デリーからジョードプルへ!夜行列車の11時間の旅

2度目のインド
ちょっと油断してきたら
たんまりデリーのインド人にだまされたけど

やっぱ
活気あっておもろいな
この国
デリーのインド人は嫌いだけど
やっぱりどこか、憎めない

インドきたああああ
って一番感じる、このうざさ。笑



デリーからジョードプルへは夜行列車の旅
インドと言えば夜行列車
今回も楽しみにしてた

サンタナの人に聞いたら、この時期
ジョードプル行きの列車は売り切れること多いから
早めにとった方がいいってことだったので

昼間13時ごろニューデリーの外国人用窓口に買いに行った

そこで遭遇したシク教の人たち
わーー
P1020877

今まで、あまり目を向けてこなかったけど
アムリトサルに行ってから大好きになってしまった彼らですが

改めて
うん、こうやって見てみると

デリーにいても
やはり彼らは、彼らだ

デリーにいると「インド人全員まじ、くそ!」
としか思ってなかったけど

彼らは、違う
やっぱりオーラがあるしすごく大人だ

外国人用窓口は相変わらず
安定の混雑っぷり
P1020881

隣りの食堂でランチ
P1020884

こんだけカレーもりもりで
65ルピー(110円)

1時間半待って
無事、ジョードプル行きの2Aの寝台列車取れた!
1365ルピー

よかったよかった

デリーからジョードプルへの電車は
ニューデリーじゃなくてオールドデリーから出る
出発は20:15

それまでデリーお散歩
P1020902
P1020907

行く先はもうただ1つ

デリーにある
シク教寺院!
(はまりまくってる)

バングラ・サヒーブ・グルドワーラー
Gurudwara Bangla Sahib

グルドワラ行きたいってゆえば通じる

ニューデリーよりちょっと南西にあって
歩いて30分くらい

ついたら早々に人だかり発見
P1020911

ここでも無料でご飯ふるまわれてた!!
P1020912

アムリトサルのあの厳粛な聖地
とまでは行かないけど
でも
P1020919

デリーにもこんな優しい場所があったとは
P1020933

スーツ姿にターバンもまたいけてるー!

ここも十分すぎるほど
雰囲気あって、どっしりとしてた

中にはやはり池があって
P1020935

沐浴してる
P1020943

外、一周散歩してたら
たくさんのシク教徒の人たちが現れて
P1020948

わー!
と、思っていたらあたしに気が付いて
P1020949

ピース!
P1020950

なっ
なんかデリーのシク教の人々
P1020951

めっちゃ明るい!!笑
P1020952

勝手にカメラめがけて歩いてきて
ピースしてくれちゃうお茶目さが可愛い

アムリトサルでは
なんともこう引き締まるような
無言ですべてを受け入ててくれるような
ドシっと構える男らしさがあったけど

こちらの人たちは結構気軽に話せる
P1020954

中一緒に回ってくれることになって色々教えてもらった!!

ずっと気になってたみんなが持ってる食べ物のようなもの
P1020963

これと葉っぱを持ってて
名前聞いたんだけど、忘れちゃった
プクゲルみたいななんかそんな。。

これ、なーんとも言えない
焼く前の、ケーキみたいな。。笑

まずくないけど、なんか甘い

なぜかあたしが食べるとみんな喜んでくれて
ありがたく頂いたけど
間食したころにはかなりきつかった

建物の二階にも連れてってもらった
みんなまずここへ来たら
経典サーヒブを一冊読むんだそう
P1020965

独り言のようにみんなぶつぶつ言いながら読んでて
P1020966

ここ、外人のあたしが入る場所じゃ
絶対ないわ。。
って感じだったけど笑
一人で来れる場所じゃないのでありがたかった

見つけずらいけどここにも食事がふるまわれてる場所があって
P1020967

ありがたくチャイ頂きました
P1020968
P1020969

とんでもなく、外人のあたし浮いてたけど
デリーでも
シク教のこの優しい精神を感じることができて嬉しかった

デリーを見直した!
P1020971

おしゃべりしてたらすっかり夜
P1020985
P1020987

露店でまた変なドラえもん発見
P1020988

ドラミちゃんがやばい
なんでそうなった。。

P1020991

メインバザールは夜も相変わらず活気ありまくる
P1020996

これがデリーの日常か
P1020999

お世話になったサンタナでおしゃべりしてから
晩御飯はメトロポリス
P1030004

ルーフトップレストラン
P1030006

一日、よく頑張ったあたし!!
P1030011

ご褒美ビール!!
ようやく飲めるー!

店員におすすめされたケパプ結構おいしかった
P1030012

ニューデリーからオールドデリーへは
リクシャの相場は80~100ルピー
サンタナ様様情報!
P1030021

オールドデリーは今日の朝ついてから
騙されまくったから
なんかものすごい怖いイメージになっちゃってたけど
P1030032

19時頃いったら
割と落ち着いてた
P1030034

でもなぜかこの時間も寝てる人いっぱいいる
P1030037

デリーからジョードプルに行く列車一応聞いてみたら
夜行以外にも朝8時頃いくなんとかエクスプレスとか
11:30出発の列車とか
何本かあるらしかった
P1030038

ホームの中にはなんと
マックあったーー!!
P1030041

インドにいると救世主のように思えるマックですが

今日の朝、あたしはとにかくマックに逃げ込みたくて
ここから3キロも離れたマックまで
バックパック背負って歩いたのに
まさかデリーの駅の中にあったとは・・・
しかも24時間てかいてあるし。。。無念。笑
P1030043

ぞくぞくと夜行列車に乗り込む人々の流れにのって
P1030044

あたしも自分の車両探し
P1030046

インドの列車はすごい長い中
なかなか自分の2Aの車両見つけられない

途中迷い込んだ車両
P1030045

いやあ
これから遠くに旅立つ
この夜行列車に乗り込む瞬間って
やっぱ好きだーー!
P1030047

なんとなくみんなソワソワ
ワクワクしてる感じ
P1030048
P1030049

ようやく自分の名前発見して時間ぎりぎりに乗り込んだら
20:15発予定だったんだけど
20:14に滑り込んで
20:16には出発した

セーーーフ

インドの列車は何時間も遅延するってよく聞くけど
今のとこあたしはいつも
定刻通りに出てて
逆に、焦る

2Aの列車のこの安定感
P1030060

さっきまでの車両とは綺麗さも
乗ってるインド人の層も違う
P1030062

この狭い空間がたまらない旅心をくすぐる!
P1030061

以外と2Aはほんとしっかりしてて
P1030052

コンセントもあるし
P1030065

シーツとブランケットとバスタオルまでついてる
P1030064

みんなと向かい合わせなので
おしゃべりして
23時頃になったらぼちぼち寝始める感じ
P1030063

2Aといえどバックパックはワイヤーロックで留めて
自分の持ち物のあらゆるチャックに
南京錠かけて
完全防備で寝る

そして朝起きたら
あっとゆうまに次の町
ジョードプルに到着

夜行列車にはやっぱり夢がある!
P1030067

7:30
ブルーシティーと呼ばれるジョードプルへ無事着P1030068

わああ
早速ホームの屋根もブルーなんだ〜!

とか思って写真撮ってたけど
後から考えたらこれは多分
別の他の場所でも大して変わんないかもって思ったw

それではこれより今回の旅最後の町
ジョードプルへんはじまり


にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ

にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です