アンナプルナ!プーンヒル方面へ5日間トレッキング。その5

ネパールヒマラヤアンナプルナ
プーンヒルトレッキング3日目

3日目は朝プーンヒル行って最高の朝を迎え
P1050804

そのあとデオラリへの道で
ヒマラヤとタルチョのまた素敵なコラボに遭遇し
P1050987

最高に気分イイ1日


そうしてようやく最後の登り坂を
上り詰めて本日のゴール
タダパニの街に到着!
P1060142

タダパニは標高2721mにある
小さな小さな村
P1060154

空が近いよね

ここはチベタンの血が強いのかな
そっちの色がこい素敵な町だった
P1060166

この子
P1060172

マニ車

食べちゃった!!!笑
P1060173
可愛すぎるーーーーー

こんなちっちゃい頃から
マニ車回して育って来てくるんだねこの子たちは
P1060183

そして肩組んでる63さいの素敵なカナディアンの後ろ姿
P1060185
63歳空を眺める

その歳でこんな登山できるの
本当に尊敬する
あたしも頑張ってハイパーばーちゃんになれるよにせねば

そして時期によるみたいですが
私はちょうどタイの超有名水掛祭り
ソンクランの時期に丸かぶりだったので
タイから逃亡しているタイの人がちょー多くて

どこの宿もいっぱい

テントに泊まってる人もちらほらいた

でも、後々見たら意外と居心地良さそうだった
P1060161
そんなわけであたしは
選択の余地なしで
空きがあった一室に飛び込んだんだけど

奇跡的に

ずーっと一緒に登って来た
お世話になりまくったこの二人
P1060181

本当に偶然なんだけど
3日間連続、同じ宿だった!!!!!!!

もうあたしはこの二人なしでは
今回のトレッキングは無理だった

とゆうか、この二人が本当に優しくて心強くて
頼もしくてかっこよすぎて
本当にネパリが大好きになった

右の彼がBikashという名前で
DILMAYAというツアー会社を運営してます
http://www.dilmayatrek.com/

どうしようもなく最高の二人なので
まぢ、もしトレッキングツアー申し込む方がいたら
ここでBikash指名をゴリ推しします!!!!!!!!!!!!

だって、ね

あたしお金払ってないし
彼らのお客さんではない

赤の他人なのに
ただ毎日顔をあわせて
一緒に山を登っているだけなのに

ずーっと面倒見て、励まして
お菓子くれたりして

夜な夜ないーっぱいおしゃべりした

こんな素敵なことあるかな。

左の彼がDharmaraspoudel
長くて、よくわかんないからダルということにした笑

ダルはカタール人なんだけど
カタールでは月給1万くらいだったから
ネパールに家族諸々引っ越して来たんだって
そして今が月給2万5千円くらいらしい。

ネパールはあたしの中で
低賃金でみんな苦しい中頑張ってるイメージだったから
中東から、ネパールに
出稼ぎに来ている人がいること自体衝撃的だった

ダルはまだネパールに来てガイドの仕事を初めて3ヶ月。
ガイドの仕事は
いつもあるわけじゃないから
暇な時はお金稼ぐためにポーターやってるんだ、って言ってた

それを聞いてまじ、また衝撃
P1050359
あたしがこの世で
一番かっこいいと思った
ポーターのお仕事

これを、片手間
お小遣い稼ぎに
やるだと?!?!?!!!

信じられない。。

しかし

我々にとってポーターさんの存在は
ありがたすぎる存在で
バックパックを4個も5個も背負って
山を登り続ける
チョーーーーーーーーーかっこいい男たちなんだけど

なぜか
彼らはものすごく低賃金で
自分が「ポーター」であることを
ちょっと「恥ずかしい」と思っている

ことを知った。

一般的にガイド>ポーター
とゆう感じらしくて

彼らは自分はガイドじゃなくて
ただのポーターなんだよ。。。

って恥ずかしそうに話す。

彼らの力を最大限発揮して
もっと輝ける社会になっていくといいなぁ

だって、

こんな重い荷物を背負って
だいたい月に6、7回
って言ってた

1トレック5−7日として
6日x6で36日
要するに
シーズン中休みなしでひたすら
山を登りまくっているってこと。。。

かっこよすぎるでしょ。

晩御飯はモモとスープ
P1060189

英語勉強するために
今シンガポールに住んでるんだけど
本当、日本人ってあたしももちろんそうなんだけど
英語全然話せなくってさー。。。

っとゆうと間髪入れずに
「I know」

と言われる。

ネパリたちの中では

日本人=英語喋れない人

とゆうのは周知の事実らしい。笑

この日も、夜な夜な
御釜を囲ってみんなで明日のルートをどうしようかとか
語り合った山小屋での夜は素敵な時間だった

素敵な時間は写真を撮り忘れてしまうもので
このトレッキング中出会った人の写真が
ほとんどないのが悔やまれる

翌朝、みんなはこれから
本場ABCを目指してまだまだ
長い戦いに挑む

あたしはこっから下山ルートなので
早起きする必要はなかったんだけど
みんなにありがとーって言いたかったのと
自然に目覚めたので朝、お見送り
P1060197

いい出会いだったな。

そうして

トレッキング4日目の朝を迎える

暖かくて気分いいので
朝ごはんは外で
P1060207

ヒマラヤ見ながら、朝ごはん

贅沢ーーー
P1060211

ハチミツが塗られた食パンの
ハチミツをなめる、蜂。笑
P1060210

ポーターさんは荷物だけじゃなくて、子供も背負う!!笑
P1060215

のんびり宿の子供と遊んで
P1060220

4日目トレッキング
10:00 出発

P1060229

4日目にして
もう一歩も登りたくなくなってるので
10日間とかでABC行く人たち
ほんとすごいわ。。
P1060231

この日も緑が気持ちいい
P1060250
P1060244
P1060249

4日目にして、なぜか猛烈な筋肉痛に襲われて

え、あたし筋肉痛がくるまで4日もかかるほど
年取ったってこと?!なにそれ?!?!www

っと、最初まじ動揺しましたが
どうやら筋肉痛になりやすいのは
下りで使う筋肉らしい。

3日目で初めて下りの道が長くあったから
それが、きたみたい

すごい激痛だったけど
これさえ、あれば、あたしは頑張れる
P1060261

そしてガンドルンGHANDRUNG到着!!!!!
P1060269

このガンドルンは1951m
だいぶ、降りてきたところにある
大きな村

昨日とは大違いで宿が50個以上ある
P1060273

こんなにあったらどこいったらいいか逆に困るわ笑

いい感じにみんな離れてて
このくねくね道がイイ
P1060280

テレビでみるような
本当に「海外のどこかの、村」
P1060290
P1060303

今日の宿はANNAPURNA GUEST HOUSEに決定
fullsizeoutput_33d1


後ろにそびえたつ
雪山がまぁかっこいいこと。

今日はタダパニから下りまくって
ガンドルンに到着してここで一泊

もう下りまくって、筋肉痛で足がバッキバキ

翌日トレッキング5日目、最終日
P1060347

ガンドルンから1時間くらいのところにバス停があり
P1060378
P1060353

このバスにのって、下界に戻ります!!!!
P1060384


にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ

にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です