アンナプルナ!プーンヒル方面へ5日間トレッキング。その2

プーンヒルトレッキング その2

初日にして突如現れた最後の登り
3600段の石段を上り詰めて
ようやく無事
ウレリの村に到着ーーーー!!!! 
P1050385
馬の行列のお出迎え
P1050388

まずはこの村で宿を決めないと行けない

宿は村々にいくつかあって
適当に入って中見せてもらっていい感じのところに決める
ウレリの宿はだいたいどこも200-300ルピー

対して値段変わらない割に結構
新しめと古めで差あるので吟味するべし

が、もう、3600段の階段を上り詰めた直後
あと1つ先の宿まで20段ぐらいなんだけど
その20歩すら足が出ない
もはやどこでもよくやって来て手前の宿に決定
P1050391
P1050390

ふぅぅぅ~~~~~~~
やっと一息

バックパックおろして靴脱いだ時の
この開放感がたまらない!!

部屋の写真は撮り忘れちゃったけど
ただベッドが一個あるだけ

しかしこんな山の中で泊まれる施設が
あるだけでありがたいわぁ

さっそくみんなくつろげるリビングみたいなところに行って

乾杯!!!!!
P1050392
もちろんEVEREST!!!
ヒマラヤを眺めながら
エベレストビール飲むとかもう
最高でしょ

山の中なのにモモとかパスタとかピザとかメニューいっぱい
P1050395

大体どれも200-500ルピーぐらい
ビールは1本500ルピー
あたしはSpring roll頼んだらこんな巨大なものが出てきたw
P1050409
400ルピー

机はそんなに広くないので
ここでみんなで集まって
もちろん相席で
登ってきた旅人たちと情報交換

あたしの隣は女の子3人組のアメリカ人

3人でせっかくだから・・・
ってゆってビール1本頼んでたけど
結局飲み干せなくて、もらうことになったw

そんなアメリカ人もいるのか!!!

明日はどこの村まで歩くとか
もろもろ話してて
宿の人とか、他のグループのポーター、ガイドさんとか
もうね勝手にね、みんな友達なの

あぁあ。。。
こうゆう雰囲気が好き
あたし、旅してるわぁああああ

って感じる

ネパールでは停電がしょっちゅうって話だったけど
この日も夕方6時から停電して
結局復旧したのは翌朝7時だった笑

そんな電気のない山での生活
いいね。

そして、夜8時には就寝

翌朝5:40起床

太陽とともに目覚める

普段では、、、考えられない!笑

でも朝一が空気が澄んでてやっぱ
ヒマラヤがキレイにみえるから
絶対早起きするべき
P1050412

朝ごはん食べてみんな
それぞれの時間に出発していく
P1050422

あたしも

トレッキング2日目スタート
7:40 宿出発!!
P1050419
めっちゃ可愛い宿の子供に
送り出してもらって、きゅん

今日はウレリ2120mから
ゴレパニという村2853mまで登るコース

プーンヒルを目指す人は多分ほぼみんな同じ
P1050421
今日もまたこのバックパックを背負って
登り続ける

久々にちゃんと腰のベルトしめて
バックパック背負ったけどやっぱこの
腰の威力はすごい
全然肩にこない

ウレリ、ぐっばい!
P1050424
P1050431

まだこんな小さくしか見えてないけど
今日はどんどん近づくぞー!
P1050427

野放しのニワトリ
P1050432
久しぶりにガチの
コケッコッコー聞いた笑

今日もこの世で一番かっこいい職業
ポーターさんたちは力強い
P1050435

何度見ても
信じられない。。。

人間業じゃないわ

上り坂で彼らに、何度も抜かれるあたしは
一体なんなんだ?笑

いや、、、ほんと、すごすぎるんだ、彼らが。
まじでかっこいい

しっかし2日目
本日、最強に青空が気持ちいいー!!!
P1050443

4月は天気崩れやすいって聞いてきたけど
さすが自分

ウレリから1時間くらい登って
8:50 バンタンティBanthantiの村に到着
P1050460

春だわぁぁ
P1050447

こんなとこにこんな可愛いわんちゃんいるの
P1050451

そしてこんな山の中
ネパールで
すごい似つかわないものを発見
P1050449
思わず民家盗撮してしまったw

山の暮らし
洗濯物すーぐ乾きそう
P1050462

バンタンティを出るとすっかり山の中
P1050471

登りはつらい
とってもつらいけど
やっぱ、森の中を歩くって気分いい!!
P1050485

ここの道は大分緑が綺麗で
コケもあったりして、ちょっと屋久島を思い出す
P1050473

川と、森と
そこに
大好きなタルチョ
P1050481

反則
P1050483

はためくタルチョ見るたびにまじ元気でる
これがあれば
まだ頑張って登れる!!!
P1050488

ここは5日間で一番歩いてて気分よかったかも

ウキウキしながらバンタンティから
1時間半くらい歩いて

10:30 ナンゲタンティNangenthanti到着
P1050495

今回大活躍の地球の歩き方によると

「ナンゲタンティからゴレパニまでは
茶店もないから、一息入れよう」

OKボス!そうしよう。

本当にこうゆう情報役立った

ガイドがいれば常に次の村まで
どれくらい、とかどの村が大きいとか
色々教えてくれるんだけど
自分で登ってるあたしには、ほんと
地球の歩き方に書いてある情報がすべて

書いてある通りに、従い続けた。

そんなお腹すいてなかったので
このチョコバー買おうと思ったら
200ルピーと言われた
P1050496

高すぎでしょ!で、この左の緑のヌードルはなぜか40ルピー笑

なんの差なの?!

そりゃ、40ルピーのヌードルでしょ

おっちゃんにこれにお湯入れてくれない?
ってお願いしたら

なんと調理してくれた
P1050498
野菜まで入れてくれたけど
なぜか、請求された額は変わらず40ルピー。
有難すぎるなぞシステム笑

山でたった40円でこんなの食べれるなんて
ありがたすぎる
山で、外で食べるご飯はほんとに美味しい
P1050513

作ってくれたのはこのおばちゃん
P1050511
服が可愛いよねーいちいち

突如羊の大群がやってきた
P1050500

ご飯食べたら気持ち良すぎて
気づいたら、、、寝てた笑

12:10 ナゲンタンティ出発
P1050515

ここから一気に今日の目的地
ゴレパニまで行く
P1050518

山の上に荷物を運んで帰ってきた馬たち
P1050519
我々の水とか食料とか
色々、運んでくれてる
馬がいなかったら、死んでる
ありがたや

ここからずーっと登りで
辛かった
P1050516

昨日同じ宿だった人たちと
だいたい同じペースだからみんな
休んだり、抜かされたり、休んだりで
みんなで励ましあいながら登っていく

あたしも昨日一緒に飲んだポーターさんと
大分なかよくなって
もはやそのグループに大分お邪魔させてもらう感じで
一緒に登った

登っては休み、登っては休み・・・

そしてヘトヘトになりながら

13:30 ゴレパニの下の村に到着!!
P1050524

ゴレパニは下村と上村に分かれてる

ここでもう今日はゴールとしたくなるけど
地球の歩き方様に
「下村のロッジはどこも新しいが、山々の見晴らしはまったくない。
景色を楽しみたい人はもう20分登って
上村に行こう」

はい!そうします!!笑

こんなに地球の歩き方に従順になることは
今後ないでしょう

しかし、これ本当にその通りで
ネパリたちもみんなそうゆってた

上の村は本当に景色がいいらしく
さらに、眺めがいい宿はちょー人気で
早いものガチだから

みんなポーターさんとかガイドが
お客さんより先に山登って
ゴレパニの宿を確保しに行ってた

だから急いだ方がいいよ!

って言われたけど
うん、、
分かってるんだけど

もう、、急げないねん!
辛いねん!足パンパンやねん!!

この素敵な下村で休みたいが
気持ちを鬼にして
P1050529
P1050537

登ることにする。

ここにCHECK POINTあり
TIMSとACAP見せる
P1050542

最後の力を振り絞って
一歩一歩登る・・・

途中ばててたら、この子が手降ってくれて
元気だす
P1050553

しばらくすると
シャクナゲの花が綺麗に咲いてた
P1050549

これを見て
頑張るぅうううう

そして
ようやく建物が・・・ミエテキタ
P1050552

ついに

14:00 ゴレパニGhorepani到着!!!!!!!!
P1050563

っしゃーー!!!!!!!!!!!!

いや~~~
相当に疲れたけど
ゴレパニついたら
あんっっまりにも景色よすぎて

一気に元気でてくる!!!
ゴレパニの素敵すぎる景色は
その3に続く

ついに明日・・・プーンヒル

P1050867

にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ

にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です