シク教聖地!アムリトサルのゴールデンテンプルでターバンがかっこよすぎた

インドの北西に位置する
アムリトサルとゆう町2日目

私はシンガポールからの直行便が安いから
とゆう、ただそれだけの理由で
アムリトサルに行くことにしたのですが

もうその安易すぎる理由が
恥ずかしくなるほど
アムリトサルはとてもとても
素敵な町だった


ここは言わずもがな
シク教(スィク教?シーク教?)の巡礼聖地

ハリマンディルサービフ
俗にゆうゴールデンテンプル
黄金寺院がある町

シク教とゆう名前すら
シンガポールに住むまであんまり知らなかったけど
彼らはカーストを否定しており
神の前では皆平等であるとゆう精神で
万人を受け入れる宗教

そんな彼らは元々体が立派だったのもあり
戦は絶えない苦しい歴史の中で生きてきたようですが

今はもう
ただただ
「かっこいい」

の一言です。

彼らに会うまでシク教の魅力を全然知らなかったけど
あった瞬間に
ベタ惚れです

シク教の総本山アムリトサル
聖地ゴールデンテンプル

まずこのシク教ですが5Kと呼ばれるものがあって

ケーシュ(刈らない頭髪)
カンガー(櫛)
キルパーン(剣)
カラー(鉄製の腕輪)
カッチャー(膝下までの短ズボン)

とゆうわけで、彼らは髪の毛を剃らないので
すごーく長い髪の毛とヒゲを持っており
そして常に剣を携えている

で、これは諸説ありますが
5Kの1つ
その髪を切らないとゆうところからくるようで
髪、頭を守るために彼らは
ターバンを巻く慣習があります

そんなアムリトサルの町に行ってみると
いたるところにターバンを巻いている人たちだらけなのですが
とりあえず
とりあえず
このターバン巻いてる人たち
P1010869

なんか
高貴で、雰囲気があって
それでいておしゃれで優しくて

かっ

かっっこいい。。。
P1010386

すごくないすか?!
本当に、もうあまりの格好よさに
一気にこの町が大好きになります
P1010371

シク教聖地のゴールデンテンプルは
アムリトサルの中心部にあり
こんな道を進んでいくと
P1010374

入り口があって誰でも無料で入れますが
入るには
・頭に布を巻くこと
・裸足になること
・大きな荷物は預けること

とゆう簡単な約束ごとあり

どこの入り口にも靴預ける場所あって
P1010377
P1010378

ロッカーキー的な感じのも可愛くて
P1010379

この受付の人ももちろんシク教の人なのですが
たまに靴預けるとチョコレートとか
ピーナッツくれたりする優しさに、感動
P1010832

この先に進むと
布を巻かなければいけないので
一般人むけにターバンもたくさんある
P1010519

あたしがおどおどしてたら
すごい美人のインド女性がターバン巻いてくれた
P1010526

ここでターバンつけてもらって
中に進む
入り口は東西南北4つあって
どこも雰囲気違って面白いですが
これは東側の入り口
P1010384

松がインドに生えてることも衝撃。。

4方向に入り口があるのは
それもシク教の考えで
「全てを受け入れる」ということからきているそうな

入ると早速お祈りしている人
P1010387
(シク教的にお祈りとゆう表現で良いのかは、わからない。。
どちらかとゆうと感謝の表現に見える)

そして東側の門には
なんと無料でご飯を提供してくれる場所がある

シク教の「全ての人が平等に扱われる」精神からきているそうで
ここに来た人は異教徒でも誰でも
みんなが、無料でご飯を頂くことが出来ます

このご飯を提供してくれる方も
大量のお皿を洗ってくれる方も
みんなシク教のボランティア
P1010398

ご飯を食べに来る人の数はものすごいので
洗い
物の量も尋常じゃない
P1010390

このお皿をかたずける彼らの
手際良さは一見の価値あり
P1010397

もちろんお皿洗いだけじゃなくて
料理の準備してくれる方もたくさん
P1010400

最初にここに辿り着いて
かなり圧倒されてしまいましたが
それでも、優しいシク教の人たちは
「よそ者め!」みたいな目は一切しない

それどころか、こっちおいで
ここでお茶飲みなさい

と、明らかによそ者のあたしを
迎え入れてくれる

建物の中に入ると食事を取れますが
外でもチャイとかお味噌汁が振舞われてて
みんなでこーやって、あぐらかきながら頂く
P1010406

この時はおせんべいとかも配ってくれてて
P1010408

チャイかスープかは時間によって違う
P1010410

ぶっちゃけ、ちょっとこのタンクから
出てくるものをインド人に混ざって一緒に飲ませてもらうのは
お腹壊すんじゃないかと
心配だったけど
あたしも早朝に
ありがたくチャイいただいたけど
なんの問題もなかった
とゆか、とても美味しかった
P1010838

さらに驚くべきことは食事だけではなく
私は今回宿泊はしませんでしたがここには
巡礼者が無料で泊まれる宿もある
恐るべしシク教。どこまでも優しい

南京虫がいるってゆう噂だったので
あたしは別の普通の宿にしたけど
現地に行ってみて
シク教の人々はとても綺麗好きで
しっかり掃除しているので
宿泊してみるのもとてもいい経験だったろうなぁと。

彼らはいつも朝から、常に誰かがどこかを掃除してくれてる
P1010840

建物内は見学だけさせてもらったら
みんながっつりご飯頂いてた
P1010412
P1010414

出口にもお皿洗ってくれる方々と
P1010418

食事の準備してくれてる方々
P1010421
P1010422

シク教の人たち
なんとも色使いが鮮やかなので
写真がなんかものすごく濃い

美味しいチャイを頂いたあとは
ゴールデンテンプルの中にお邪魔します
P1010423

どこの入り口にもこのように
足を洗うとこがあって
P1010426

これが、とっても暖かいお湯で
2月のアムリトサル
裸足はちょー寒いので
このお湯が、もう、たまらない

足を洗って中に入ると
そこに待ち構えていたのは

ドーン
P1010429
まさに黄金寺院
みんな熱心に入る時にお祈り

中はわずかな音楽と
神聖な空気で
ゆったりとした時間が流れてた
P1010434

男性はこの中の池で
沐浴してる人がたくさん
P1010431
P1010435

この池は「アムリタ・サラス」という
不死の池と
呼ばれてて
アムリトサルとゆう町の名前の由来元らしい

2月のアムリトサル

めっちゃ寒いので
沐浴見てるだけで凍えそうだったけど

彼らにとっては
寒い、とかそんなの関係ないんだろうなぁ

P1010512

「聖地」

という言葉をこんなに肌で感じたのは初めてだった
ここは
間違いなくシク教の人々の
「聖地」だった

日本人なんて
アムリトサルには
誰もいなかった
P1010424
それどころか
インド人ばっかり
外国人自体がほとんどいない

でも、シク教の人々は
出会って初めて知ったんだけど
すっごく心が穏やかで
P1010479

誰でも受け入れてくれて
P1010450

笑顔が素敵で
とってもおしゃれで
P1010437

とにかくかっこいい
P1010688

そして男らしい
P1010521

そんな彼らが超よそ者のあたしを
優しく迎え入れてくれる場所だった

カメラを持っていると
勝手にポーズしてくれる彼ら
P1010518

なんだかとても、暖かい

彼らの穏やかなオーラ
誰でも平等に受け入れてくれる器の大きさを
着いた瞬間から、じわじわ感じて
アムリトサルにいる間
シク教の人々のことを
どんどん、どんどん、好きになってった
P1010517

あまりにも異文化すぎて
すごいありきたりすぎる表現でいやなのですが
本当に映画のセットに迷い込んでしまったような感覚。

みんなとても熱心で
P1010506
P1010682

鮮やかな女性もたくさんいて
P1010501

夕日はかっこいいし
P1010507

そして写真好きな彼らは
僕たちの写真をとってくれるなんて
ありがとうとゆってくれる
P1010416

ターバンは、切らない髪の毛を覆うために
5メートルくらいあるらしく
この男性のように
バシっと決まってる人は高さがすごい

女性はみんなモデルみたい
P1010459

そんな中、日本人が珍しいからなのか
なぜか逆に一緒に写真とってってお願いされることも多々
P1010469
P1010525
P1010654

若者はカジュアルな服装で
ひげは剃るけど、やっぱり髪の毛は覆うみたい
P1010685
最近はターバンが恥ずかしかったり
煩わしかったりで
ターバンをまかない若者もいるみたい

それにしても
美しすぎる。。。。
P1010680

惚れ込んでしまいました

アムリトサルにいる人々
P1010684

シク教だけじゃなくて
色々な宗教のインド人が集まってくる町だけど
町にはシク教の考えが浸透していて
ここにくる人は、みんな
とんでもなく穏やか
P1010696

伝わっただろうか
あたしがこの町に
惚れ込んでしまった理由

彼らの穏やかな
広い心
そしてものすごく服装がしっかりしていて
高尚な雰囲気

きっと写真から
にじみ出てると思う

シク教は出家を否定し
世俗の職業につくことをすすめているので
それでビジネスで成功した人も多いようで
だから、とても豊かな人が多い

単なるお金持ちとゆうのじゃなくてそれ以上に
服装と考えがしっかりしていて
とても心に余裕がある

だから、この町の人はこんなに穏やかなんだ。

夜はよるで
すっごい寒い中
ライトアップがまた
P1010665
P1010642

ディズニーシーみたいなおしゃれさと
それとはまた別の神聖な空気と
P1010653
この日はすごい煌びやかなライトアップ
P1010646
P1010645

また別の日の夜
これが↓多分日常のライトアップ
P1010851
P1010854
P1010859

池の真ん中にある黄金寺院の中は誰でも入れますが
入ろうとすると
我々のようなあきらか外国人な人は
タバコもってないか?
お酒持ち込んでないか?とかって質問されます

ないって答えたら
並ばせてもらえたけど
わたしは大行列に並ぶのを諦めてしまった
P1010873

入ってみたい気持ちと
彼らがあまりにも魅力的すぎて
なんか、生半可な気持ちでお邪魔するのは
申し訳なくなってしまった気持ちと、、、

朝、5時半ごろGoldenTempleに行った時も
中は敬虔なシク教の人々でいっぱいで行列は絶えなかった
P1010891

ここは24時間開かれていて
何時にいっても
シク教の人々で賑わってる

なんて素敵な場所なんだ

インド人ってうざいししつこいしってゆう
イメージあると思いますが
シク教の方々は
ほんと高貴な人が多くてみんな物腰柔らかくて
向こうから無駄に話しかけたりとかしてこないし
でもこちらが話しかけると紳士に向き合ってくれて
背筋がすっとしてて
嘘とか騙したりとかなくて

ただただ、我々を受け入れてくれる
優しいオーラを持っている

なんともかっこいい人々だった

そして背が高いんです
彼ら
P1010509
こんな人が
こどもたちのターバンを巻いてあげてる姿が
P1010510

あまりにもかっこよくて
優しくて

もうね

インドがさらに
興味深すぎて

どうしようもないよね
P1010497
惚れすぎて長くなりすぎたので
また明日

とにかく
シク教が大好きになってしまいました

次はアターリーとワガ
インドとパキスタンの国境
閉幕セレモニーへ!!


にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ

にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ バックパッカーへ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です