ラダックの雄大な道が綺麗すぎる!サスポール&アルチへ

さて
昨日1日レーの街を散策しただけで
めちゃくちゃ感動して
まだツアー始まってもいないのに
ラダックに魅力されまくっていましたが
いよいよ出発です@AM7:00


我々はダーの村とラダックの西部を巡る3泊4日のツアー
GNHトラベルさんのツアーに申し込みました

予定は以下

0日目 レーの町で高地順応
1日目 レーからスクルブチャンの町へ移動し民泊
2日目 スクルブチャンからダーへ移動しベマでテント泊
3日目 チクタン、ムルベクを巡りシェルゴルでテント泊
4日目 西ラダック、ラマユルゴンパを巡りレーに戻る

今回のツアーはガイドさんはおりませんが
ラダックに通い続けている
写真家の山本高樹さんが一緒にまわってくれるという
スペシャルすぎるツアー

しかも今回、山本さんの古くからの友人の
ラダック、しかもダーの村出身の
現地に精通しているツゥンドゥプさんが
一緒に回ってくれて
色々と案内してくれるというもう
夢のようなツアー

車を2台チャーターして
運転手2名
ツアー参加者4名
プラス山本さん&トゥンドゥプ

合計8名のパーティー

出発だああああ!!!!!!!!!!

まずは
レーの街から車を西に走らせるのですが
もう・・・

出発した瞬間から感動の嵐
P1190667

P1190671

青空と、山の広大な景色が
永遠に広がっている
P1190676

なんだこれは
これはどこなんだ一体・・・

なんなんですか
こんな景色みたことない

なんの名所でもないただの道
永遠に続く山々が
あまりにも素敵すぎて
本当にためいきでた。

恐るべしラダック

そして、映画「きっと、うまくいく」
のシーンにも出てきた道

“MAGNETIC HILL”がこちら
P1190677

P1190673

P1190678

インダス川とザンスカール川の合流地点
P1190680

一瞬、インダス川とガンジス川を
混同してしまったわたしは

「こんなところからガンジス川ってつながってるんだー!!」

と興奮してしまいましたが、勘違い
これは、インダス川。
P1190685

P1190687

P1190688

ブータンにいった時にも思ったのですが
なぜこんな広大な自然の中なのに
川が汚いのか?!
なぜ灰色なのか?!

日本の山奥、奥入瀬とか上高地とかみたいな
きれいな深い青い川じゃないのは
なぜなのか

ずっと気になっていたのですが
雪解け水で土が流れ込む影響で
この時期は川がこうゆう色になるとのことでした

なるほど!!!

だから
それがおさまった
秋になると
ここは、グッと深い青い川になって
またガラっと違う景色になるんだそう

ああああ
それもみたい
また秋にもラダックに来たい

早くも次回を考えてしまう
P1190689

P1190691

一行はとりあえず朝ごはんのため
小さな街に立ちよります
ニモー?ニムー?という街だったかな?うる覚え。。
P1190692

職人みたいな手つきでふっくらした
「プーリー」を作り上げてくれるお兄さん
P1190693

プーリーはインドの伝統料理
揚げたナンみたいなやつ
カレーにつけて食べるのがめっちゃうまい!
P1190694

お次はバスゴーBasgoの街を眺めます
P1190699

P1190701

山の中に突然現れる緑の街
なんで、本当にこんな山の中に
人が暮らしているのか

いつからここに暮らしているのか
なんでみんな転々としているのか

もういろんなことが不思議

ちなみにここバスゴーの街はお正月が面白いらしく
代表の人(?)にみんなでどんどん
白い布をつけていって
頭が白いアフロみたいな状態になるまで布をつけて
そしてその男性が最後には
川に全裸でダイブするんだそう

どうゆう状態なのか?!笑

それにしても
ラダック
道路がすっごくきれいでとてもびっくりした
P1190704

ブータンの悪夢再来で
すごいガッタガタの道を
何時間も揺られて移動するのだと思い込んできたわたしには
かなり衝撃的でした

とにかくずーっと広くて
アスファルトで整備されている道路が
ひたすら続いている

なぜこんな遠く離れたインドの山奥の道が
こんなに整備されてるんだ

なぜだ
なぜだ。

答えは

そう、ここラダックはインド北部で
中国とパキスタンとの国境付近にあたる場所
で、インド、中国、パキスタンがみんな領有権を
主張している地域のため

今も国境線は点線の状態

よってここはインド政府にとって
もっとも軍に力を入れるべき地域なんですね

で、軍が使うから
軍が通るから
紛争地帯だから
最重要視して、道を整備せねば!

とゆうことで

ラダックの道路を整えることに政府が力を入れたため
ここは、こんなに道が整備されているんですね

紛争があるからこそ
道路が整備されていてきれい

とは、なんだか切ないなぁと最初は思いましたが

とはいえ、ここ10年以上
実際の紛争はおこっていないらしく
別にだから危険、ということでは全くないようです

ラダックをドライブしていると
すごく大量の軍の車に遭遇して
何十台の軍のトラックがいっぽんみちに
ずらーっと並んでいる光景を
何度も目にしました

最初は、恥ずかしながら無知なわたしは
軍がこんなにたくさんいる地域だとは知らなかったので
その光景に驚いたし
そんな紛争はおいておいて

ただこの地方で暮らしている
ラダックの優しい民族とのギャップがすごかった

道がとにかく整っていて嬉しかったけど
そうゆう背景があるおかげなんだなぁと思うと
なんともいえない気持ちになったし
逆に、ガッタガタで全然思うように進めないような道は
まぁそれはそれで別に軍が通ることを想定しているわけじゃないから

ガタガタでもいっかー

ってことなんだろうと思うと
道が整っていないのは
ある意味そこの地域の平和を表しているのかもしれないな

と新しい視点になりました

道が発展している=軍が通るため
とは、東京で生活している限り考えたことなかったので

文化や国の発展を表すと共に
そうゆう政治的背景があることもあるんだなぁと。

でもやっぱり、どうゆう理由であれ
道が整っているとゆうのは
何かしら国がそこに力を入れるべき
理由が存在するんですね

さらに、でもやっぱりラダックのこの
優しい地域が今も生き残っているのは
中国に弾圧されずに

「インド」とゆう国に属しているからこそ

成り立っているとゆうことを強く感じました

まだチベットにいったことはありませんが
中国に弾圧されてしまったチベットよりも
チベット仏教が根強く残っている

この貴重なラダック。

彼らが、このラダックの民族が
今後も彼ららしく生き残るためには
インドに属しているのが彼らのためにきっと
一番いいいんだろうなーって

私個人的には思いました。

とりあえず

色々考えさせられましたが
とにかくラダックに行くにあたって
車酔いするかなー道路状況ひどいかなー
と心配されている方は
ご安心ください

もちろんカーブはたくさんありますが
超きれいなアスファルトがずーっと続いているので
車酔いを心配する必要はあんまりありません

そして次に我々が到着した先は

「サスポール」

サスポールの村にある
ニダプクゴンパ
P1190707

P1190710

ここを登った先に
小さな洞窟?みたいな中に
ほんとに5mくらいしかない空間があって
そこに無数の仏画が描かれている場所がありましたP1190720

すっごい細くて
しかもみんな違う表情で
P1190721

P1190728

すごい。

山本さんは最初にここに来た時
2時間くらい
この空間でずっと見惚れていたそう

こんな小さな入り口の中に
P1190732

こんな絵が描かれているなんて
外からは想像もできないよなぁ
P1190733

P1190735

下に降りていくと
草を背負っている青年たちに遭遇
P1190739

この草があるいているような光景
今後、なんども目にすることになるのですが
本当にこの人たちは
自分たちの体を使って

「生きてる」なぁ
P1190740

P1190742

P1190748

サスポールを通過して次についたのは
ツアー一緒だった方の
今回ラダック3回目とゆうベテランの方が
「どうしても行きたい!!!」

とゆっていた

【アルチ】

なんとなく
見てもないのに
アルチ

ってゆう響き
いいなっておもった
P1190756

ここにもいちを
ゲストハウスとかあったので
宿泊もできる模様
P1190761

P1190762

この天井画が美しい
P1190763

そしてこの建物のなかに
アルチ最大の魅力の
青い色気のある女性の絵があるのですが・・・P1190764

建物内は、撮影禁止
無念!

写真はとれないけど
もう一度見たいとゆっていた
そのツアー一緒だった方の気持ちが
その絵をみて、初めてわかりました

行くまでは写真撮影できないなら。。うーん
ぐらいな気持ちでしかなかったですが
西方面にラダック旅するならば
アルチに立ち寄るべし

すっごく本当にその絵が魅力的。
それにしても
空がきれいだ
P1190778

たまに
牛の大群にであったり
馬に道路封鎖されたり
P1190786

お昼は名前忘れてしまいましたが
ダー方面への行くかラマユルの方に行くかの
分かれ道にあたる町にお邪魔
P1190790

P1190791

P1190788

シンガポールでも大変お世話になっている
チーズ&オニオンのOmllet 80ルピー
P1190789

その先のILPがないと入れない地域では
こんな感じのチェックポイントがあり
パスポート出します
デコトラがすげえ
P1190793

地表もすげえ
P1190795

すごすぎるラダック
ふとあらわれる街がまた
かわいいんだなぁ
P1190800

そして突然
ドライバーさんがストップ

「ここに石に描かれた絵があるから見に行こう」

とゆうことでまったく予定にはなかった場所に立ち寄る
こうゆうラフさもまた
ラダックらしくていいなぁ
P1190803

ここはこの看板通り
[DOMKHAR ROCH ART HERITAGE GARDEN]
P1190808

P1190810

P1190814

こんな感じで
石に絵が書かれているのですが
管理人のおじさんに聞いてびっくり

なんとこれ
2000年以上前にかかれたんだとか

ひぇーーーー?!?!?!

そりゃたまげた
と思いながら歩いていると
P1190826

↑こんな感じの明らかに
現代にかいたでしょ!とゆう落書きみたいなのも

混ざってました

目の前はインダス川
P1190821

アプリコットがなってる
お庭の雰囲気がまた素敵
P1190828

P1190829

そして管理人のおじさんが
とりあえずお茶していきなさい!

とゆうことで
突如、お宅にお邪魔することに

お邪魔してびっくり

え。

私たちが来ること
予測していたんですか??!

と思うほどめっちゃ客間が整ってて
すでにお茶菓子が並んでいる
P1190835

すごいなぁ
ブータン同様
とりあえず「お茶」という文化があるようで
こちらのお宅も
いつ誰が来てもいいように
すごくきれいに準備されていました

大おじいちゃんもでてきてくれました
P1190845

チャイをせっせと運んでくれます
P1190848

ここで食べた
あんずが
めーっちゃくちゃおいしかった!!!!!!!
P1190850

ラダックでは
「あんずを食べ過ぎるとお腹壊すから食べ過ぎちゃだめよ!」
と昔から言われているらしいです

日本でゆうスイカみたいな感じかな?
でもまぁ私、別にあんずそんなすきじゃないし大丈夫ー
とか思ってたのですが

一口いただいて驚愕

あ・・・あんず?!?!

ここでいただいたあんずは
私たち日本人が知っているあんずとは
全く別物でした
あんずの形をした

「白桃」でした!!!!!!

いやーーーーあんずがこんなに美味しいとは。
本当に桃の味がして
めちゃくちゃおいしかった

お腹壊すから食べ過ぎちゃだめって言われたのに
何個も食べてしまった
親に注意されても食べちゃう子供の気持ちがわかった
P1190853

外ではあんずの収穫をしているママさん
収穫といえど
このながーい棒で気をゆすって落とす方式
P1190855

こうして
これまだツアー1日目にして
ものすごく濃い時間を過ごしたのですが

このあとついた
スクルブチャンの街が
最高に素敵だったのです....

長くなったので次に続きます!!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です