夢のブータン ポプジカへガンテ・ゴンパからハイキング!絶対ここだけは外せない

2016年06月23-29日6泊7日
微笑みの国ブータン旅行2日目

□1日目 シンガポールからパロに飛び、そこからワンデュポタンへ移動
■2日目 ワンデュポタンからポプジカへ移動し農家泊
□3日目 ポプジカからプナカへ
□4日目 プナカから首都ティンプーへ移動 お城巡り
□5日目 ルンタとブルーポピーを見にドチュラ峠ハイキングしてパロへ
□6日目 タクツァン僧院ハイキングしてパロ市内観光
□7日目 朝発でシンガポールに帰ります

ホテルの朝食はやっぱり卵料理
オムレツかスクランブルエッグか聞いてくれたのでオムレツチョイス
P1170722

バター炒めで美味しい
めっちゃ美味しいのですが塩こしょう以外
味付けするものが置いてないので
よくポテトフライについてる小さいケチャップを
もっていくといいかも
ブータンではほとんどケチャップを見なかった


そして朝9時にホテルを出発して
ちょこっとBajo town
バージョータウンを散策
P1170725

ほんと小さな町
多分はじからはじまで5分くらいで歩けちゃうくらいだけど
ブータンの町に初めて触れ合った瞬間で色々新鮮だった

まず、かの有名な
ブータンには信号がないという情報
P1170726

こんな感じで今世界でも注目されてる
ラウンドアバウト
ありましたありました

タクシーの運転手が結構声かけてきたけど
明らかに我々旅行者にはドライバーがついてるのに
誰が乗るんだろう?

街中のショップは駄菓子屋さんみたいなのや
携帯ショップや人形もうってた
P1170730

ブータンでも携帯発達してるんですね!

人形とゆうのはこちらのDORAMAN
P1170733

誰?笑

みんなのんびり過ごしていて
ボードゲームしてる人もいた
P1170735

ちょっと遠く眺めてたら
Come onとゆってくれて写真とらせてくれた
これはこの人が握ってる赤いやつをすべらせて
残りの的を穴に落とす
ビリヤード的な遊び
ブータンではメジャーなボードゲームらしい

市場もあった
P1170738

ブータンでは必須の唐辛子
これでもかってほどたくさん売ってた
P1170739
P1170744

町を少し離れると
すぐにたくさんの棚田
P1170746

棚田がでかすぎて広すぎて
全然写真におさめきれない

そして我々一向はポプジカを目指してドライブ
ここからの道が
ほんとやばかった
P1170754

こんな感じの崖ギリギリの
ガッタガタのやばいクネクネ道を
ひたすら走ります

すごい揺れるので寝ようと思っても
中々寝られない
そしてようやく寝れそうだな、と思った時に
車が停車した

ガイドのツェンチョさんがすごく普通に
「ここから先は今ちょっと工事してるので
しばらく進めないのでお休みしましょう」

おお!まじか

驚くこともなくすんなり車を停車させてみんなが
外の空気を吸っていて
あぁ、これは日常のことなんだと思って
私たちものんびり外の空気吸ってゆっくりお休み
P1170757

でも改めて車からでてみると
やっぱりすぐそこが
すげー崖なことに気付いて若干びびる!笑

しばらく休んでると突然
正面の工事現場ですごい土砂崩れ発生。。。
ゴゴゴオッゴオオオオオオ

え。。
わたし、ほんと何十人も死んだんじゃないかと思ったほど
すごい勢いで岩が落ちてきてた

この時の動画を撮りそびれたのが本当後悔
で30秒くらいの長い土砂崩れが終わった

ツェンチョさんとドライバーのニマさんが
「これはちょっとすぐには終わらなそうですね。。
ちょっと歩くとレストランがあるのであちらで休みましょう」
P1170759

とゆうことで案内してもらったレストランへ

車がとまってみんな暇を持て余してるので
このレストランも大混雑
おかげでもうご飯は売り切れた!とゆうことで
我々はNoodleを注文
P1170770

これが
ちょーうまかった

多分、ただの日本のうまかっちゃんとかの
インスタントラーメンみたいな感じなんだろうけど
なんでだろう山で食べるからかな
うんめーーー

そして付け合わせにこの
唐辛子をかじって食べるのがブータン風!
P1170771

このままガリガリいくとからすぎるから
塩をちょっとつけて食べるのがイイって教えてくれたので
その通りにしてみたら
ピリ辛ラーメンみたいな感じで楽しめた

外出るとカップラーメン食べてる少年
P1170765

ブータン人もカップラーメン
食べるのか・・・

ここでも衝撃。

そのあと遠くでなにやら喧嘩
ツェンチョさんになにしてるのか聞いたところ

「さっきの大きな土砂崩れで、もう、すぐには
終わらないことが分かって工事していたインド人が
工事をいったんやめてお昼休憩はじめちゃったんです
それに対してブータンの人が
ちゃんと仕事しろ!休んでる場合じゃないだろ!
と、喧嘩しているところです」
とのこと
P1170767

なるほど・・
日本でも一大事に突如お昼休憩行かれたら
そりゃ怒るよな〜とか思いながら
こりゃもう今日は1日ここに缶詰かもって覚悟した

でも外にはブータンの伝統服
ゴをきたイケメンがたくさんいるので私たちは結構この場所楽しかった
P1170772

ゴをきてるだけでキリっとした
男性っぽいオーラがでて
かなりプラスされる気がする!

さてそんなこんなでお散歩して
お話してご飯たべて2時間くらいしたところで
突如道が開通した!!!
以外と早かった
インド人さんきゅー!

またもすごいガタガタ道を通ってようやく
今日の目的地
「ガンテ・ゴンパ」に到着

ここは1613年に建てられたお寺
P1170790

ついた時は雨降ってたけど
私たちが歩き始めたら止んだ

P1170795

この真ん中の大きいのが
ツェンチョさんの日本語訳によると
「二番目お釈迦様」

そしてお寺はマニ車で覆われています
P1170798

このマニ車にはお経がかかれていて
これを時計周りに回すことで
お経を唱えたことに相当するとかで
みんな1つ1つ大切に回していきます

日本でゆう南無阿弥陀のような有名なものは
ブータンでは
ホーマニペッメッホンとゆうらしく
私たちもホーマニペッメッホンと唱えながら
1つ1つ回します

P1170803

ここではお坊さんも暮らしていて
洗濯物が個性的で素敵
P1170808
P1170812

お話する機会はなかったので
勝手に後ろ姿
いただきました
P1170816

こんなに小さい子もいるんだなぁ
そして小さい子から
おばあちゃんまでみんなが
お参りにきていて
すごく敬虔な仏教徒の心を感じられた気がした
P1170826

外を歩くと屋根にも洗濯物
P1170831

写真とるために飾ってくれてるんじゃないかってくらい
可愛く干されてる

そこからそのまま歩いていくとちょっとした町がある
P1170837
P1170840
P1170842

その先にあったこちらの建物
P1170848

「Gangteng Cafe」
ガンテ・カフェ
P1170852

本当はこの日はハイキングの途中で
ピクニックする予定だったけど
途中の道で2時間以上足止めくらっちゃったので
ピクニックはなくなっちゃいましたが
かわりにここでようやくランチ
時はすでに16:30。

とりあえずビール
P1170857

そしてさっきヌードル間食したうちらには
多すぎるほどのご飯が出てきたけど
美味しいからこれまたもりもり食べちゃう
P1170859

左下からミックスベジタブル
ジャガイモと何かの葉っぱ会え
唐辛子とチーズのイマダチー
卵のオムレツ
ほうれん草のバターいため
ジャガイモバター炒め

どれも新鮮な野菜だらけでとっても美味しい!!

外にでると子供たちが楽しそうに走り回ってた
P1170865

なんか、もうね
幸せですねこうゆう光景だけで

そしてさっきまで雨だったのが
嘘だったかのような

快晴!!!!!!
P1170872

くうぅ〜〜〜ありがとう神様!!
晴れたので我々はここからそのまま
ポプジカの谷へ
ハイキングに出かけます
P1170874
P1170876

ここからのハイキングが私的に
ブータンの中で最高の瞬間だったんじゃないか
ってくらい
本当に素敵な景色の連続だった

P1170879

お坊さんと普通の道を歩いて抜けた先には
ハイキングコース

P1170883
P1170886
GANGTAY NATURE TRAIL
ガンテ・ネイチャー・トレイル

ここは・・・

スイスか・・・?

ちょっと歩くとすぐに
お花や牛や色んな実やキノコとか色んなものに遭遇
P1170894

ツェンチョさんドヤ顔で
「ドウゾ」

ごめん。いらないw

P1170899
P1170911
P1170919

緑に囲まれて、牛や川を傍目にこえて
のーんびり歩きます
かかしみたいなのもあった
P1170921

その辺に牛が溢れまくってる
P1170927
P1170930

ツェンチョさんが牛に果敢に挑んた一枚
P1170935
牛は全く動じない。

牛がこれだけいるってことは

うん

P1170943

ものすごいたくさんのう○ちもいっぱい
P1170944
↑この黒いのぜーんぶそう!

そしてこの林道を抜けると

もう
IMG_2592

それは
IMG_2586

すごい景色が

P1170949
P1170951

ツェンチョさん
絵になりすぎる
すごい
大自然ってこゆこと・・・

緑が綺麗すぎて
言葉がでない

ここは阿蘇?スイス?
最初めっちゃ阿蘇山に似てる!って思ったけど

そんなもんじゃない。。

ここは

ブータン。
P1170957
P1170962
P1170966

この美しすぎる草原は冬になると
鶴の居場所になるので立ち入り禁止になるらしい
よかった。
この時期に来てこの緑に囲まれて
ここでのんびりできて本当よかった

でもその鶴はつるでとても魅力的で
なんとオグロツルという鶴が
冬を越しに中国からブータンまで飛んでくるのだとか!
鶴をみるための展望台(見張り台?)も近くにありました

P1170969

この靴と、屋久島行ってから
旅する時はこのTimberって感じになって
あっとゆう間にここで9か国目

いつもたくさん歩かせてくれてありがとね

でもこの阿蘇ならぬブータンの草原を歩いてる時
なんか靴すらウキウキしてるよな気がしたよ

ここでも私はさっき飲んだビールが我慢しきれなくて
青空トイレ
どうもです!!

しばらく3人でごろーんと芝生でお昼寝して
最高に気持ちよかった
太陽が温かい

日も暮れてきたので
帰路につきます

P1170974

雲が入ってきたこの感じもまた
素敵

そして本日のお宿
ポプジカの農家
民泊させて頂けるガンテ・ファームハウスへ到着!!!
P1170980
P1170983

なになに?!
もうついた瞬間におかみさんみたいな素敵な女性が
牛をたしなめてて出迎えてくれて
もうその時点で
度肝抜かれる。w

たくさんの子供たちが迎えてくれた
P1170986
P1170989
P1170990

可愛いぞーーー
興奮のあまりピンとぼけぼけ

そしていよいよおうちにお邪魔します

テレビあり!
P1170998

暖炉あり!
P1180001
みんなでこの暖炉を囲って
あぐらかくのが
ブータン風らしい
P1180002

我々もブータン風にならって
あぐらかいて食卓を囲ませて頂きます
P1180018

晩御飯

とっても美味しかったーー
ーー
P1180019

唐辛子とチーズであえたイマダチーに
じゃがいもポテト和えと唐辛子の何かと赤飯みたいな
赤い色をした純粋なご飯

みんなで言葉は違えど
コミュニケーションをとりながら
暖炉を囲んで食べる食卓は
本当に幸せの極みでした

ありがとうブータン

かの有名なブータンの焼酎「アラ」も出してくれました
P1180023

左は牛乳や豆腐をつくったあとの残りの水分
真ん中がアラ
右は紅茶にブータンのお菓子米粉みたいなのをいれたもの

どれも独特な味!

そして部屋に案内されてさらにびっくり
P1180027
P1180030

ベットーーーー!!!
しかもめっちゃ整ってるーー!!!
バスタオルまで用意されてるーー!!!!!!!!

もう
本当に至れり尽せり
ありがとうございます
言葉が出ない

この後ブータンの伝統式お風呂
「ドツォ」を楽しませて頂きました
IMG_2622

すっごい伝わりづらいと思うのですが石焼風呂といって
こんな感じでお風呂にはよもぎ?の葉っぱとか
いろいろ入れてくれてすごくいい香りになっていて
左側の壁から外側は本当に野外で
そこに焼いた石を入れてくれて
お湯が温まるスタイル
IMG_2623

ありがとう!!

お風呂ちょー久しぶりに入れてほんと嬉しかった
IMG_2634

お風呂上りはブータンのビールを頂いて
色んなお話しましたとさ
もう、泊めてくださって本当にありがとうございます!!

明日は首都プナカへ行って
市内観光するぞーーー!!!!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です