ついにブータン最終日!タクツァン僧院の770段に挑む

2016年06月23-29日6泊7日
微笑みの国ブータン旅行6日目

□1日目 シンガポールからパロに飛び、そこからワンデュポタンへ移動
□2日目 ワンデュポタンからポプジカへ移動し農家泊
□3日目 ポプジカからプナカへ
□4日目 プナカから首都ティンプーへ移動 市内観光
□5日目 ルンタとブルーポピーを見にドチュラ峠ハイキングしてパロへ
■6日目 タクツァン僧院ハイキングしてパロ市内観光
□7日目 朝発でシンガポールに帰ります

怒涛のでぃーぷすぎるブータン旅行

ついに実質ブータン観光できる最後の日
最後にして最大のハイライトがやってきた

「タクツァン僧院」

何度も何度もここの写真ネットで見たことあって
いつか行ってみたいなー
いいなー
って思ってた。

今日いけるなんて
とゆうか

いまだにブータンに今自分がいることがまだ信じられない6日目。

朝ごはんはカレーと卵
P1180899

腹ごしらえしたら、いざ出発

毎日ホテル出発は9時でしたが
この日だけは8時出発

タクツァン僧院は13時~14時は入れないため
どうしても13時前につく必要があり
早めにいかねばいけないとツェンチョさんにゆわれました

片道3時間と言われる道を13時までに
登りきるにはそれなりに余裕もって早くでないといけない

初めてブータンで時間の縛りがある朝で
初めて時間通りに集合した私たち。
ツェンチョさん、いつもごめんね

パロのホテルから登り口までは車で20-30分

そして8:30
登山開始!
P1180900

登り口には杖がたくさんあって
観光バスみたいなのも集まってて
「ザ・観光地」にやってきた感がある

両側出店の道を通って向かいます
P1180902

結構人がたくさんいて
こんなに観光客にあったのは
ここ、タクツァン僧院が最初で最後
P1180903

途中まで馬にのって向かうことも出来ます
P1180904
P1180908

今はこれ途中までしかいけなくなって
600ニュルタム(約1200円)ですが
昔はもうちょっと上までいけて
1500ニュルタム(約3000円)もしたらしい

川の水で濡れてて足場が悪いところがあり
事故があったためそこはもう馬は通れず
自力で登るしかないようにしたそう

途中でクワガタ発見
P1180910

ツェンチョさんが鼻に乗せて遊んでたら
はさまれたのか、痛そうだった。笑

頑張って登ってるとぞくぞくと下からくる
馬においこされていきます
P1180912

そして、馬は途中までお客様を送って
下ろしたらそのまままた下ってくるので
上からおりてくる馬が追突してきそうで
結構怖い!!
馬が来たら、必ず山側によける、と

途中で大量の
たんぽぽのわたに遭遇して驚いた

P1180915

と、思ったらよくみたらたんぽぽではなく
これは綿の木の実がおちてきて
はじけたものだった

綿に覆われた山道なんて初めてみた

しばらくすると
タクツァン僧院がちょこっとみえてきたー!
P1180919

これから、あんな高いところまで
登るのか?登れるのか、本当に?!
という気持ちになりますw

歩いて40分くらいの場所で馬はおしまい
P1180926
ここから先はみんな自分の足で登らなければいけません

そして1時間くらい経過したあたりで
みんなのオアシス
「タクツァンカフェテリア」に到着
P1180931
P1180933

山のおいしい空気を吸いながら
ここで紅茶を頂いて、小休憩

30分くらいここでのんびりしてたので
時間もせまっているのでそそくさと再出発

ここからだいたいゆっくり歩いて2時間ほどとのこと

おお。あと2時間もあるのか
頑張ろう!

歩き出すとだんだんルンタが増えてきます
P1180938

ルンタに隠れるツェンチョさん
P1180945

だんだん登りもきつくなってきて
一歩一歩、必死。

そして頑張って登ると突如開けて
ついに見えてきましたーーー!
P1180948

おおお!同じ高さまで登ってきたー!!

登り口がだいたい2600mくらいで
タクツァン僧院は標高3000m

あの有名な断崖絶壁にたってるこのタクツァン僧院がもう
目の前!あといっぽ!もうすぐ!!
P1180952
こんな素敵な笑顔で写真撮ってる人をみて
もうゴールにたどり着いたような気持ちになる

のですが

うぬ

人生そう甘くない

P1180956

ここからが山場でした。

試練の階段770段

しかも、なぜかここから一気にくだって
そこから最後ずーっと登ってゴールという

P1180960

くっ・・

くだらなくていいのにーーーーー!!

って思うのですが
道に従うしかありません

恐る恐る下ろうとすると
こっちに帰ってくる、登りの人たちが
P1180982

ハぁ、ハァ

とめっちゃ息上がってる

こりゃ登りが思いやられるわーーー

でもいくしかない

覚悟きめて階段を進んでいくと

P1180978

くぅぅ~~~!!!

待ってました
これが見たかった
この写真が撮りたかった

P1180963

いやぁ実際生でみると
写真でみるよりもっと断崖絶壁にあって迫力満点

でも全然写真じゃつたえきれない

ここでうっとりしちゃいますが
まだまだ試練の階段は続きます。

近づきすぎるとあんまうまくとれないので
離れたこの階段からとるのがよし

近づくにつれてルンタも大賑わい
P1180987
P1180990

タクツァン僧院とルンタが一緒にうつってる写真をたまにみるけど
あれはいったい
どこからどうやってとったのだろう

あたしには無理でした

ちょーぜつ広角レンズなら撮れるのかなぁ。。

P1180992
P1180993

ここのルンタもまた
綺麗な緑の中張り巡らされてて
すごく力を感じる

P1180998
P1190004
P1190015

みんなこんな長い距離にわたって
どうやってこれを張ったんだろう

人間の知恵ってすごいなぁ

そして階段を下り切ると
そこには滝がありました
P1190016

シンガポールにいるとこうゆう
自然を感じられないから
マイナスイオンが本当に嬉しい

P1190023

小さな仏塔のかわり?
てきな感じでたくさんかざってあるこれもかわいい
P1190032

名前忘れてもーた

そうして、くだりきった分
そのあと20分ほど階段をのぼって
770段の階段をへて
ようやく
タクツァン僧院にたどり着きます

残念ながら中は撮影禁止なので
写真はありませんが
11面観音像やお坊さん、
またここには洞窟もあったりして色々興味深かったです

私たちはここにたどり着いたのが12:30
ちょうど登り始めて4時間くらいでした
のんびり歩いていたのと(とゆうか結構しんどくてこれ以上早く歩けなかったw)
のんびり休憩していたのもありますが
4時間くらい見ておいた方が無難だなと思いました

タクツァン僧院から出たのが13:20頃

この時間は新規で中に入ることができないため
14時になるのを待っている人がそとに結構いました

そして、くだってきたからには
帰りは登らなければなりません
この急な階段を
P1190038

対岸から改めて見てみると
ほんとよくこんなところに道を作ったし
そんなところの先に
よく建てたなぁと改めて関心してしまいます

さーて

この階段をぬけてしまえば帰りは楽チンです

すたすた下って行って
さっきのタクツァンカフェに戻ってようやくランチ
P1190076

みんなよく歩いたからか
ガツガツ食べてます

私ももちろん頂きます
ランチ
P1190077

with ビール
P1190078

これっだけ登山して喉乾きまくって
疲れた体にビールは

反則

うますぎる

ありがとうブータン

こんなところにもビールを置いてくれてて

お昼食べたあとは時間のしばりもないので
のーーんびりお話しながらくだります

結構他のお客さんとも同じペースだったりするので
なんども顔をあわせるので
クズザンポーっていいながら
すれ違います
なんどもあったこのガイドさんはお守りまでしてあげてて
めっちゃかっこよかった
P1190057
P1190060

そして我々は山を下りながらおしゃべり

ここでの会話がまたおもしろすぎた

何気なくツェンチョさんに聞いてみた
「今の5代目ワンツュク国王と奥さんってどうやって出会ったのー??」

そしたら

「国王はもともと、別の彼女がいました。
そして今の王妃は、その元の彼女の友達でした」

うわーーーまぢかーーー
元カノの友達に乗り換えちゃったタイプかーー!!笑


かなり衝撃だったのですが、さらにツェンチョさん

「元の彼女は性格がきつかったけれども
今の王妃は綺麗で、優しかったので国王は今の王妃を選びました。
でも、今も国王は元の彼女とも関係は続いています」

ん・・・?!

一夫多妻制廃止にしたんじゃなかったっけ??!

「はい、奥さんは王妃だけです」

なんとゆう。。

結局奥さんは一人ってゆうことにしたけど
でも裏では色々浮気してるって
それってなんか

もっと罪深くないか?!?!笑

やはりブータン。。。
計り知れねぇええ

そしてブータンでは
同性愛者も多いらしく
とくに男性同士が多いらしい

「男性が女性の格好をするのが流行っています
男性同士の結婚も認められています」

まじか!同性愛者の結婚も認められてるのか

日本ではまだ渋谷から始まったばかりなのに
色々とその辺は寛容なブータンに驚き

とゆうか離婚とか同性愛とか
そうゆうのは国の発展とか裕福とかじゃなくて
世界みんな同じように進んで行っているのかもなぁと思いました

下世話な話をたくさんしながら山をくだってると
あっとゆうま
パロの街と
山のコラボがめちゃくちゃきれいだったなぁ
P1190082

下りはお昼をのぞいで2時間くらい

そんなこんなで断崖絶壁のタクツァン僧院
3000mへの登山を終えて無事、下山

とりあえずなんとか戻ってきましたが
思っていたより・・・
ハードだった!
やっぱり標高が高いからなのか
道自体は結構ふつうの緩やかな登山道ですが
登りはかなり疲れるのでゆっくり歩きました

下りはなんのその
走っておりたいくらいで楽しかった

登山靴は日本においてきてしまったのですが
Timberが頑張ってくれました
いい仕事する、本当にこの子

ふつうのスニーカーだとすべりそうな箇所が
いくつかありましたがなんとかなるので
ここのために登山靴をもってくるほどの山ではありませんでした

登り始めだけは少し肌寒いですが
登ってくるとかなり暑くなって
汗、ダクダクになりました。
なのでとくに厚手の長袖は不要です
途中休憩すると汗だくになったTシャツがひえて
ちょっと寒いくらいw
歩き始めればまたすごくあつい
長袖よりは着替えのTシャツの方があったら便利そう

どのツアーでも大抵高度になれさせるためなのか
空港に近いのもあり
タクツァン僧院は最後のイベントとして
盛り込まれることが多い模様

ブータンの人は
ここは人生で3回くると来世で
素敵な未来に生まれ変われると言われているようで
みんな人生で3回は登りにくるそうです

結構1回でも登るの大変だったから
3回きたらもう御利益充分やろなーと!

ツェンチョさんが
「3回くると来世はかっこいい、かわいい人になれると言われています」
とゆっていたので

「毎回ツアーのお仕事で登ってるツェンチョさんは
来世めちゃくちゃイケメンになれるじゃん!!!」

とゆったところ

「お仕事では、だめです。個人できて登らなければいけません」

なるほど
暇を見つけて個人でも登って
ツェンチョさんが来世もブータンで
大活躍してることを祈ります!!

メインのタクツァン僧院を終えて
今日一日の予定は完了かと思いきや

まだまだ終わらない!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です