グラナダ観光代表格のフラメンコとアルハンブラ宮殿!すんごい広かった

昨日はミハスをお昼に出発して夜は
南スペイン、アンダルシア地方の
グラナダに到着し

本場スペインで
フラメンコを見てきた!!!

ディナー中は音楽隊が来てくれる
P1000540

食事しながら音楽きいて
こうゆう文化いいなー

その後移動して
うちらが見たフラメンコの場所はこちら
P1000545
P1000546

以外と小さい箱で
やるものなんですねフラメンコって
P1000551

本番前に何度も練習をしてるダンサー
P1000557

いよいよ本番
始まります
P1000564

フラメンコはこうやってまずは
みんなが立って
ただ手と足で
すんごく小刻みに音を奏でてる

この「リズム」が何より大事らしい

フラメンコを見る前に教えてもらった

「写真を撮るのも、見ながらお酒を飲むのも大歓迎。

でも、

絶対に演奏中は拍手、手拍子をしないこと

と。

我々の拍手が彼らの
リズム、音を乱してしまうみたい

へええええ!!!!

実際に聞いてみて初めてその大切さが分かった

フラメンコ!情熱のダンス!!

ってゆうざっくりしたイメージだったけど
手と足ですごい細かい音が生み出されてて
こんな細かなステップなことに驚愕

そのリズムの中でみんなが踊ったり歌ったり
P1000565
P1000570

そしてこの
情熱的な踊りと表情
P1000579
P1000592

さすがだった

そしてこの踊り子の人たちもまた
ジプシーなんだそう。

どんどんジプシーのイメージが変わってく

散々飲んでから行って
さらに飲みながら見てたから

パパは最後の方、寝てた。笑

そして情熱のフラメンコを見た帰り道
P1000598

遠くに見えるはアルハンブラ宮殿!!
P1000601

夜景のアルハンブラ宮殿

せっかく行ったなら
夜のライトアップもおすすめです

翌朝
早朝にホテル出発して
まだ混まない時間帯に
実際にアルハンブラ宮殿へ入場
P1000615

自分で調べていったわけではないので
今回は行き方とかチケットの買い方とか
なんにも提供できませんがw

アルハンブラ宮殿はイスラム芸術の最高傑作と言われる
イスラム建築の王宮

スペインは8世紀からイスラム教徒に支配されてて
その後レコンキスタと呼ばれる
国土回復運動をキリスト教が起こし
何年もかけてこの土地
イベリア半島をイスラムから取り返そうとし

ようやくレコンキスタが完了した1492年

最後まで残っていて
最後にそれが完了した
その場所が

ここ

アルハンブラ宮殿だったという。

レコンキスタなんて高校の世界史以来に聞いた言葉だったけど

実際にそんな歴史ある建物
場所に足を運べるなら
あの時もっとちゃんと
世界史やっとけばよかった。。。

と後悔したことは間違いないw

で、ここ自体は当時のイスラム王朝の王が暮らしてたお城なのですが
P1000618

とにかく広い
全体像なんて撮れないし
もうどこがなにでなんなんだが
歩いてるうちによくわからなくなりそうなくらい

ガイドさんがいなかったら
まじで全然何がなんだかわからなかったわ
(いても、見どころありすぎてよくわからなくなった。。w)

まずここがカルロス5世宮殿
P1000624
P1000625

冬の朝
この煉瓦がしっくりくる
P1000628

しかし、めちゃくちゃ寒い
1月のスペイン
足元見たら、葉っぱ凍ってた
P1000700

少し歩くとグラナダの町が見渡せる
P1000638
この白い家々がきれいだなぁ

そして「コマレス」と呼ばれる場所
ここがTheアルハンブラ宮殿な
一番写真とかで有名な場所
P1000650

うううう
かっこいい!
P1000655

完璧なシンメトリー
朝の静かな空気なのがまたよかった
P1000644

リンダハラの中庭
P1000676

歩いてるとひょっこりまたグラナダの町を見渡せて
P1000693

パルタル
P1000699

とにかく洗練されてて美しい
でもなんとく哀愁漂う不思議な雰囲気

このゆったりとした空間と
静けさと水に映るパルタル

迷路のような庭
P1000701

でもやっぱ寒い
花も凍ってる
P1000703P1000707

城壁がずーっと長く続いてる
P1000708

そしてこちらも有名なヘネラリーフェ庭園
P1000725
P1000717

見どころ盛りだくさんで
とても広くて見ごたえたっぷりですが
あたしが何よりも

このアルハンブラ宮殿で感動したのは

間違いなく

この装飾の美しさ

P1000674
P1000662
P1000658
P1000637

めちゃくちゃ細かくて
洗練されてて
とにかく美しい

何度も何度も上を見上げてしまう

天井がとにかく美しかった

こんなのをなん百年も前に
人間が作り出したって

人間、まじすげーっす。
P1000634
P1000673

鍾乳洞みたいと言われる天井
P1000662P1000665

こんなのが無数にある
アルハンブラ宮殿

イスラム教徒の本気を感じます

すんごく広くてさらーっとみるだけでも
1時間半くらいはかかる

まだまだいけてない場所もたくさんあるから
個人で歩くとなると
3時間以上かかりそう

曇ってたから、青空とグラナダの風景は写真撮れなかったけど
それはそれでまだ
なんかアルハンブラ宮殿の偉大さを醸し出してくれた
P1000708

10時半ぐらいにはこのアルハンブラ宮殿を後にしたのですが
もうその時間になると
入り口は観光客でごった返してた

静かなアルハンブラ宮殿を
ゆっくり歩きたい方は
絶対早朝
朝一入場!

イスラム教の美しさ
ここが今日まで残ってくれてよかった。
レコンキスタで、イスラムからキリスト教徒が奪還した土地は
キリスト教風に建て直されていたみたいだけど
(コルドバのメスキータとかまさに、それ)
ここアルハンブラ宮殿だけはそのまま
残されていたんだそう

ありがとう。

そして我々はこれよりバルセロナに向かうため
バスを北上させます

ぐっばい
アンダルシア

グラナダを出て少し経つと

なんと

雪景色!!!
P1000745
P1000744

ひえーー

スペインも、例にもれず異常気象真っ盛りだそうで
ちょうどうちらが行った時期に
大寒波が来てて
普段見られないような地域で雪が降ったりして

別のツアーの人は
通行止めで飛行機移動とかになった人もいるそう

シンガポールは毎日真夏なので
日本に帰ったら
雪山行きたいなー。ってずっと思ってたけど

まさかスペインで雪景色見れるとは

そのままバルセロナまでの道は
青空が見えたり
P1000746

かと思えばまた雪景色になったり
P1000758

道中の景色がみるもの見るもの目新しくて楽しかった

さて、明日はいよいよバルセロナ

にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ

にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です