海外で働くにあたっての住民税と住民票

海外に引っ越すにあたって
考えなければいけないことは多々ありますが
まず私の頭によぎったのは
「住民票」でした
002

今まで意識したこともありませんでしたが
海外に移住するにあたって
住民票を抜く必要があるのか?

まずは区役所にいって
その必要性について聞いてみました。
すると得られた回答は以下

・住民票をぬいてもぬかなくてもどっちでもよい
・抜かないと住民税を払い続ける義務が発生する
・抜いてしまうと選挙権がなくなる
・抜いてしまうと日本の国民健康保険に加入できなくなる
・住民票を抜くと国民年金の支払い義務がなくなる
・年金の義務はなくなるが任意で年金を払い続けるという選択肢はある
・しかしながら年金をいくら納めてもこのご時勢
将来いくらもらえるかの保証は一切ない
・上記を考慮し、住民税を払い続けるのは無駄なため
住民票をぬいた方がお金としては払う義務が減るため得すると思われるが
年金を払わないと受給額が減る可能性があるため
どうするかはあなた次第

ざっくりと上記のような回答を頂きました

加えて

住民票がその年の1月1日にそこにあると
その年の住民税が1年分課せられます

住民税は01月01日に所属している自治体に対し
昨年の給料にそって決定され
その年の5月から1年間払う義務があります

今回私がシンガポールに移るにあたって
シンガポールでの仕事始めが
2016年02月01日となり
前職の最終出社日は
2015年12月08日でした

それをふまえて
2016年01月01日に私の住民票が日本にあると
2016年02月01日からシンガポールで働くので
ほとんど日本にはいないのに
1年分の住民税がカッせられ
2016年05月から2017年04月まで
日本の住民税を払う義務が発生します

 

よってなにもせず
2016年01月01日に
日本に住民票があると
2016年02月01日からはシンガポールで働くのに
1年分住民税の請求されてしまい
日本にはいないのに
住民税を払わなければいけないことになってしまいます

これはめちゃくちゃ損だ!!!

と思いいろいろと問い合わせました

まず区役所に
「私は2015年12月08日が元の職場の最終出社日ですが
そこから有休消化して
実際の会社の在籍期間の最終日は
2016年01月17日である。
しかし2016年02月01日から海外にいくため
今後住民税を払いたくないので
2015年12月31日までに住民票をぬきたいと思っている。
(1月1日に在籍していなければ翌年の住民税の支払い義務がなくなるため)
この、実際にはまだ日本にいるのに住民票をぬくという行為は
法律上違反になるのか、教えて欲しい!」

と訪ねたところ、

あっさり

「住民票をぬいてもまったく問題ないですよ」

え?!
本当?!

あまりにあっさりした返答に拍子抜け

でもあとから知ったのですが区役所、市役所の窓口の方は
パートさんの方が多く
特にそれについてプロフェっしょナルなわけではないが
自分の知っている範囲内で回答する、
というポジションのようです

よって私はまた引き続き聞きまくりました

まずは前職の会社の保険証がいつまで有効になるのか!
会社の人事
および会社の保険会社に問い合わせました

「2016年01月17日が会社在籍最終日ですが
今後海外に転勤するため
住民税、免除のため
2015年12月31日までに住民票をぬきたいと思っている。
その場合、会社の健康保険組合の
保険証はいつまで有効ですか?
住民票をぬくと保険証は無効化されてしましますか?」

と聞きました。

すると回答は以下

「住民票をどこに移そうと、日本からぬいても
会社在籍期間は
保険は適応されますのでご安心ください。
なお会社の最終在籍日以降は
保険証を返却していただき
あなたの日本での保険は適応されなくなります。
会社としては会社の在籍期間内に
住民票をぬいて海外転出したとしてもまったく問題ありません」

というものでした。
なるほど・・・

と、ゆうか

住民票ぬいても
保険証有効なのか!!!!!

ちょーーーーラッキーーー🎵

やっぱり日本はよい国ですね

というわけで私的まとめ

・01月01日、年をまたいで海外に行かれる人は
どれだけ日数をすぎてから日本を飛び立つかにもよるが
早めに住民票をぬいてしまえば住民税の請求からはまぬがれる
かつ、ぬいてしまっても特段生活に支障はない

・車を売却する際には
●住民票x2
●印鑑証明x2
が必要になるため
住民票をぬくまえに住民票と印鑑証明は
複数枚発行しておいた方が無難
(2か月ほどが有効期間)

と思います!!

住民票が日本にないため

「住所不定無職」というレッテルを貼られますが
そんなレッテルはれるのもこの転職期間ぐらいしかなく
なかなか普通の人生であじわることもできないので
せっかくならそれを謳歌したら
楽しいかなーと思いました

あと、余談ですが確定拠出年金について。

私は元の会社が401Kだったので
これを次の会社に移したかった
もしくは引き続きそこにお金を入れるような仕組みにしたかったが
結論からすると、
できませんでした

調べたところ401Kで
個人型に移行するためには
その国(日本)の国民年金に加入していることが必須条件だったからです

私は住民票を抜いて海外に行くため
年金支払いの義務がなくなります
=国民年金の強制加入被保険者ではなくなる

もし年金を払いたければ
国民年金に任意加入することはもちろん出来ます

が、しかし401Kの個人型に移行するためには
任意加入の国民年金では認められていない
というのが実態のようでした。

結局、住民票を抜くと国民年金の加入者ではなくなってしまい
そうすると同時に401Kの
個人型運用指図者にもなれる資格を失うということが分かりました。

あとは401Kの資産を手数料の安いところに移管して
ひたすら減らないようにする、しか出来ないということですね
これはちとがっかりでした
色々調べてSBI証券が手数料とかやすそうって感じだったので
私はそこに移管してみました
かつSBI証券は自分の資産をどこにかけるかを
都度変更できるのがいいです!

(一度あずけると60歳以上で引き出す時までどこにかけるかを
変更することが出来ない会社もあるので要確認)

うーーーぬ
しかし住民票ないと指図者になれないのはなんとなく分かるけど
任意で年金払ってれば
運用指図者になれるようになれれば
まだ海外にいく人でもやりやすいと思うんだけどなーー

もどかしい感じですが

終わります!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です