イタリア列車の旅 最後は冬のブラーノ島へ!あまりにも可愛い過ぎるフォトジェニックな島

5泊8日イタリア列車の旅もあっとゆう間に

最終日になりました

ラストはずーっと

ずーーっと行きたかった

ブラーノ島へ!!!!!!

ムラーノ島ぢゃないよ

ブラーノ島ですよ

よくテレビで見る可愛い街が

すぐそこにあると思うと

もうすぐ行けるかと思うと

もう朝からわくわくがとらまんです!

いざ出発

ブラーノ島へは水上バスで向かいます

いくつか経路がありますが

私はムラーノ島を経由していく経路で向かいます

GoogleMapで検索したらいろいろ教えてくれます

検索結果で船のマークをみたのはこれが初めてだった


P1140303

 

ムラーノ島の水上バスの停泊所はこんな感じでした


P1140316

P1140320

P1140321

 

ここで運河沿いのテラスでお茶している人が

またもう、とっても優雅で気持ちよさそうだった


P1140322

そしてこのおじさま


P1140323

P1140325

かっこよすぎる。。。

わざわざここを選んで

ここで

ただ

新聞を読む

ことを選択した

あなたの感性が素敵すぎる

とムラーノ島にもだいぶそそられましたが

ここはぐっと我慢

目的地、ブラーノ島へ向かいます

だいたい30分くらい

ようやく!ブラーノ島

P1140328

と思ったらなんかちょっとだけ違う

ブラーノ島の手前(ほぼつながってるぐらい)に

マゾルボ島というのがあり

最初にあらわれるのはそれでした

ふー。

そして心を落ち着かせて

本物のブラーノ島に到着!!


P1140332

うぅぅ~~~

ヴェネツィアの観光客の勢いとはうってかわって

とっても静かで人気のない感じが

とってもいい

さて、上陸です。


P1140334

まず目の前のお土産屋さんの

カラフルさだけでちょー興奮

まだ何も見てないのに

可愛い

絵になる


P1140335

 

船を下りてただまっすぐ人の流れにそってこんな道を歩いていきます


P1140336

すると

すぐに

夢見ていた景色が

ほんとすぐに

現れたーーーーーー


P1140358
P1140345
P1140352

可愛い

可愛いぞ

可愛すぎるぞおおお

写真とる手がとまらない


P1140356

P1140360

P1140362

P1140364

 

洗濯ものが

また

いい味だすんだなぁ


P1140369

P1140393

P1140416

P1140413

立ち並ぶ家々のこのカラフルっぷり

もうどこみても絵葉書!

なんなの

どうしてなの!

どうしてこんなに可愛いの!


P1140372

P1140376

P1140388

そしてまた小道がおっしゃれなのなんの


P1140395

P1140396

P1140397

 

この子はあたしのモデルになってくれるために

ここにいるのでしょうか


P1140398

P1140400

しかし本当にどこにいっても

全ての家がカラフルで

おしゃれで

可愛い花が飾られてて

惚れ込んで可愛さに酔いそう


P1140459

P1140444
P1140449

P1140447

冬の引き締まった空気の中

この可愛い家々の間を歩くのは

なんとも幸せな気分でした

朝は気温はマイナスとかなのに

太陽が暖かくて心地よくて

ランチは外で食べることにしました

唯一この島にある大通り


P1140433

外で頂くビールはやっぱり最高!


P1140435

ブリトーにまたあうんだな~

1月の極寒の時なのに

みんなこの可愛い街にうかれているのか

太陽が心地よくて

外席でランチしてました

ヴェネツィアの観光客ですごいにぎわっているところから

ここにきてしずかーな空気の中

みんなが幸せそうにしてて

可愛い道沿いでビール飲めるなんて

もうこの上ない幸せ

心の底から

来てよかった

って思った。

さて、お昼も食べてまたのんびりお散歩して

14時頃この島を離れました

ずっとここにいたい気持ちでしたが

心を鬼にして。

でも本当に島自体はとても小さいので

1時間ほどで歩いて回れるサイズなので

ヴェネツィアに来た際には半日だけでも時間を作って

ブラーノ島にくることを

ものすごい勢いでおすすめします!!!!


P1140390

しかしふと、ちょっとだけ残念だったことが。

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが


P1140377

どの写真もだいたい影になっちゃってることに・・・

そうなんです

私はカラフルな家がさんさんと照らされている写真が撮りたくて

朝10時くらいにはついて

14時ごろまでぶらぶら歩いていましたが

終始太陽の高さはこんな感じ

ずっと太陽が上にあがるのを待っていましたが

全然上にあがらない!

ちょー低空飛行

というわけで冬のブラーノ島は

(というかヨーロッパ全体的に)

太陽が真上には上がらないため

全ての家が太陽に照らされてる最高の一枚

をとるにはちょっと厳しいです

私としては冬のイタリア、ブラーノ島の

この空気が透き通っている感じがとっても

幸せな気持ちになれましたが

本気でここの写真を撮りに行くのであれば

冬は外した方がよさそうでした

こうしてヴェネツィアへ戻ってきました

うん

やっぱりこっちも最高だ。笑


P1140492
P1140497

橋がたくさんあって

この曲線的な町がすごく魅力的

P1140536
P1140542

P1140538

少し離れると誰もいない静かなところにこれます

P1140504
P1140513

ゴンドラまってるのかな?

その姿だけで

かっこいいぜ


P1140543

こうして私の5泊8日

イタリア列車の旅は終わりを迎えました。

本当にヴェネツィアでるときは泣きそうだった

どこをみても絵葉書みたいな綺麗な建物だらけで

街を歩くのが楽しくて仕方なかった

観光名所もよいのですが

ただの小道とか家の間を歩くのが好きな私にとっては

イタリアは本当に絵になりすぎる街でした

もう写真とる手がとまらなくて

忙しいのなんの

そしてイタリア人の陽気な雰囲気が

また私を幸せにしてくれました

イタリア人は歌を歌うことと人を愛することしか

考えていないんだそうな

それって、最高に素敵じゃないか!!

実際イタリアに行ってみて

その陽気さにふれて最初はいい意味でびっくりしたし

こんなにみんな陽気で

よく国が成り立つな、とも思った笑

日本とは全然違う文化が新鮮で

魅力的にうつる反面

日本人のまじめさは

絶対イタリア人にはまね出来ないなぁと痛感

その国それぞれが色んな役目をはたして

日本はこまやかに

イタリアはおおらかに

そうやって世界は成り立っているんだなぁと

しみじみ感じます

スリがとにかく怖くて

常に警戒心むき出しだったので最初はちょっと疲れたけど

こんなに幸せな気持ちで帰ってこれた

ので、スリがへってみんなが

両手を広げて歩ける街になったら

もーーーーーっと最高な国になるのになぁ

しかしどこへいっても英語が通じることに改めて感動

日本人も、がんばろう

東京オリンピックへ向けて!!!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です