バガンの夕日が見たくて半年でバガンに2回も行っちゃった件

すっかり遅くなりましたが
大好きなミャンマーへ行った時の
バガンの記事をいつか書こうと思いながら

なかなかまとまらず
半年も経過しちゃいましたが
バガンの思いで振り返ります
IMG_0949

私は
2015年9月と

2016年4月

ミャンマー、バガンに2回行きました


1回目は朝6時頃の飛行機でyangonを出て
一日タクシーチャーターでバガンを回って夕方5時頃の
飛行機で、またヤンゴンに帰ってきました

2回目は、朝同じ6時頃の飛行機でヤンゴンを出発して
バガンで一泊して夕日をみて
そして次の日の朝、朝日もばっちり見ました

せっかく2回も行けたのでその感想をずっと書きたかった!!

■2015年9月

まず、1回目に行った時は時間がなくて
バガンに泊まる予定は組めなかったので
仕方なく日帰りになっちゃったのですが
日帰りでも
バガンを充分満喫できるし

本当に心穏やかになれる
ヤンゴンの空港で朝ごはん
P1150143

飛行機はAIR KBZ
こんなちっちゃなやつですが
P1150147

ちゃんと機内食がでてきた!(朝ごはん食べなきゃよかったーーー)
P1150149

バガンに到着してから1日チャータータクシーを頼んで
回ります
(普段貧乏一人旅だからタクシーとか絶対乗れないけど
この時ばかりはミャンマーで働くパパに会いに来たので
甘えさせて頂きます!笑)

とにかく広くて
パゴダが無数にあるバガン
P1110982

敬虔なミャンマーの仏教徒の人たちが
ここでお祈りしている姿には
とても胸打たれます
バガンを巡るのに、自転車やバイク、馬車などみんなそれぞれ
P1110958

P1110955

欧米人はバイク乗ってる人が多かった
うちらはタクシーで涼みながらの移動だったけど
バイクで日差しキッツい中
色々めぐるのもまた、すごい旅っぽくていいなと思った

バガンはとても素敵だけど
だんだんパコダをいっぱい見てると
どれがなんだったか分からなくなってくる
カンボジア、アンコールワットと同じような感覚になります笑

そんな時はバガン内に無数にレストランがあるので
いつでも小休憩
P1110923

適当に近くのいい感じのレストランとゆえば
タクシーの運ちゃんがどこでも連れてってくれます
どこもいい感じのお店ばっかり
P1110927

午前10時
小休憩で入ったつもりが
めっ
めっ
Menuにビールって書いてあるもんだから

まぁ、

ねぇ、もう、
ねぇ
P1110941

おすすめはエーヤワディー川沿いのレストラン
川沿いですごい気分いい
どこでもいいのでリバーサイドでってタクシーに
お願いしたら連れてってくれた

ああ
バガン

とにかくのんびりしていて
雄大な景色が広がってて
お昼寝したり
ビール飲んだり
ぼけーっとしたり
ただそこで何もしなくていい
P1110999

素敵な素敵な場所だった。

私は2015年9月
1回目に来た時
本当にすっごく感動しただけど

だけど
だけど
だからこそ

バガンが好きになりすぎて
バガンの朝日と夕日が
どうしても見たくなってしまった!!!

しかしこの時は日帰りの日程だったので
夕方5時か6時くらいにはバガンの空港に戻って
ヤンゴンに帰ることになりました

すっごく素敵だったからこそ
ううぅうぅうう
また来たい
またどうしても来たい

次は一泊して朝日と夕日を見たい
そんな気持ちが高まって帰った

そんなわけでたった半年しかたたずして・・・

■2016年4月

またミャンマーに来てしまった!!笑
もう今回は絶対バガンで一泊して
朝日と夕日見るぞーー!!と意気込んできた
P1150165

半年前に見た同じパゴダも何個もいったけど
あの時に感じた感動
変わらないゆったり優しい時間が
バガンには残ってた
P1150178

P1150212

P1150232

パゴダの中でお昼寝してたり
みんな本当にのんびり自由に過ごしてる
P1150242

もちろん今回も昼からエーヤワディー川沿いの店で
パパとがっつり飲みまくる笑
P1150264

そして今回は夕日と朝日メインだったのもあり
昼から相当なミャンマービールを飲みまくったのもあり
一旦ホテルに帰って、お昼寝することにした!笑

これはこれはとっても素敵な時間で
お昼食べて飲んで
めちゃくちゃ熱い時間帯14-16時頃は
ホテルでお昼寝するのはかなりいい案だった

タクシーの運ちゃんもその時間お昼寝できるしね

そしてメインの夕日はタクシーの運転手に
夕日が一番きれいに見えるスポットに連れてってってゆったら
やっぱり王道の
シュエサンドー・パゴダ
P1150342

自分らが着いた頃にはもうすごい人だった
P1150345

バガンはのーーんびりしてて
静かでただただ広くて
ってのがいいのですが、朝日と夕日の
シェーサンドーパゴダだけは
バガン中の観光客が集まったんじゃないかぐらいすごい勢い

そしてバガンには欧米人が本当に多い
彼らには恐怖心とゆうものがないのか
すごい恐ろしい崖っぷちのベストスポットに
みんな悠々と座ってて
うらやましかった。

けど、絶対できない。笑P1150353

夕日のバガンは本当に本当に綺麗だった
P1150344

でもこの写真みたいにシェーサンドーパゴダは

あまりにも人集まり過ぎて 、方角的に
下にバスとかタクシーがいっぱいいてどうしても写り込んでしまう

あたし的にはもっと他の
静かなところの方が
風情あってよかったかもなーって思った!

ここ以外の夕日スポットがあんまり紹介されてないから
みんなここに押し寄せちゃうんだと思いますが
絶対他にもあるはず
現地でここ以外のどこかおすすめってお願いして
連れてってもらうのもありかもしれない

でもそんな贅沢なことをゆってしまうのは申し訳ないぐらい

やっぱりここの夕日は綺麗だった
P1150357

沈むのはあっとゆうまP1150363
P1150374

ちなみにシェーサンドーパゴダの階段は超急!!
P1150386

P1150388

そして夜も散々飲みまくった
わたしたちですが
翌朝は待望の朝日
頑張って早起き
P1150414

ホテルで朝日のタクシー頼んだら
みんな一律で決められてるのか
しか15ドル?って言われたのでそれでお願い
朝日が昇る前のこの時間が好き
P1150417
昨日同様タクシーの運転手が連れてってくれたのは
シェーサンドーパゴダ

ついに太陽お目見え
P1150429
P1150431

夕日についで朝日もとっても綺麗だった
けど
1つ難しかったのが

シェーサンドーパゴダからだと
気球が遠すぎてあまりイメージしてた写真が取れなかったこと。P1150450
↑この左側らへんにある
ポツポツ黒い点
これ・・・気球です!笑
P1150462

うぅぅ〜〜ぬ。笑
単焦点のレンズしか持っていかなかった自分も悪いのですが
まさかこんなに遠いとは・・・

よくみる気球&バガン遺跡の写真は

あれは気球にのってとってるのかなー??
きっとそうだ

多分あれらは気球に乗らないと取れないので

そこだけ、期待しすぎないように笑

気球はバカみたいに高いので乗れませんが

まぁあの写真は取れなくても遠くで
見れればいいかなーぐらいな気合いがよいかと

もし気球に乗らないにしても
その乗り場の近くにいけるなら
そっちに向かった方が
いい絵がとれるのかもしれない!

とりあえず全体的にシェーサンドーパゴダは
素敵なスポットではあるのですが
私的には夕日も朝日ももっと別の
おすすめ穴場スポットが絶対あるはずだと思うので
現地で探した方がいい!!

そんな感じで2回目のバガンもまた素敵な旅が出来たのですが

家に帰ってきてみて
1回目の写真と全然違ってることに
家に帰ってきてみて、初めて、気が付いた!!

1度目のバガン2015年9月
P1110987

2度目の2016年4月
P1150178

なんだこの緑の色の違いはーーー?!?!?!!!!!笑

ほんとに驚いた
撮ってる場所は違えど
同じカメラで同じ設定で撮影してるのに
こうも違うか・・・と

そうミャンマーは大体10月~4月頃までが乾季
乾季が明けて5月~9月頃までが雨季
よって9月はちょうど雨季があけた
緑が潤ってる感じで
4月はちょうど乾季の最後で
一番干からびているときに

どうやら、私は来たらしかった。笑

ふむ。。

結論からすると
行ってる時には全然気が付かなかったので
いつ行っても、素敵だと思います!!w

でも後から写真見かえすと
9月の方が緑はすごい綺麗な色の写真だったなーっと。

4月は4月で茶色い感じが
それは、またバガンの歴史を感じさせるし
雰囲気出てる感じもするので
ほんとにどちらも捨てがたい

9月
P1110896

4月
P1150209

あと、バガンにはパゴダが3000以上もあるので
一体どこを回ったらいいのかわからないと思うのですが
わたしが回ったルートはこれ
BlogPaint
BlogPaint

そんなわけでいつ行っても素敵なバガンなのですが
2回行った私が1つだけ
声を大にして言いたいことは

日帰りで行くのはもったいない!!
日帰りでもすっごく楽しめたし
充分ではあるのですが

それ以上に
夕日がみたい・・・
朝日がみたい・・・
またバガンいきたい。。。

という欲が膨らみまくっちゃうので
どうせいくなら泊まりかなと

でもだからといって、私が期待してたほどの
夕日とか朝日の写真が取れたわけじゃないので
なんともいえないのですが
日帰りで帰った私は
また来たくて仕方なくなって2回目きてしまったぐらいなので。

でもそれはそれで、いいか
わたしはパパがミャンマーに住んでることもあるけど
とにかく自分がこの足でミャンマーについて
ミャンマーの人と触れ合って感じた
あの優しさが本当に忘れられない

貧しいとか関係ない
彼らは心が豊かだった

無償で手を差し伸べてくれる彼らの優しさ

目があったらなんとなくちょっと照れくさそうに
微笑み返してくれる

その優しさに、本当に感動した。

アジア旅してるとやっぱり笑顔で近づいてくる人は
怪しかったり
物売りがうるさかったり
子供がマニーマニーってゆって近づいてくることがあるけど

ミャンマーではあたしが感じる限りほぼ皆無だった。

なぜかただ優しくて
とくにこちらに干渉もしないけど
ちょっと興味ありげな感じで見つめられて

こちらが微笑むと安心したようににこーって笑ってくれる

本当に素敵な国だった

なんどもミャンマーについては書いてきたけど
久々に書き始めると
やっぱりまた止まらなくなる。笑

あああ
次はいつミャンマーに行こう

何度でも行きたい

とにかく、そうそんなわけで

あああ
朝日と夕日みたい。。
ってゆう感情を残しながらバガンを去るのも
またありかなと

またね

来ちゃえばいいだけの話!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です