アムリトサルからマクロードガンジへバス旅10時間!

シク教の人々が男らしすぎて
大好きになったアムリトサル

本当に、素敵な方々だった

もっと彼らとお話ししたかったけど
これより今回の旅のメイン
マクロードガンジを目指します



マクロードガンジはダラムシャーラーとゆう町から
さらに10キロほど山を登ったところにある

アムリトサルからダラムサラまでは
バスターミナルで聞いたら
お昼の12時発か19時発の
直通のバスが1日2本あるらしい

本当はこれで行きたかったんだけど
ダラムサラまでは8時間かかるとゆうので
お昼12時発でも到着は20時頃になる見込み

日が暮れてから新しい町について
宿探しするのはちと避けたかったので
途中乗り換えながら、向かうことにした

バスターミナルで色々教えてくれるので助かった

どうやらアムリトサルからまずパタンコートとゆう
町までバスで3時間くらいで行って
パタンコートからダラムシャーラーまでまた3時間くらい乗って
最後にダラムシャーラーからマクロードガンジまで
30分くらい乗っていけるらしい

中々の長期戦だけど
アムリトサル→パタンコートは始発が4:30からあって
6時以降は3分ごとに出てるってことなので
とりあえず行けばいつでも乗れる感じ

パタンコートからダラムサラへも30分〜1時間程度の頻度で
バスが出てるってことだった
地図でみるとこんな感じ

インドとは思えないほど
親切にこれらの情報を教えてくれて
なんか、逆に不安になるぐらい笑

やっぱアムリトサル
最高だ

あたしは朝7時くらいのバスで
行ってみることにした

朝、5時頃宿出ようとしたら・・・

ひええええ
P1010823

宿のスタッフがみんな
受付で乞食みたいに寝ててびびった笑

一応、門番としているのか分からないけど
3人もいて3人とも
イビキかいて寝てて
門番の役目を全く果たしてない

あたしがチェックアウトで起こしたら
ものすごく不機嫌だったw

外はまだ真っ暗
P1010825

最後にもう一度
ゴールデンテンプルに行っておきたかったのです

5時にいってももうボランティアの人たちは
せっせと巡礼者への無料の食事を作ってくれてて
結構人たくさんいた
P1010826

あたしはゴールデンテンプルのすぐ近くにある
激安立ち食いCafeへ
P1010827

ここなんと、コーヒー15ルピー
メギ15ルピー
このセットしめて30ルピー(約50円)
P1010829

安い!

そして、この喧騒の町インドで
このコーヒーとメギのとんでもない安心感
うまい
体にも心にも優しすぎる

ゴールデンテンプルの中は
本当にみんな朝早くてびっくりしたけど
ご覧の通り
P1010831

みんな灰色の毛布みたいなのかぶってるけど
2月のアムリトサルの朝はめっちゃ寒い
P1010834
P1010837

ここでチャイを頂いて
P1010838

中に入ると
P1010841

どぅーん
P1010842

輝いてる

このゴールデンテンプルは
町からちょっとだけ低いところに作られてて
階段を降りるとこの空間が
広がってる不思議な作り

これは、普段よりもう一段
身を低めるように、とゆうことらしい

そんな考えもシク教らしいし
本当にみんなこの階段に一歩足を踏み入れる前にもお辞儀して
中に踏み入れたあとも
熱心にお祈りしてた

後から知ったのですが朝4時から5時まで
この金色の寺院に聖典を写すセレモニーをやっているらしく
どうせならもっと早くいってそれを見たかった
P1010853

それにしてもみんな朝早い
P1010866

あたしがいった時はちょうど
お経でもコーランでもないけど
なんかシク教のそうゆう何かが行われてる時間だった
P1010891

最後にまたここを一周して
シク教の方々の
素敵な空気をいっぱい頂いて
お別れ。

本当に意外すぎるほど
いい町だった
全然いってみるまで、知らなかった

観光客もほとんどいないし
がっつりシク教の人々の空気を感じられるからまじでおすすめです

バスターミナルはゴールデンテンプルから1キロチョイ
P1010906

荷物あるのでリクシャで行った

そして

ついてみて

唖然とした・・・・・・・・・・・
P1010912

え・・・

あたし・・・

こんなバス乗んの?!?!?!!!!!
P1010909

一気に不安になった

景色見れるし
旅中の長距離バス移動は大好きな私ですが

まさか・・・

このボロさは
ちと想像してなかった。。

あたしの考えが甘かったのか
インド、侮るなかれ・・・笑

でもちょっと歩いてみると
少しはまともなバスもあって
P1010910

お!あんなやつがいい!
と祈るような気持ちでバス乗り場へ

55番乗り場がパタンコート行き
アムリトサルからパタンコートまでは115ルピー

特にチケットとかはいらなくて
そこに来たバスに乗り込んで
中でお金払う形式

バスターミナルには
ちっちゃいけど売店あり
P1010913

そしてあたしのバスは・・・

P1010915

おっ・・・おう

さっきの願いも虚しく
案の定
超絶オンボロだった。笑
P1010916
P1010918

もちろんエアコンとかない
P1010919

さすがだぜインド

最初はちょっとおののいたけど
なんか
だんだん
これが旅だろー!!
って気持ちになってきた

で本当に乗り込んだ瞬間に出発して
アムリトサル→パタンコート行きのバスは
頻繁にあるっぽかった

出発してしばらくすると
霧に包まれたのですが
朝焼けが
めっちゃ綺麗
P1010923

ただの霧なのか
はたまた空気汚染なのかは
全然わからないですが

なにこれ?
インド?
P1010929
P1010942

大自然の中を走って
すごく気分よかった

インドにもこんな
自然あるのか、って

ついついインドは街中のイメージが強いからびっくりする

そして突如

ッパーーーーン!!!!!!

え・・・

また・・・?

昨日も銃声みたいなの聞こえて
まじびびったらただの爆竹で
インド人に笑われたけど

またしても
テロかと思うほどの爆発音に
超びびる

結果、パンクだった。

アムリトサルを出発して
約30分

早速バスがパンクして
高速道路に降ろされて
路頭に迷う僕たち。
P1010945
P1010944
P1010949

うわあ
ハプニング来たー!!
とか思って写真とかとってテンション上がってるのは
あたしだけ

みんな超冷静。笑

それもそのはず

後からわかったんだけど
その後、後続の
パタンコート行きのバスがまたすぐ通りかかったので
すぐさまそのバスに
乗せてもらえることになったんだけど

そう、みんなのあのかなり冷静な態度は
パンク慣れしてるからだった。笑

ふ〜一安心。
パンクした瞬間、あたしはこのまま
高速に何時間も取り残されるのかと思ったけど
3分ごとに出てるから
次のバスに乗れるってゆう
助け舟があったんですね

乗り込んだ次のバスは結構パンパン
P1010950

綺麗な朝焼けを見てたのに
パンク騒動でそれどころじゃなくなっちゃった

ちょいちょい色んな町によって人乗せてあげて
P1010953
P1010954

ザ・インドって感じの光景が広がってるのですが
そうかと思えば
こんな綺麗な緑があったり
P1010962

広いわ、インド

そして朝7時にアムリトサルを出発して
10時20分にパタンコート到着!
P1010971

お次はパタンコートからダラムサラ行きのバスですが
10時半発があったので
すぐ乗れたんだけど
お腹空いたから、もう一本後で行くことにした
P1010965

この食堂もあるけど
売店でコロッケパンとかも売ってたから
パンだけ買ってすぐ次のバス乗ってもよかったかな

でもここで食べたメギが
またねーー
なんてことないこのベジメギが
うまいんだなーーーー
P1010968

B級グルメだけど
ほんとメギ好き

お腹も満たされたのでいざ!
次はダラムシャーラーへ
P1010973

11:30
13番乗り場に
ダラムサラ行きのバスが待っていてくれましたが
P1010997

さっきのよりさらにやばい!笑
P1010975
P1010976

これは人生で最も汚いバスだったことは間違いない笑

これで135ルピー

こっからの移動はまた景色が面白くて
今までのぐしゃっとした汚いインドとは
なんかちょっと建物からして違う

P1010981
P1010982

この辺はイスラムが多いかららしい

そしてそっから
爆睡してたのですが
今度目が覚めると
P1010984

え・・

ここは日本か・・・?
P1010988

超綺麗な段々畑が広がってた
インドで
こんな景色があるなんて
もう、本当道中衝撃だらけ

さらにしばらくいくと
今度は
ヨーロッパかってゆう景色が!!
P1020003

畑と家々が可愛いし
なにより

後ろにそびえ立つ
雪山ーーーー!!!!!!!!!
P1020006

一気にテンションあがります
P1020012
P1020020

日本だって、一生かけても
全ての場所には行ききれないけど
ほんと、インドはそれ以上に無理だ

すごい

この雪山が見えてきて
ついにマクロードガンジに
近づいてきてること感じてワクワク

そして15時15分
ダラムサラ到着!!
P1020026

ここまでくるともう辺りには
たくさんのチベット僧の人がいます

そしてそれまで
バス降りた瞬間にたくさんのうざいぐらいの勧誘があったのに

ここでは、突如
みんなノータッチ

え。。。

インドのあの降り立った瞬間に
群がってくるうざくてしつこい勧誘は
本当嫌いですが、誰もよってきてくれないと
それはそれで
まじでどこいったらいいか分からない

おーーい
誰かーーー笑

しっかし派手だ、インドのバス
P1020025</a >

そしてしばらくして
ダラムサラから
最終目的地マクロードガンジ行きのバスが到着

乗り込んで衝撃
めっちゃ乗りごごちいい
P1020027

コンセントとかあるし
何よりシートがふかふかしている涙
P1020028

なぜ最後に30分しか乗らないバスが
一番良いバスなんだーー
と嘆きたくなるw

マクロードガンジまではたった20ルピーで
1時間もかからず到着
P1020035

やばい・・・

最高すぎる。

やっと、やっと

たどり着いた!!!!

このたどり着いた感と
そこに待ち構えてくれてる景色がもうほんと、最高!
さーーーてっ

お邪魔しましょう

山奥のチベット僧が暮らす
マクロードガンジ 

にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ

にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です