感動のチェレラ峠!こんなに沢山のルンタ人生で初めて見た

2016年06月23-29日6泊7日
微笑みの国ブータン旅行5日目

□1日目 シンガポールからパロに飛び、そこからワンデュポタンへ移動
□2日目 ワンデュポタンからポプジカへ移動し農家泊
□3日目 ポプジカからプナカへ
□4日目 プナカから首都ティンプーへ移動 市内観光
■5日目 ルンタとブルーポピーを見にドチュラ峠ハイキングしてパロへ
□6日目 タクツァン僧院ハイキングしてパロ市内観光
□7日目 朝発でシンガポールに帰ります

おはようございます

ブータン5日目はティンプーから車でパロへ行き
チェレ・ラ峠を目指します

チェレ・ラ峠にはご飯を食べるところもないので
本日はお弁当ですっとのことで
パロでお弁当をもらってから向かいます
P1180577
P1180583

途中空港の横を通ります
P1180562
P1180561
P1180560

ゴをきたガイドさんたちがみんなで
飛行機が飛び立つ瞬間をみてるその姿が素敵ですね

ブータンには2つの航空会社があり
ドルゥックエアは国営だそうですが
もう1つのブータンエアラインズはなんと
国王よりもお金持ちの人が
個人でたてたんだとか!!
はんぱない

さて、ドチュラ峠を目指す山道の途中で
ピクニックを始めます
P1180584

ゴザとか色々準備してくれてありがとう

お弁当ってゆうから箱にサンドウィッチとか入っているのかと思いきや
広げてみてびっくり
P1180587
P1180588

めっちゃふつうにお昼ご飯だーーー!!

シンガポールでも思うことですが
東南アジアってすごく
持ち帰り、テイクアウェイの文化が発達してる気がする

しかもこれちゃんと保温されていて温かい
すごい、ありがたい
P1180589

みんなで草原の中でがっつりご飯いただき

食後のお昼寝タイム。
P1180596

目の前のがけの中に立っていた建物
P1180590

これもまた、尼さん寺でした
なんかブータンの人は
すごい僻地に建てるのが好きだね
ってゆったら
「尼さんたちは音のない場所で瞑想できるように
あえて誰もいない静かな場所にたてるのです」
ということだった

なるほど!すごく納得

そしてティンプーから約4時間
本日のメイン
ドチュ・ラ峠に到着
標高3988メートル!!!!!
P1180599

一気に富士山越えです
恐るべし

そして今日のメインは
「プルーポピーを探しながらフラワーハイキング」
ということだったのですが
ここについてみて

びっくり・・・

P1180619
P1180629

すっ・・・すごいルンタの数

もういっきにテンションまっくすです

なんだここは。。

標高3988m
高山病にならないか不安だったけど
本当テンションあがって
こんな景色を前に
もうおさえることはできない

ここにきて驚きすぎてすごい迫力すぎて
たぶん、写真300枚以上とった

では、いきます

まずは白い旗に囲まれた道を登っていきます

P1180600

この白い旗はお墓の変わり
「ダルシン」
P1180715

ブータン人は亡くなったあと
火葬後、お墓は作らずに川に流すそう
そこだけ日
本の文化とは違いますね

なのでお墓がない変わりにこの白い旗が
そのお墓の役目を担っているのだそう

そしてものすごいあざやかなルンタとのコラボ
P1180603
P1180605

もうすごい迫力すぎて写真とる手がとまらない!!P1180613
P1180611

峠中にルンタがはりめぐらされていて
宗教のすごみをまじまじと感じます

そしてここからの景色がとっても素敵
P1180617

空気がおいしすぎる

そしてどこをみてもルンタ
P1180619
P1180629

山道は可愛い花もたくさん
P1180639
P1180642

ちょっと登ってふりかえると
これまたすごい景色
P1180643
 P1180655
P1180657P1180658
P1180667

うちらがあまりにも長時間写真とりすぎて
ツェンチョさん、お昼寝。笑
P1180670

そしてすっかり忘れていた本来の目的
ブルーポピーもちゃんと発見
P1180679
P1180677
P1180683

でも、もはや景色がすごすぎて
ブルーポピーどころではない!笑

ツェンチョさんでジオラマ
P1180686

ルンタにはお経がかかれていて
風になびくたびにお経を読んだことになり
ブータンの人にとっては
日本でゆうお守りのような役割
P1180691

↑これをみて思ったけど
ブータンのゾンカ語と
ミャンマーのビルマ語と
タイ語
すっごく似ている!!!

ぱっと見タイ語かビルマかと思った

P1180694
P1180703
P1180713

ほんとうに壮大な景色で
風がなびくたびにその景色がかわって
撮るたびに少しづつ変化していくのが、またとても素敵
P1180717
P1180718
P1180720
P1180732

ふぅ~こうしてのんびり1時間くらい?
登ってくだってスタート地点ところに
戻ってきましたが
その正面に見えていた今度は右側の
ダルシンが林立しているところにもいってみることにします

P1180747 P1180739

赤い旗やカラフルなものも
P1180750
P1180738

こっち側もまた
すごい迫力。。。
P1180769P1180774

もう、もはや
旗旗旗旗でなにがなんだかわからなくなりそうなぐらい

本当に人々の思いがつまっている
P1180786
P1180792
P1180793

こうしていっぱい写真とれて大満足で
もとの場所に戻ってきたところで
P1180803

ツェンチョさんが神的なセリフ

「ビール飲みますか?」

・・・

飲みます

標高4000メートル近いところで
あまりにも景色がよすぎるところで
ちょっとハイキングした後で
最高潮にビール飲みたいコンディション!!

ここには屋台とは言えませんが
こんな感じの出店車みたいなのが一台だけでており
P1180805

いただきました
P1180806

くぅ~~~!!最高っ

そして人生史上ビール飲んだ場所高度ランキング更新

私にとって
ここ、ブータンのチェレラ峠が
人生で一番高い場所でビールを飲んだ場所になった!!!
3988メートル
記念すべき

ありがとうブータン。
富士山をこえて1位になりました

高山病、最初心配してたけど
なんのその
この素晴らしすぎる景色を前に
ビールを飲めばさらに元気になることでしょう

しばらくビールのんでのんびりしてると太陽が出てきた
P1180816

これは写真とらねばとまた繰り出してしまう
P1180818

P1180829P1180830
P1180832
P1180839

やっぱり太陽にあたるとまた
全然ちがう表情になる
P1180840

ほんっとに素敵な写真がたくさんとれました
ありがとうチェレラ峠
P1180843

ここも冬はこんなにきれいな景色は絶対とれないから< br />やっぱりこの時期にブータンにきてみて
本当よかった

そしてここのなにがよかったって

全然人がいないこと

この素敵な景色を眺めながら
静かにお散歩できるのが最高。
日本ではこんなに素敵な場所があったら
観光客でごった返してると思うのですが

さすが、ブータン

そういうところが好きです

たまにインド人が数名いましたが
それ以外あんまり人にあわなかったなぁ

こんな壮大な景色をなぜか
独占しているような気持ちにさせてくれる
素敵な場所でした

帰り道の棚田もまたこれ、すごい
P1180863

どこまでも広がってる棚田
写真におさめきれなくて悔しい

こうしてパロの街に戻ってきました
今日から初の2連泊
「ホテル・オラタン」
P1180881

ここはブータンで初めてできたホテルとのことで
すごく落ち着く老舗宿でした
P1180884

そしてすんごい広い
P1180887
ここがわれわれの陣地
P1180888
P1180889

山小屋ちっくな感じがいい
P1180894
ベランダもまた緑にかこまれて気持ちいい
なんとなく、宮崎の
松泉宮を思い出す

夜はビュッフェ
P1180897
P1180898

ビールは200ニュルタム(約400円)

今日もおいしく頂きました
とても素敵すぎるチェレ・ラ峠に興奮しながら
おやすみなさい

明日は最大ハイライト
タクツァン僧院!!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です