アンナプルナ!プーンヒル方面へ5日間トレッキング。その3

ネパールヒマラヤトレッキング
プーンヒル方面への5日間のトレッキング続き

2日目  14:00

ついに
ついに
ゴレパニ到着!!!!
P1050560

やっとたどり着いた
登りきつかったわーーー


さて、到着したらまずは宿探し
ゴレパニはかなり大きな町で
標高2853mもあるとは思えないほど
かなり栄えてる!!!

たどり着くと多分最初に
これが見える
P1050557

すっごい新しいきれいな建物で
お?もうここでいいかな?

って最初、思うんだけど

本当にここに決めなくてよかった・・・

このあとしばらく歩き回ると色々見えてくる

ゴレパニに到着したら
左側にあがる道があるんだけど

そっちに超素敵な宿がいっぱいあった!!!!

もしゴレパニに行く方がいれば
絶対ここで、あきらめないで下さい

ちなみに右側に行くと
こんなバスケコートがあってこんな山の中で
ヒマラヤをバックに子供たちがバスケしてる

なんて、贅沢な。
P1050566

そして、とりあえずゴレパニついて
左側にあがっていくと
昨日出会ったポーター兼ガイドの
カタール人のDalに出会った

Hi! Mami!

こっちにいい宿があるからおいで
って連れてってくれたんだけど
P1050572

つらい・・・
もう一歩も登りたくなかったのに
やっと村にたどり着いたと思ったのに
まだ登るのか・・・

ダル、もうあたしこの辺の宿でいいよ

って

ここまで出かけたけど
ラスト
ふんばる

と、ついた先の宿はこれ
「SUPER VIEW」
P1050584

そして、まさに
SUPER VIEW!!!!!!!!!!!
P1050618

この宿、最強でした

窓際の部屋はもう満室で埋まっちゃってたけど
あたしの部屋はこれ
P1050576
めっちゃキレイじゃない?!
山小屋とは思えない
これで、ダルが交渉してくれて
600ルピーのところ、300ルピーで泊めてくれることになった

素敵!しかも、各部屋にコンセントまでついてる!
P1050581

たいていの宿は部屋には
コンセントの差し口はないので
もし充電したかったら、
フロントにあるコンセントを借りるしかなくて

その争奪戦なんだけど
なんとVIPなんだここは

昨日の電気が一切ない生活とは大違い
シャワーも超キレイ

もう興奮しまくってて
居ても立っても居られない

荷物おいてシャワー浴びたら

乾杯でしょおおおお
P1050587

ふぉぉおおお

ヒマラヤをおつまみに
太陽の暖かさを存分に感じて
外で飲むビール

もう、極上。

やっぱ、外でしょ

みんな外に出て来てこのベンチに座って
本読んだり、おしゃべりしたり
思い思いに過ごす
P1050604

最高に気分よくて
外でポーターやガイドのネパリたちと
おしゃべりするのが幸せの瞬間

そして奇跡的に昨日同じ宿だった
ポーターたちがみんな今日も同じ宿!!!
P1050605
この人たちがほんと男らしくて
優しくて
もう、あたしは惚れまくってた

子供も可愛いし
P1050608

おしゃべりしてると
あっとゆうまに日が暮れてきちゃったけど
みんな粘ってずっと外にいる
P1050623

黄昏たくなるよね
ずっと見ていたい
P1050631

夜ごはんはマカロニ
P1050634

普通に生活できすぎて
山にいること忘れそうなくらい居心地いい
他の宿は400ルピーとかするのに
すんごい寒そうなとことかあったから
本当SUPER VIEWめっちゃおすすめ

みんなご飯のあとはチェスとかトランプに夢中
P1050641

しかし今回のトレッキングのメインはプーンヒル

プーンヒルはゴレパニのまちから
更に350mくらい登った先にある朝日の名所なので

みんな荷物は置いたままとりあえず
朝一見に行く感じ

そんなわけで
明日の朝は、ついに
プーンヒルにアタックなので
早起きしなきゃね!

ってことで

2日目トレッキング
21:00 就寝

3日目トレッキングスタート

4:30 起床
5:00 出発
P1050645

宿出た時は真っ暗ですごく星が綺麗で
本当は星空撮影したかったんだけど
プーンヒルの朝日を目指して先を
急がなきゃ行けなかったのでまともに取れなかった

道はまっくらで、ライト必須なんだけど
私が持って行った
ヘッドライトは見事に電池ぎれ。

とりあえずiPhoneのライトで行こうと思ってたけど
いざプーンヒルに向かえば
みんな初詣の行列みたいな感じで
人がたくさんいるので、ライトなくてもなんとかなった
P1050647

登りながら徐々に明るくなって来て
ジワジワヒマラヤが見えてくる

ゾクゾク

そして1時間程度
ひたすら、プーンヒルでの朝日を目指して
寝起き一発目
登りまくる

辛いよ、寝起き直後ひたすらの登りは

途中で入山料50ルピーいるのでお金持って行った方がいいです
P1050674

途中、どんどん見えてきて

そして6:00
プーンヒル到着

P1050698

息上がりまくってるけど一軒お店あって
たどり着いた瞬間に飲んだ
温かいチャイが染みるぅぅぅう
P1050666

こっからはもう
凄まじいヒマラヤの光景
写真主で
P1050702

これが展望台
P1050700

そして御来光
P1050717

ルンタとヒマラヤと太陽
どうしようもなくかっこいい

そしてあたしはこの朝日に
照らされる感じ結構好き
P1050709

さらに奥に進むと
ルンタの嵐
P1050728
P1050715

一体何枚ルンタの写真を撮った事でしょう
P1050734
P1050746

背景のヒマラヤが本当に美しい
P1050751

プーンヒル

ゴレパニの村2874mから
朝一突然の登りで
プーンヒル3213mに到達
P1050765
P1050883

周りに見えるこのヒマラヤの山々はさらに
6000,7000,8000メートル級の山たち
P1050766
当たり前ですが
当たり前ですが

そんな高い山
人生で初めて見た

富士山の山頂からさらにそこから見て
富士山ぐらいの大きい山が聳え立っている感じ

意味がわからない

そりゃぁこれだけの人が
苦労して集まるわけだ
P1050772

展望台に登ってみると左は
織りなす山の端がすごい幻想的で
P1050783

視界を戻すと
そびえ立つヒマラヤ
P1050782
P1050786

時間がたつとクリアじゃなくなっちゃうから
ほんとアサイチ勝負!!!

振り向けば
絵になりすぎる展望台
P1050792

どこから持ってきたのか
ネパールの国旗もってる人がいてみんな
「あたしにもそれ持たせてー!!」と大人気
P1050803
P1050830

しかし

なんて空が
綺麗なんだろう。。。
P1050804

空が、青い

って最高。
P1050806

みんなそれぞれ
決めポーズで写真撮りまくるんだけど
突如倒立し始めた韓国人の彼女、かっこよかった
P1050832

さらに別のポーズ!w
P1050833

さらに別の子も
P1050837

そして

面白くて撮影させてもらってたら
なぜか巻き込まれて
あたしも

ここで倒立する事に・・・

一体何年振りだろう

ヒマラヤをバックに
倒立した(補助付きね!w)

そのあとももう
本当にここの景色と空の色が素敵すぎて
P1050844

中々、この場をさることができない

初めてカメラのパノラマ使ってみた
P1050847

スケールがでかすぎて
パノラマでも
撮りきれない
P1050859

ABCに行った人はプーンヒル大したことなかった
って言ってたから
たぶん、ABCは間違いなく
もっとやばいんだと思う

でもね、日数足りなくてプーンヒルしか
あたしは来れなかったけど

それは

もう

たいへん感動したのです
P1050861

なんて言いましょうか
P1050778

言葉はいらないね

写真では伝わらない
自分の足で登ってきたからこそ
見える景色があるから

だから山登りが好きなんだけど

改めてその原点に戻った気がした
P1050896

4月なので歩いてる道は雪はなかったけど
2か月前にもきていたポーターさんたちに聞いたら
やっぱここも豪雪地帯だったと

登りづらいから4月の方が楽だよ
とは言ってたけど、それ以上に
全面雪である幻想的な写真を見せてもらって

また次はベストシーズン
10,11月にきたい

と思っちゃった。。。

後ろ髪ひかれまくりながら
1時間くらいプーンヒルでゆっくりしたら、降り始めた
P1050900

ああああああ

プーンヒル・・・

ヒマラヤ。

空が最高に素敵だった

興奮しまくったのでその4に続く


にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ

にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です