ラルンガルゴンパへの道①それは成都のチベット人街から始まった

さてさてさてさて
黄龍、九寨溝で遊んで無事

中国5日目
成都に帰ってきました

そこの詳細はまた後日アップします

先に書きたいことがてんこ盛りで
この興奮を早く書きたいのでちょっとすっ飛ばします



今回あたしのこの旅は
全てはラルンガルゴンパへ行くことが目的でした
ここのところずーっとチベット仏教を追いかけてきて
チベタンたちの優しさと彼らの穏やかさと
優しさと笑顔に引き込まれて

ブータン

P1190023

ラダック

P1200060

マクロートガンジ

P1020178

ネパール

P1060688

といってきて

どうしてももうチベットに行きたかった
特に東チベットに行きたくて何より
ラルンガルゴンパにどうしても行きたくて

でも、いつか行こう

って思ってたけど
そのいつか

なくなるかもしれない
ラルンガルゴンパが今
破壊されてる

って知って

早くいかなきゃ

でも1人じゃ。。。

となんとなーく、思っていた。

そんなある日

2017年3月2日

高校の友達
名前を出すのはあれなので
エミレーツ航空の仮装が大変似合っていたので
日本人ですが

勝手にその、私の友達を

「エミレーツ」と呼ばせていただくことにする、まじ勝手に。笑

エミレーツがFacebookで

ラルンガルゴンパに行きたい人いませんか?ゆる募

って投稿してて

あたしは一瞬の迷いもなく
むしろこれは運命だ
と思ってそっこー連絡した

「お供させて下さい!!!!」

そんなわけで
エミレーツと共に6月に
ラルンガルゴンパに挑戦しよう!!

ってことが3月頭に決まった
そこから本当にひたすらお互い調べて
でも情報がなくて

色々策を練った

ここからはその
あたしとエミレーツとの約4ヶ月におよぶ
ラルンガルゴンパへの
情熱と愛と気持ちの戦いの、お話。

まず、そもそものそもそもですが

ラルンガルゴンパとゆうのは東チベットにあって
東チベットはチベット自治区と言われる
普通に日本人がツアーとかでいける場所とは違ってグレーな感じで

今はラルンガルゴンパは中国政府によって
色々建て直しとかされてるから
それを海外の人に見られないように

外国人侵入禁止になっている、とゆう噂。

外国人進入禁止ってなんやねん!

って感じだけどとにかく
2016年6月以降それが強化されてて
警察ならぬ公安に捕まって戻されちゃってる人がいるのは事実で
どうやらそれをすり抜けないと
入れないっぽい、ってのが最初の段階。

案は沢山だしまくった

・中国の現地ツアーに申し込むか
・バスで行けるところまで言ってからタクシーチャーターにするか
・色達(セルタ)と翁達(ワンダ)は危なそうだから
とりあえず甘孜(ガンズ)までバスで行くか
・公安に捕まったときにはかの有名な
「メイヨー」(ないよってゆう意味)で切り抜けようか
・少しでも現地人に近づくため、尼さんの格好に近づける
・ラルンガルゴンパに行けても、中で捕まることもあるそうなので
宿泊はせずに日帰りの方が安全そうか
・バックパック背負って行ったら荷物どうするんだ

全体の場所とルートの想定はこんな感じ


らるん

そんなことを色々考えながら
とりあえずエミレーツが日本から来てくれて
6月24日
成都であたしとエミレーツは合流した

P1080874

日本食が恋しい私にじゃがりこを買って来てくれて

本当に優しいエミレーツ
ありがとう♡

とりあえず明日まず成都からガンズまでバス移動する予定だったので

そのバスチケットを新南大門バスターミナルで購入

P1090149
チケットは1人233元(約3900円)

特にパスポートとか必要なく、すんなり買えた

IMG_7932

成都10時発なので多分ガンズに到着するのは夜中
とりあえず明日のバスチケットは買えたので

あとは服装からだ!

まずは

少しでも尼さんに近づけるため
私たちは成都にある
「チベット人街」と呼ばれる場所に向かった

場所はこの辺

初めて電車に乗って
降り立つとそこには、早速
お坊さん発見

P1080898

あたしたちはこのお坊さんに誘われるように
彼のゆく方向になんとなくついていってみた

その辺のお店や看板の文字も
少しずつチベット語になっていき
衝撃的だったのは、Apple

P1080905

iPhoneの広告チベット語!!www

P1080907

かっこいい。。

少し歩いたあたり
なんてことない、普通のTシャツとか売ってるお店に遭遇

P1080912

ここでエンジ色のNIKEと書かれたTシャツをゲット。45元

さらに現地のお坊さんたちを見ていると
それぞれ肩掛けバッグみたいなのをかけていた

とゆうわけで、別のお店で
この袋を購入10元(約160円)

P1080913

Tシャツとカバンをゲットして
だいぶ、私たちは尼さんに近づけた気がして結構満足

あとはチベット人街を散策
すんごいおしゃれな服がいっぱいあって

P1080922

かなり生地がしっかりしてて
チベタンの正装服が売られてる感じ

P1080927

みんな真剣に選んでます

P1080920

しかし、マネキンは欧米顔。笑

P1080924

この尼さんが集まるお店では

P1080931

さっきまでのチベタンの服ではなくて
本当に尼さんのための
尼僧服ショップ!!

P1080943


P1080938

みんなどこで袈裟とか
その色に合わせたスカートとか
集めてるのかな〜と

思ってたら
ちゃーんとこうやって売ってるお店があるんですね!

P1080941

ここでスカートを見たら
なんとなく、我々も欲しくなっちゃって
結局えんじ色のスカートも購入してしまった45元

ふざけているように見えるかもしれないのですが
私たちは至って真剣です

これが購入した品々。

P1090153

うん、私たちはまじで
至って
真剣なんです

買い物をすませて

P1080946

お坊さんと緑の感じが素敵な
成都の街をフラフラ歩いてたら
また別のチベット系のショップがあり

P1080947

ここの店員さんと思しき人が
英語話せたのでなんとな〜くおしゃべりしてた

ら・・・

事件はここから始まった。

店員さんっぽかったその人は
実は店員さんではなくて

お仕事で
ラサから来た

チベット人だった!!

おおお!!!

この旅初の英語が話せるチベット人に遭遇!!!

なんとゆう偶然

ラサも行きたいなぁ
行くときは、連絡するね

とゆうなんてことないお話をしていたら

そこですかさずエミレーツが
中国語で書いたメモを取り出してくれて

「私たちは日本人ですがラルンガルゴンパにどうしても行きたいです。
検問に捕まらないように、連れてってくれませんか?」

とゆうメモを彼に見せたところ



 

「色達に行く車があるから、僕が相談してあげるよ。
ついておいで」

なんと・・・!!!!!

ここでついに私たちは
ラルンガルゴンパへの一歩目がどうやら始まってしまった。。。

今日は2017年6月24日
私とエミレーツが成都で集合して
ガンズ行きのバスチケットをとりあえず買うとゆう
準備のための1日
ゆうなれば我々の旅0日目

25日に出発して

そこからはどうなるかわかんないけど
色んな奇跡を信じて頑張ろう!

と、思っていた。

始まりは25日からで
24日はバスのチケットを買うだけだと思っていたんだ。。

ことは動きだした

私たちを連れてってくれた
チベット人はソーさん

彼はラサの人なんだけど
ラサに以前来た日本人がいて
その人にすごくお世話になったから
何か日本人のために役に立ちたいんだ!

と、私たちの力になってくれる事になった

なんとゆう奇跡

そのときラサに訪れていた日本人の方とゆうのは
某大学の教授らしい

彼がラサに
コピー機兼スキャナーをプレゼントしてくれたんだそうで
その事にすごく感謝してくれてて

今回たまたま
出会った私たち日本人に
恩返しがしたいと
彼が一躍買ってくれる事になった

ラルンガルゴンパへの道は

とにかく出会いと
ドライバーの協力が必要

って思っていたけど

まさかの成都で
こんな準備中に
こんなに奇跡的な出会いが待ち受けているとは。。。!

私たちは遥か遠くにいる
チベタンのために貢献された
大学教授の方に深い感謝を覚えながら

ソーさんに付いて行った。

つづく

 

にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ

にほんブログ村










2 件のコメント

  • こんにちは。
    エミレーツさんといい、ソーテンさんといい、このチベット旅行のために、運命的に出会った感じですね。
    ラルンガルゴンパ・・・・・最近私の乏しくなってきた記憶力では、絶対覚えられない地名です。女の子の名前すらすぐ忘れるというお粗末さ、寂しいものです(笑)。
    チベットやウイグルに関しては、やはり中国政府はかなり神経質になっているんですね。そういう面では、大変な旅だと思います。お疲れ様です。

  • ありがとうございます!私も今回の旅で
    中国の情勢や土地制度など色々と
    とても勉強になり、また日本人は情報を勘違いしていることも多いことを学びました
    またゆっくりと書いて言いたいと思いますのでよろしくお願いします^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です