ラルンガルゴンパへの道③炉霍からなんと抜け道?!ついに到達・・・

6月25日
AM4:00に成都を出発し

15:30 炉霍ルーホーに到着し車を乗り換え
16:00 炉霍ルーホーを出発し
らるん

ついに我々はラルンガルゴンパを目指す。。。



ついにとゆうけれどもまだ成都をでて
約12時間

こんなにあっとゆう間に
ラルンガルゴンパにつけちゃっていいの?!

ってゆう拍子抜け感と共に
車は動きだした

ルーホーで交渉した時に確かに
「ワンダも色達も通らない、検問のない道がある」
と言っていた

でも、そんな道知らない
そんな道は地図に載ってないからありえない。
って思ってた。
って思ってた。。

でも、かけてみるしかないから自分たちの
英語の聞き間違えではないことを願って
進んで行くと

確かにGPSは

道無き道を進みだした・・・!
fullsizeoutput_48c6

むむむ?笑

確かに色達も、扇達も通らない

第三のルートを
突き進んでるぞ・・?笑
BlogPaint

自分たちが一体どこにいて
どこに向かっているのか
この道がどこに続いているのか

全く分からなかったけど
ただドライバーBが
とっても陽気で

うちらにお菓子をくれたり
色んな絶景ポイントを教えてくれたりして

絶対みんなが知らないような
山道をひたすらドライブして

ここまでずっと緊張してたうちらは
検問に捕まるかもしれない恐怖から
なぜか、ラルンを目前に解放されて

楽しいひと時を過ごしたことは間違いない。

この第三のルートは本当に
地元の人だけが通る道みたいで
ガタガタな部分も多いけど

標高4000m以上の高地なので
どこをとっても超絶景
P1090274

これからラルンガルゴンパに向かうんだ
ってゆう緊張感は一気に消えて

普通に車の外に出て
写真撮って大騒ぎしてた
P1090287

山の中にいるおかげで
検問をすり抜けられたのかとか
よく分からないけど

ずーっとおしゃべりして

気がついたら・・・

25日19:15

中国の旗がたくさん吊るされてる道に出て
P1090301

ついにラルンガルゴンパの入り口に辿り着いた
P1090302

うおおおお
ちょっと
うちら
ラルンガルゴンパにつけちゃったよ
どうしよう

え、うそ?!?!
こんな突然?!?!

とゆう訳わからない気持ちで
車は中の駐車場に進んで行く

入る時に最後の簡易検問ポイントっぽいがあったので

うちらはいざ捕まった場合に備えて
必殺、寝てるフリ!!

でも、無事特に何かをチェックされることなく
スルー。

こうして無事駐車場にたどり着き
私たちは車を降りた

周りには意外にも中国人の観光客が多くて
かなり派手な服装だったので
別に私たちも浮いたりはしてなかった(はず)

でも、ここで捕まるとやばいので
怖くて一言も言葉を発しなかった

ただ無言で
ドライバーBが私たちの荷物を持ってくれて

ラルンガルゴンパの中腹に
バスで向かうことになった
バスは一人3元

とりあえずバスに乗り込んだ

まだ明るい時間帯にラルンガルゴンパに
到着するなんて想定してなかったし
そもそも、こんなバスがあること自体
知らなかったし周りは中国人だらけで
どこに私服警官がいるかわからないから
相当緊張した

けど、このバスに乗って
どんどん上に上がって行った時

今まで夢見てきた

あの赤い家々が
突然、見えてきた

ずーっと思い描いていた赤い家たちが
どんどん近づいてくる

このバスに乗っていた時のあの感動を

どう伝えたらいいのか

この瞬間が一番
緊張と興奮と感動とが入り混じった瞬間だった

声を出すことはできない
けど、あの景色が

確かに夢にまで見たあの景色が

私達の目の前に
広がってる

絶対に声をだしてはいけない
あの瞬間に感じた
どうしようもない興奮

心臓の音が漏れるんじゃないかって不安になる
小説にありそうな感覚。笑

そしてエミレーツは
そんな興奮と緊張とで
気持ちが高まりまくってる中

さらに、尿意と戦っていた!!!笑

もう見えてきた瞬間に
感動で漏らしそうなうちらだったけど
とにかく黙って上を目指さなければいけなくて

色々やばかったw
そしてバスが上に到着した瞬間にまずは

夢のラルンガルゴンパに到着して
真っ先にエミレーツは

トイレに走りだした!笑

もう、ほんと面白いやつだぜ相棒

そしてドライバーBは
通りすがりの尼さんたちとなにやら話をしていて
しばらくして話が落ち着いたみたいだった

私とドライバーBは言葉が通じないので
ルーホーにいた英語が話せる人に電話を繋いで
通訳してもらったところ

「ドライバーBが交渉して
お前達二人は、これから尼さんの家に
2晩泊めてもらえることになったぞ。

これで、ミッション成功だ!やったな!

費用は1000元をドライバーに渡してくれ。
尼さん家の宿泊代は特になし、ただだ。」

おおおおお
私達、本当に
ラルンガルゴンパについたんだ。。。

しかも、まさかのホテルじゃなくて
尼さんのお家に泊めてもらえるなんて

なんとゆう奇跡。。。

ホテルだと公安に
日本人がいるって通報される可能性もあるって話だったし

せっかくここまできて
尼さんのお家でお世話になれるなんて
本当に夢のよう

ドライバーBに
てんこ盛りの感謝を伝えた

チベット語でありがとうは
カーディンチェーとか
クワァディンチぃーとか
クゥァデンチィーとかそんな感じ
(ブータンとはちょっと発音が違うっぽかった)

そして交渉が終わったらちょうど
トイレに直行してたエミレーツが帰ってきました

そんなエミレーツは
ようやく夢のラルンガルゴンパに到着して

この景色を自分の目で見ることができて
トイレから帰ってきた彼女は

泣いていた。笑

エミレーーーツ!!!!!

私もまだ本当に辿り着いたのか
実感が湧かない中
エミレーツの涙をみて

うん、多分私達
導かれてここまで来れたんだって思った。

ドライバーBとそこでグッバイしたら
突然
その私たちを泊めてくれるとゆう
尼さんお二人が
私たちの荷物を持ってくれた
P1090306

いやいやいやいや!
泊めていただけるだけで
大変ありがたいので
荷物自分で持ちます!と言ったけど

バカ言ってんじゃないよ

って感じで
スタスタと私たちの荷物を運んでくれてしまった。。。

ホテルでもないのに
突然私たちを泊めてくれることになって
荷物まで運んでくれるなんて
なんとゆう優しさ

尼さんのお家にたどり着くと
まぁまぁお座りなさいと
フカフカの座布団に座らせてくれて

フルーツをだしてくれた
P1090321

このとき食べた杏だか枇杷だかが
すごーく甘くて
ラダックで食べた桃みたいな杏だった

尼さんのお家は昔ながらの
炭で温める暖炉のようなものがあって
この日、私たちがついた時には
町中が停電してたのでこれで料理をふるまってくれた
fullsizeoutput_49e7

お家は質素かもしれないけれど
そこには綺麗な装飾があって
P1090324

生活に必要なものが綺麗に
丁寧に並べられてた
P1090343

言葉は通じないけれど
私たちに色々ともてなしてくれて
きな粉みたいなのとバターとを混ぜて
P1090328

バター茶きな粉風味
みたいなのをだしてくれた
P1090330

山間部ではこうやって
カロリーをとって元気出してるんだなぁって

しばらくしたら
お蕎麦を出してくれた
P1090334

この蕎麦
嘘みたいですが
私が人生で食べた中で
イッチバン、おいしかった。

尼さんが作ってくれた
とゆうありがたさと
辿り着けた興奮

そして一つ一つ丁寧に作られてる味
四川の独特の風味と美味しい油
P1090346

ありがとう尼さん
ありがとう。

色々と聞いてみたいこと
お話ししたいことはあるんだけど

いかんせん言葉が全く通じないから
ただお互い
身振り手振り
そして表情で感情を伝えるしかない

ただ、1つ言えることは私たちを
泊めてくれた尼さん
BlogPaint

本当に笑顔が素敵で
BlogPaint

こころがきれい
BlogPaint

いつも節約して暮らしているだろうに
私たちにたくさんおもてなししてくれた
P1090341

ありがたや。。。涙

みんなでお蕎麦頂いて
コップとか、木とかをチベット語で
なんてゆうか教えてもらったりして
言葉は通じないんだけど、違う何かが通じられた時間だった。

夜、電気が復活した。

私達はトイレに行きたいと言ったら

尼さんが近くの工事現場で
野ションでいいわよ

みたいな感じで連れてってくれて
尼さんと一緒に

ラルンガルゴンパの夜景をみながら
野ションした。。。。。。笑
IMG_8791

こんな贅沢な野ション
一生ない
間違いなく、人生最高の野ション。笑(すみません。。w)

尼さんたちのお名前も
年齢も分からない

それなのに私たちを泊めて
もてなしてくれることに
最大限の感謝を伝えて

今日は寝ることにしました。

AM4:00に成都を出て
PM7:30にラルンガルゴンパに
たった15時間ちょいで到着して

尼さんの家に泊めてもらえるとか

なんかもう奇跡すぎて
信じられない

でも確かに、うちらは
ラルンガルゴンパにいた

GPSが間違ってなければ。
fullsizeoutput_4890

うん、多分これって
夢じゃない

明日朝起きても
この夢が覚めていませんように


にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ

にほんブログ村










6 件のコメント

  • お疲れさまでした。
    危険を伴う旅ですが、すごく楽しく読ませて頂きました。中国の公安の目を気にして、何かミッションインポッシブルのトム・クルーズの世界みたい。あるいは、江戸時代の箱根の関所を避けて、山の中を隠れて歩いていく感じでしょうか(笑)。
    ここでも、人の温かさに触れられたみたいですね。貴重な経験ですよね。
    人生最高の野ション・・・・・・思わず笑いました(笑)。

  • お疲れさまでした。
    危険を伴う旅ですが、すごく楽しく読ませて頂きました。中国の公安の目を気にして、何かミッションインポッシブルのトム・クルーズの世界みたい。あるいは、江戸時代の箱根の関所を避けて、山の中を隠れて歩いていく感じでしょうか(笑)。
    ここでも、人の温かさに触れられたみたいですね。貴重な経験ですよね。
    人生最高の野ション・・・・・・思わず笑いました(笑)。

  • お疲れさまでした。
    危険を伴う旅ですが、すごく楽しく読ませて頂きました。中国の公安の目を気にして、何かミッションインポッシブルのトム・クルーズの世界みたい。あるいは、江戸時代の箱根の関所を避けて、山の中を隠れて歩いていく感じでしょうか(笑)。
    ここでも、人の温かさに触れられたみたいですね。貴重な経験ですよね。
    人生最高の野ション・・・・・・思わず笑いました(笑)。

  • そうなんです><無事たどり着けた時の感動と
    やっぱりこの夜景を見ながらの野ションは
    忘れられません///笑
    ありがたいことに常に人の温かさに助けられる旅になっていて
    このやさしさを巡らせていこうって何度も何度も思いました◎

  • いつも楽しくブログ拝見させて頂いてます。
    ルンタという映画を観てチベットに関心を持ちましたオカモトと申します。
    今回のブログで宿の女性の顔出しをされてますが、当局に知れたらこの方の人生が終わるかも知れるのでは?
    と思いコメント致しました。
    私の勝手な杞憂でしたら済みません。

  • オカモトさんコメントありがとうございます!
    そうですね私も配慮が足りませんでしたありがとうございます。お顔については隠させて頂くことにしました
    少しでも、早くそして多くのチベットに平和が訪れるよう本当に祈っております◎

  • マネージャーK にコメントする コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です