アンナプルナ!プーンヒル方面へ5日間トレッキング。その1

4月4日から13日までの今回のネパール旅
10日間をどう使うかめっちゃ悩んだけど
やっぱりせっかくネパールに来たからには

ヒマラヤを見たい!!

とゆうことで決めた5日間のトレッキング


ポカラからトレッキングに行くとなると
メジャーなのは
アンナプルナベースキャンプ通称ABCに行く8-10日間程度のコースか
プーンヒル方面に行く3-5日程度のコース

あたしは本当はABCにどうしても行きたかったのですが
今回日程的にトレッキングには
5日間しかとれなかったので
とりあえず今回は、プーンヒル方面を目指すことにした

ポカラで泊まった宿のオーナーに
「ガイド?ポーター?いらんいらん、そんなの」

と言われて、まぁそんなもんなのかな?
と思って自力で登ることにしました

ここで非常に役に立ったのが

まさかの

「地球の歩き方」

いつもあんまり期待してないのですが
ネパール編の歩き方はすごい。
めちゃくちゃ詳しくトレッキングのルートについて
いろいろ、いろいろ書いてある

とゆうか半分以上がトレッキングについてだった

主要なルートと目安になる日数とか
かなり細かく書いてあるので
これのルート参考にしながら適当に
自分で道決めていくといいと思う!

あたしはこれに書いてあった
「ゴレパニ&ガンドルン」の4-5日コースをもとに
行って見ることにした

■ポカラ→ウレリ→ゴレパニ→プーンヒル→ゴレパニ→タダパニ→トルカ→ポカラ

もう途中まではひたすらこの歩き方だけを頼りに
進んでいく

ついに、5日間のトレッキング
スタート。

7時半宿出発

まずはポカラから
出発地点ナヤプルとゆうところまで行くために
「バグルンバスパーク」に行く必要あり

レイクサイドからタクシーだと
300ルピー程度で20分くらい

ローカルバスも走ってるとの情報から
ここのLake Sideとゆうバス停から
あたしはバスに乗ってみた
P1050298

この辺にたってるとバスが来る
P1050301
25ルピーで行けたけど色々客待ちとかで
40-50分かかったので
まじ節約したい人向け

バグルンバスパークは
色んな登山口
ナヤプルとかフェディ、ベニとかにいく
バスの発着場
P1050303

で、ここからナヤプルに行くための
バスに乗るためにここに来たのに
結局乗り合いタクシーの勧誘につかまって
タクシーでナヤプルにいくことにしたw
P1050304

荷物ぎゅうぎゅう詰め
これでナヤプルまで一人500ルピー
8:40にバグルンバスパーク出発
P1050310

ナヤプル(Nayapul)についたのが10:30
ナヤプルはさすが登山口
たくさんの登山客でごった返してる

で、ここから歩き出す外人が多かったけど
そこから先のヒレHilleとゆうところまでは
まだジープが入れるので
さらにこっから乗り合いジープに乗り換えます

バグルンバスパークから
一緒に乗ってきた人たちが
みんなHilleに行く感じだったから
そのまま同じメンツでHilleへ
このジープが一人500ルピー

そして11:30
ようやくHilleヒレに到着

登山するぞーー!!

って気合い入れて宿出たけど
初日は車移動ばっかり

そしてここで驚愕の事実・・・

あたしはまだ心が決まっておらず
ナヤプルかヒレで客待ちしてる
いい感じのポーターさんとかいたら
やっぱり、荷物はお願いしよっかな~

とか考えてたのですが

ヒレは

こんな感じ
P1050313

ちょーーーのどか
すでに、山
流しのポーターさんとか、いない。笑

終わった

ここで、本当にあたしはこれから
一人で山を5日間
自分でバックパック背負って歩くんだな

ってのを実感して
自分で決めたくせに
あんま覚悟してなかったから
なんか、まず泣きそうになった。笑

とりあえず腹ごしらえ
P1050312
水1LとNoodleで280ルピー

すんごい心細い気持ちで
食べたこのNoodleの味は忘れない。。。笑

P1050314

そして
ようやく覚悟を決めて

12:50

いざ、バックパック背負って
ヒレ出発

登山スタート!!!

山で友達できるかなー。。
とか、ちゃんと荷物背負って最後まで歩けるのかなー。。
とか、そもそも5日間も歩き続けるってなに。。。
とか、とか、とか

なんか好きで来たトレッキングだった
のに
なぜか一人で歩き始めたら
自分らしからぬ
最初は本当に不安でしかなかったw
P1050315

しかし、こんな味気ない道を越えて
山道になってくると
P1050319

うん!

さっきまでなんであんなに不安だったんだろ
ってゆうw

そうそう
これこれ

山歩きが好きで来たんじゃんあたし
P1050323

元気になってきた

とゆうか、のちのちそんな不安は
まじで不要なものだったことに気付くのですが

テンション上がってきたのは
最初の村についた時
P1050316
P1050318

なにこれ
可愛い

そう、このネパール
アンナプルナ方面へのトレッキングは
まぁ山道を渡り歩くのですが
行く先々にちょこちょこ小さな村があって
この村々をどんどん歩いていく

ってゆう感じだったの!

ネパリの暮らしっぷりを嫌ってほど感じられるのが、最高
P1050322

こんな大草原の中に
洗濯物とか
もう、好き
P1050327

可愛い村々と、緑と山に囲まれて
そして大好きなタルチョ

テンション上がるしかない
P1050328

そしてティルケドゥンガ
Tirkhedhungaの村に到着
P1050330
P1050331

石造りの家に、石段に

そして馬
P1050337

お尻ぷりっぷりよ
P1050336

車が入れない山道では物資移動で
馬がまだまだ現役。
さすがネパール

そしてまたこの段々畑がすごい素敵
P1050321

合言葉は

「ナマステー」
P1050342

ネパールも挨拶はナマステなんですね!!
インドのヒンディーとはちょっと違うけど
語源は一緒だとかなんとか?(よくわからない)

とりあえず日本でも登山中はみんな
こんにちわー
ってゆうあれで

ここではみんなで
ナマステー

今回の登山ですごいナマステー
が好きになった
この合言葉さえあれば
誰とでも会話できるし
ネパリも笑顔で挨拶してくれる

あとは頑張って登るのみ!!
P1050349

タルチョと子供が可愛くて幸せ
P1050344

そして、あたしが雇おうと思ってたけど
なんか宿のオーナーにいらんいらん
ていわれて、最後まで
でもバックパックは預けたいなぁ。。。

と思っていたポーターさん
P1050350

これ、やばくないですか?!??!
こんな尋常じゃない
巨大な荷物を背負って
彼らは
スタスタと山を登っていく。。。

信じられない
P1050359

バックパック1つ背負って登るだけでも
こんなにヒーヒーゆってるのに

人々のバックパックを4つも5つも
背負って歩いてるポーターさん

まじで・・・
すごかった

あたしこの世でポーター
さんが
一番すごい職業なんじゃないか

って本気で思った

信じられない。すごすぎる。
P1050434

彼らはでも、すごい
低給料なんだよなぁ。。。
いやぁ。。。こんなにすごいのに。。。

なんか歯がゆい気持ちになった。
彼らへの貢献のためにも
次回はポーターさんを雇おうと思った!

↑これはまじで。
荷物背負って歩くのがしんどいってゆうのはもちろんあるが。笑

これからは世界一かっこいい職業
ポーター
っていうことにしようと決めた。

いくつも橋を越えて
P1050354

村々を歩き渡り
P1050355

幸せな気分で歩いてたけど
そろそろね

初日の最後に待ち構えている
やばいやつにさしかかった

なんか歩いても歩いてもずーっと石段の
上り坂になってきて、だいぶきつい。

そう

地球の歩き方にはこうかいてあったのだ

「ティルケドゥンガの村のはずれから
急な石段が始まる。
Ulleriウレリまで高度差600m
約3600段あるといわれている
約一時間半かけて登ったら初日はウレリで泊まろう」

さっ
さんぜんろっぴゃく段?!?!?!wwww

歩き始めてからずっとこれが
今日のラストに待ってると思うと
憂鬱だなー。。とか思ってたけど

まじ、きつかった!
しかも結構なこの傾斜
P1050365

さらに途中でまたしても
大粒のヒョウが降り出した笑
P1050373

これ、普通に痛い
P1050376

4月になると今後の雨季に近づいてくるから
午後になると天気くずれたり
ヒョウが降ったりする日が増えるらしい

ので、朝一登り始めて
昼過ぎにはもうその日の宿泊場所に
到着してゆっくり過ごすって感じの
スケジュールで組まないと結構大変

ヒョウが止んだらまたもう死ぬ気で登るしかない
P1050377

3600段ってなんだよ。。。
道にはヒョウがたくさん落ちてるし
P1050379

ぜええはぁああ

言いながらようやく
なんか
村らしきものが・・・
P1050380

15:45

無事、Ulleriウレリ到着ーーー!!!!!!!!

P1050382

ついた瞬間目隠しして遊んでるこの兄弟にあって
もう癒されまくった
P1050384

つづく


にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ

にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です