく
彼はとても辛そうだった

でも

「シンガポールはいいよね。人も優秀で物資もいっぱいあって」
って言われて、ちょっとそれは黙っていられなかった

シンガポールも昔は
優秀な人材はいない
水はない
資源はない
観光名所もない
国民の強い絆もない
なーーーんにもない状態でマレーシアに切り離されて
ドン底から始まった国

そこから涙ぐましい努力と
惜しみなく海外の知恵を借りまくって
ようやくここまで発展したんだ

なにもせずにここまでこぎつけたわけじゃない

ってことを、伝えたら

「うんうん、わかってる。俺たちも何かしなきゃいけないのは
わかってるんだけど政府がいまいち。
シンガポールはリークアンユー氏を筆頭に
本当に優秀なリーダーたちでとても素晴らしい発展を遂げた。
ラオスもそう発展していきたいんだけど
今のところ明るい将来が全く見込めない」

みたいなことをゆっていた
なんだかもどかしかったなぁ
ラオスのことを嫌いなわけじゃないんだけど
政府はしっかりしてないし
そのくせみんなのんびり生活してるから
だらーっとしてるし
なのに物価はあがっていく一方で
どうしたらいいんだ。。。と彼は悩んでいた

優しいラオス人
スローでいいなぁと思っていたけど
今後の国について彼らがこんなに
深刻に悩んでいたとは・・・
P1300234

帰りに日本から寄贈されたバスを発見
P1300170

ウォンさんの話をきいた後だったから
少しでも私たちが役に立てること
ラオスにできること
協力していけたらなぁと思った

彼らの月平均給料は3~4万円程度とゆっていた
なのに、普通にご飯一食400円とかして
日本と大して変わらない
なぜだ?!

ラオスの物価が高いことに大して
ますます謎は深まるばかり
ウォンさんに聞いたら

「I dont know why?!」

俺が知りたいよ。って感じだった

街に戻ってきて
結局気がつけば最初に
「私の名前ハ、ウォンデス」

って言われたのが最初で最期
全然日本語の勉強させてあげられなかったので
帰りに、「またね!」

の練習をしてウォンさんとはグッバイ

ラオスの貧困問題はなかなか根強いし
色々調べたいと思ったんだけど
まずそもそもラオスについて
電子書籍検索しても全然本がない!!笑

そこからか。。

街中にはヘルメットに
耳つけてる人が結構いて可愛い
P1300242

ビエンチャンの小学校の前通ったら
子供達がたむろしてて
P1300244

なにしてるのかと思えばみんな
お出迎え待ちだった
車で来てもらえる家や
バイクで兄弟に送ってもらえる人もいた

なんかVIPなのか
遠いところから来なければいけないほど
学校が足りないのかよくわかんなかったけど
なんかびっくりした

そのまま急いでメコン川へ向かいます
ヴィエンチャンといえば

メコン川

ここの夕日を楽しみにきたのです
P1300249

P1300252

ああ
いいねえ
この地元感

まじで荒川みたい、って最初思った。笑

メコン川沿いにはずらっとお店あって
P1300251

P1300256

どこも夕日眺めながら
飲める感じ
P1300259

P1300262

P1300265

どこにしようか決めかねてて
ふと、上を見上げたら
屋上でビール飲んでる老夫婦を発見

うおおおループトップバーあるの?!?!

そっこー川沿いはやめて
屋上から景色眺めることに決定!
いってみたのは
BEST ROOF TOP RESTAURANT
「MAJESTIC VIEW」
P1300272

ホテルの屋上にあるこのレストラン
7階からさっきの屋台群を見下ろせます
P1300268

そして・・・
ここからの夕焼けが

まじで
やばかった・・・
P1300275

くっぅうっ
かっこいい
そこにビール付け加えちゃったら
P1300278

もう至福の時
P1300280

でもあまりにも美しくて
そして刻々と変化していく景色を追いかけたくて
大忙し!笑

何枚とっても
P1300288

毎回違う色の空
P1300291

なんて素敵なんだ・・・
P1300292

P1300298

1秒ごとに変わっていくこの景色が
本当に美しくて
目が離せない
P1300300

P1300313

ああああ
沈んでしまった・・・
そこでちょうど頼んでたご飯が出てきた
名前は忘れちゃったけど
ビエンチャンラオス特別セット的なやつ笑P1300311

東南アジアってセットメニューがあんまりないから
いろんなもの食べたい時もどかしかったけど
ここはまじ珍しくこんな豪華なセットがあってよかった!!

メニューに日本語も書いてあったりしたので
日本人がかんでるのかもなぁ
P1300274

で、ご飯たべたいんだけど
またこの後の景色が素敵すぎて
ご飯食べてる場合じゃない!笑
P1300318

P1300316

P1300320

すごい色になってきたぞ・・・
P1300324

思わず店員さんも出てきて
写メとってた!笑
P1300331

それほど今日は格別なのかな??
それも嬉しいし、こんなのがもし
毎日繰り広げられてるんだとしたらラオスずるすぎる
夕日が沈んだあとの
この色、好きだなぁ
P1300332

信じられますかこの色
P1300337

私には信じられない
綺麗すぎた。

宮崎でみた夕日が自分の中でナンバー1だったけど
それに勝るとも劣らず
海じゃなくて街中でみた夕日の中では
人生1だったかも。

ああ、素敵な時間だった
ようやく日も落ちたので
あたしもご飯たべよう

下の屋台も賑やかになってきた
P1300341

実はこのルーフトップバー
全然、人入ってなかったから
もしかしたらめっちゃマイナーな場所だったのかもしれないけど

めちゃくちゃ上からの眺め最高だったので
わたしはおすすめしたい!

でも本当全然人いなかったので
「いってみたけど、人いねーじゃねーか!」

と思わないでいただけたら、と。。笑
下降りたら屋台がどこも賑わってた
P1300356

P1300358

P1300359

これがラスト
ラオスの夜
ビエンチャン

都会だからあんま面白くないよーってゆう話しか
聞かなかったので
半日しか観光できなかったけど

思ってた以上に夕日が綺麗すぎて
まだまだみたいお寺もあったから
また来てみたいなと思ったのは間違いない

iPhoneですらこんな写真とれた
IMG_5505

夕日はんぱない
またこようラオス
ありがとう
グッバイラオス

明日はビエンチャン朝1で出発して
バンコク経由でシンガポールへ

にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です