ピピ島のピピリラックスビーチリゾートで一泊!隠れ家感が最高

昨日はさんざんピピ島の街中で夜
ファイヤーダンス見て浜辺で騒いで
ムエタイ見てめちゃくちゃ楽しい夜だった

さて、ピピ島ですが
行く前に宿をどこにしようか
めちゃくちゃ悩んでた

いつも立地いい安宿に
サクッと決めちゃうんだけど

ピピ島は泊まる場所によって
感じ方が全く違う!!



街中の騒がしい感じと
はたまた海沿いの静かーーな宿

久々のリゾートやっぱたまにはちょっとリゾートっぽいとこ

泊まってみたいじゃないすか

そんなわけで一泊はピピ島の街中で、
もう一泊はピピ島のトンサイベイからは離れた
ちょっと船でしかいけないような場所に

泊まってみることにした

候補は
ピピリラックスビーチリゾートか
バイキング ネイチャーリゾート
どっちも5000円くらい

あたしにとってはとんでもなく高額ですが
5000円で海沿いのいい感じの
隠れ家的なとこに泊まれるなら

いいかなーって思って

ピピリラックスビーチリゾートにしてみた
http://phiphirelaxresort.com/contact/

バイキングネイチャーリゾートの方は

https://www.agoda.com/ja-jp/viking-nature-resort/hotel/koh-phi-phi-th.html?checkin=2016-12-30&los=1&adults=2&rooms=1&searchrequestid=31a453ac-1bd3-496d-8853-f0d5afc5bfdb

口コミで「キャンプにきたような気分」って書いてあって

最高じゃん!!!
と思ってこっちにしようと思ってたんだけど
「虫が異常に多い」
ってのを読んで、、、やめた。w

ピピリラックスビーチリゾートは
同じピピ島内だけど
トンサイベイからは離れてて船で行く必要がある

船でしかいけない宿とか
それだけで冒険感

自力で船のタクシーで行こうとすると
1000バーツぐらいしてめっちゃ高いから
宿の定期便が
トンサイベイから150Bで出てるのでそれで向かいます

ここの宿泊者20人くらい
みんなでボートに乗り込む

のった瞬間に何人か欧米人が
ビール飲み始めて

うわっしまった
負けたーーー!!!って感じだったwww
ちゃんと買ってくるあたりまじさすが

そのまま海かっとばして
ピピリラックスビーチリゾートに到着!!!

ここにはこの宿に泊まる人が
この船に乗ってしか
来ることができない

なんて素敵な空間
みんなこうゆう椅子に座って
ただ本読んだり

泳いだりおしゃべりしたり

なんとゆっても

あたしが惚れ込んだのは
このバンガローの宿

この形だけでテンションあがる
しかもテラスにこんな
お昼寝に最高なマットもあって

中はこんなベッドがーーー!!!

なんだこれえええ

いつも500円くらいの安宿のわたしは

タオルのこれに感動。。

そして一歩外に出れば
目の前は

この真っ青な海!!

たまらんでえええ

この海が見えちゃった瞬間
好きだなぁ

とりあえず乾杯でしょ!

ああ幸せのひととき

あとはもう適当にあつくなったら海入って上がって砂浜でお昼寝してマッサージして
幸せか。もちろん晩御飯もここの宿のレストランで食べるんだけど
ここ、部屋番号言えばそこにつけてくれて
最後に清算って感じらしく
一日お財布を出さなくていいから

またこれ、飲みすぎる

Pad Bai Krapao

パッバイクラパオ

そして初めて食べたタイのラクサ!!!

これめっちゃおいしかった

なんかカルボナーラみたいだったそのままレストランの隣りにバーがあって

飲んでたら隣りの人たちと仲良くなってきて
盛り上がったころ21時半くらいにファイヤーダンスが始まった!!

これは全然トンサイベイの方が盛り上がるけど
こんな静かなところでもこれが見れるだけでたのし

この宿がやってる
シュノーケルとかダイビングのコースもあったけど
やっぱちょっと高かったので
一~二泊トンサイベイで泊まって動き回って遊んでから

もうこの宿にきて
のーーーーーーーーーーーーーーんびり
過ごすのがよさそう

全然トンサイベイの活気ありまくる雰囲気とは違って
のーーんびり
音楽と波の音だけきいてゆっくり過ごせる場所

同じピピ島だけど
まったくまた別の島に
来たように感じさせてくれる

どっちの魅力も感じたかったから
あたしは街中と、この離れた秘境エリアに
一泊ずつ泊まれてよかった

街中も絶対楽しいから一泊はするべき!!

ああ

ピピ島楽しかったなぁ

なんかただのんびりしにきただけだから
あんまりブログに書きたいような

その土地で感じた

その国の人とか文化とか冒険感とか提供できる情報とか
そうゆうのは今回はないけど

たまにはこうゆう旅もいいかなっと
あっちなみにこの宿お湯は出ない&
部屋の電気はPM6~AM8時までの間しか使えないので
昼間充電したい!とか思ってもできません

それが困る人はちょっと避けた方がよさそうですが
こうゆう島に来たときぐらいね
携帯の電源を切って
ただのーーーんびりするのが
いいよね

でも

わたしは写真は撮りたかった。。。

ほんと唯一の心残りは

カメラが壊れてiPhoneの写真しかないこと。。

明日はプーケット経由でシンガポールに帰ろ

にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ

にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です