シンガポールでラマダン中にお祭りならぬ屋台がたくさん出現??!

シンガポールに住んでみて
なにが一番衝撃的だったかと言えば

間違いなく即答します

「多民族国家でこんなに色んな宗教が共存することってできるんだっ」

と。


日本人として日本で生きてきた私には
そもそも宗教とかよくわかりませんでした

私が人一倍無知なことは百も承知で発言させて頂きますと

まず、初めてミャンマーに行った時に
敬虔な仏教徒の人たちが祈る姿をみて本当に心打たれました

その時にこんなに人に優しくしてくれる
人に与えることで自分にも帰ってくると考えてくれる
彼らの優しさの源が
「宗教」
この場合は、仏教であるならば

宗教ってなんて素敵なんだろうと

初めて思いました。

それから少しつづ色んな宗教に目を向けるようになり

それぞれ彼らが信仰しているものの背景には
多くの歴史があって

人々を幸せにすると共に
そのために争いもたくさん生まれたこと
今でもみんな敬虔にそれぞれの宗教を信仰していること
を知りました

お恥ずかしながら

日本人で一般的にゆう無宗教として生きてきた私には
こんなにも世の中
世界中の人々にとって
宗教が大切なことであることが

本で、記事で、ネットでは読んでいたものの

実際に肌で感じるまでは
わかりませんでした。

そして

こんなにも彼らにとって大切な
「宗教」

というものが違う民族が

集まって

一つの国家を作っている
シンガポール

すげぇ。。。と

むしろなぜこんなに色んな民族が集まって
国がこんなに成長したのか
不思議に思えてくるほど

争って当たり前なんじゃないかというくらい
考え方は違うし
それぞれの主張はまっすぐあることが
素敵だし、争いを生む火種にもなりかねないし。。

共存してるのが
本当に奇跡だと感じます。

さて失礼しました
その背景はまた別の機会に語らせていただくこととして

まず!そんなわけで彼らのやはり
信仰心はすごいのですが
今月は

そう

かの有名な

イスラム教徒の

「ラマダン」の始まりです

ラマダンは太陽暦で毎年11日づづ早まりますが
今年2016年は6月4日から7月7日まで

ラマダンとは日が昇ってから日がくれるまで
(一説によると白と黒の糸の違いがわかる時間から
わからなくなる時間までと言われています)
人間の一切の欲
(食欲、性欲、お水やたばこ、お酒etc…)
を禁じ、豊かな人もそうでない方も
同じ苦しみを乗り越え
空腹状態で身も心も浄化し
神への信仰心を高めるという

で、私はこれまたお恥ずかしながら
ラマダンが始まったのは知っていましたが

あとは終わりの7月7日に盛大な
ハリラヤ・プラサで終わったー!!というお祭りがあるだけだと
思い込んでいました//

ちなみに終わりの日を知っていたのは
iPhoneの予定表でJuly 7th End of Ramadanと出てきたから

またてっきり、約一か月間
何も食べない断食だと勘違いしておりましたが
実は、太陽が昇ってから日没までの
日中期間のみ何も口にしないという生活を
約一か月送るというもので
日没後はむしろ一日頑張った分豪勢に食べるものなんですね

そんな今日。

すみません前置きが長くなりましたが
書きたいのはここからです

日曜日
会社の帰り道
いつものバスにのって帰っていたのですが

Geylang roadの
様子が

おかしい
IMG_2262
IMG_2183

Changi roadの様子がおかしい
なんか。。
ONE KM周辺が
きらびやかだ

IMG_2180

ふとバスで顔をあげたら
明らかに見たことないものすごい盛り上がりを見せた
屋台が目の前にぶわーーっと広がっていました
IMG_2264
IMG_2242

テント!テント!テント!
屋台屋台屋台
人人人人

え?!どここれ?!なに?!

わたしは一瞬

しまった
降りそびれて変なとこまできちゃった

と思いその場で飛び降りました

しかし

全然間違えてなかった。。

むしろ早く降りすぎたw

しかし
こんな景色知らない!?
IMG_2263

いつもの景色に突如テントが大量にたてられて
すごいたくさんお店が出てて
お客さん大にぎわいだったため
私は一瞬ほんとにここがどこだか分かりませんでした

と思うほど屋台で賑わっていたのは
そう
まさに
ラマダン中
「イフタール」
向けの屋台だったのです
IMG_2249

わたしは最初なんだか分からず

シンガポール
6月
祭り

とかで思わずググってしまい
でも何も答えが出てこず
何が行われているのか分かりませんでした

後からこれが
ラマダンが完全に明けたわけではなくて
日々、ラマダン期間中の
その日のラマダン明けの
大事な大事な「イフタール」として屋台が
たくさんでているということが分かりました

(ラマダン明けのハリラヤ・プラサは豪勢に
行われることは聞いていましたが
まさか毎晩のようにこんなことが行われるとは知らなかった・・!)

すっごい賑わいでした
IMG_2234

お店は色んなジャンルが立ち並んでいて
もちろん彼らのトレードマークや
IMG_2228
IMG_2266
家具や洋服、こんな大きな絨毯などまで
売られています

そして食べ物コーナーの盛り上がりが異常
人でごった返してます
IMG_2235
なんだかよく分からない
コッペパンに
ビーフ、卵焼き乗せみたいなのもあったり

IMG_2244
なんだかよくわからない
得体の知れない緑の食べ物も。。

食欲わかないあの食べ物はいったいなんだ?!
と思っていたら
見上げた看板に答えが

IMG_2246

Fried Tapioka Kueh
揚げタピオカ?の模様

IMG_2248
Japanese Tako Yaki
いえす!
たこやきもいっぱい出てました
IMG_2258
すげえ焼きあがったたこ焼きが
山積みにされてる。w
これ私は食べませんでしたが、どうやらなぜか
ちょっと砂糖が入ってて甘いらしい
そうゆえば日本人は一人も見なかったなぁ

IMG_2256

この笹みたいなのにつつまれているのは
オタオタというマレー系の食べ物で

この笹を開いてみると
中には魚のすり身を唐辛子や香辛料で味付けされた
つくねみたいなものが入っています

IMG_2261
IMG_2260
あげものも盛りだくさん

IMG_2255

ROTIもたくさんでてました

IMG_2251
もちろんのごとく
ドリアンも。。

わたしには一切この美味しさが分かりませんがIMG_2254

これはピーナッツコーン

飲み物もギンギンに冷えて充実してます
IMG_2239
IMG_2240
こんなに氷につけられてて
ギンギンに冷えてる中に

ビールがあったら

最高だろうなぁ。。。。

と思いますが

そこはぐっと我慢

うん、今日は
これは
イスラム教のラマダンの一瞬の
その日へのご褒美に
お邪魔させてもらっているだけだから

IMG_2233

Fried OREO!!?
新しいw
いつか試してみよう

IMG_2232

わたしもなんだか流れに身を任せて
卵焼き乗せ
ハンバーガーみたいなのを一個買いました
IMG_2261

IMG_2237

おうちで開けてみてびっくり
IMG_2268

ものすごく普通の
チーズバーガー
お肉そんな美味しくないバージョン。笑
IMG_2277

そりゃそうだ!
いいの!
これもご馳走

やーーそれにしても
日本の縁日みたいな雰囲気ですが
出ている料理がまったく違い
かつ人々の熱気がすごい!!!!
やっぱり断食後の夜の食事への熱意は活気があって
海外の縁日を味わえた感じでとても興味深かったです!!
家に帰ってきてから知ったのですが
ここゲイラン地区ではこのラマダン期間中にこの
露店、出店が出店されラマダン終了までずっと開催されているみたいです

しかも
シンガポール中どこもすごいことになっているのかと思いきや
特にこの地域がこの露店で有名だった!

とゆうわけで
ラマダン中
シンガポールにいらっしゃるかたは
ぜひ一度
夜のナイトマーケットとして
ゲイランへ足を運んでみてください

場所はこちら
Geylang Serai Marketと
Joo Chait Complexの間らへんのが盛り上がってます!
チャンギロード Changi Roadから
ゲイランロード Geylang Roadにかけて
ながーーく大きなイルミネーションと屋台が広がっています
テントとすごい人で、行けばすぐわかると思います

この雰囲気
行ってみないとよくわからないと思いますが
すごい熱気です!
そしてイルミネーションも可愛い
IMG_2184

ぜひぜひ行ってみてください

私もこれから一か月
この屋台を堪能させて頂くとともに
今日も幸せに生きられたことに
感謝しながら寝ることにしよう










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です