ラダック・スクルブチャンの町は笑顔で溢れてて人懐っこくてとても魅力的だった

さて西ラダックを巡るツアー1日目続き

サスポール、アルチ、DOMKHAR ROCH ART HERITAGE GARDEN
を経て今日泊まらせていただく
スクルブチャンの町に到着しました
P1190878


P1190915

私たちは今日は民泊
泊めていただく民家はこちら
P1190864


P1190871

お部屋がかわいい
P1190873

今晩はここで雑魚寝です
このお宅の女の子
P1200066

一旦荷物を置いて
近くのゴンパまでお散歩しにいったのですが
ここスクルブチャンの町は
HIDDEN HIMARAYAのサチさんイチオシで

「とにかく子供たちが人懐っこくて
温かい町なので楽しんできてください!!」とゆっていた町。

どんな町か楽しみだなーー
とぼんやり思っていたのですが

予想をはるかに超える
本当にすっごく魅力的な町でした!!!!!

では、このスクルブチャンの素敵すぎる
皆様の写真
いきます


まずは最初に道でであった少年たち
P1190882

ちょっと照れながら
写真とってーってゆって駆け寄ってくる
うん、もうかわいいから

何枚でもとっちゃうよーー!!
すると仲間が寄ってきて
P1190891

どんどんみんなの笑顔がはじけてきて
P1190898
P1190900

撮った写真を見せてあげると
みんな大喜び
P1190904

P1190909

なんで子供たちの笑顔はこんなに魅力的なんだろう
P1190912

どこまでもついてきて
写真撮ってー
とゆってくるこのやんちゃ坊主たち
P1190918

本当に可愛かったなぁ。
そんな子供たちをそっと見守っているおじいちゃん
P1190922

チャキチャキ働いているお姉さん
P1190926

のんびりただおしゃべりしてるおっちゃんたち
P1190930

みんなそれぞれこの町での役目があって
のんびり、暖かく過ごしてる
道行くおばあちゃんも
快く写真を撮らせてくれました
P1200055

そのあと、撮らせてもらった写真を見せてあげると
キャッキャ少女みたいな笑顔をみせてくれて
かわいいピアスを見せてくれたり
P1200060

もう、乙女
P1200061

なんて素敵な町なんだ。

さらにこの町
なんだかもうこのおばあちゃんを始め
服装、建物、雰囲気
全部がおしゃれで温かい
P1190937

P1190925

P1190885

P1190886

最高。

そして私たちはこの道をいった先の
丘の上にある
「スクルブチャン僧院」を目指します
P1190894

P1190928

スクルブチャン僧院は鍵がしまっているので
鍵番として一緒に来てくれた

兄弟
P1190932

ラダックのお寺は結構鍵がしまっていることが多くて
そこの鍵番の人がたまたまいて
会えたら、開けてもらえて入れるって感じで
その運がないと入れないことも多いみたい

弟くんの方は1年前から小坊主さんになったんだそう
P1190933

お兄ちゃんのファンキーなファッションと
えんじ色の弟くんとのギャップが面白い

丘を登っていくと
各民家にもたくさんタルチョがついてます
P1190938

青空とタルチョと僧院P1190939
P1190947

P1190949

P1190950

P1190952

この鍵番の兄弟たちは愉快に
スタスタ登っていきますが
うん、高地になれていない我々には
この丘、結構しんどいぞ。笑
P1190953

レーは標高3500メートル
スクルブチャンは2900メートルなので
だいぶ、下がってはきたのですがそれでもやっぱり辛い!w

でも本当に
ザ・ラダックの青空!

青が深すぎる
P1190957

P1190958

P1190959

そして結構ヘトヘトになりながら笑
ようやく上の方まで登って
見下ろしたスクルブチャンの町
P1190964

P1190976

いい眺め
スクルブチャンの町は実は
ラダックの中で2番目に人口が多い町らしく
600世帯もあるらしい

そんなにいるのに
あんなに人懐っこい子供たちが育つ
スクルブチャン

上に着くと千手観音像や
この町の文化を継承しようと
ちょっとした展覧室みたいな洞窟がありますP1190967P1190974

 ↑この空間は最近まで実際に使われていて
僧院として生活が営まれていたのだそうです

100年以上前からここが使われていたが
それ以上前のことは詳細はわからないんだそうドアをあけてくれる姿も絵になるぜ

弟くんありがとう
P1190972

町を見下ろすあなたたちの後ろ姿もまた素敵
P1190977
P1190976

そしてこの頂上からまたぐるーっと回って
宿の方まで1時間くらいお散歩します
途中、新たに建設中の仏様?発見
P1190987

その仏様を見たあとだった・・・
突然これまたやんちゃな
3人坊主が現れた
P1190997

P1200011

P1200013

最初はこれまた人懐っこくて
可愛いやつらやな〜と思ってましたが

なんか彼らも外国人というのにあって興奮したのか
どんどんテンションがあがっていく!!!
P1200018

P1200020

どやーーーーー!!のポーズ。笑
P1200021

可愛い
こいつら

可愛すぎるぞ
P1200029

そしてラストのこの一枚
P1200036

もう最後、テンションあがりすぎて
お尻出しちゃうんじゃないかってぐらいでした笑

これ、お気に入りの一枚。

映画「きっと、うまくいく」の英語名が
「3 idiots」

“3バカトリオ”みたいな原題なのですが
私も実際にラダックで
3 idiotsに出会えた瞬間でした

憎いぜがきんちょどもーー!!

そして対照的な
とても大人な表情をしている鍵番の兄弟とはお別れ
P1200041

P1190941

帰り道に
桃みたいな味ですごい美味しかった
あんず(アプリコット)がたくさん並べられてて
おばさんたちが選別しています
P1200043

私たちが泊まらせていただくお家に戻りました
P1200062

晩御飯は家族の方が準備してくれます
P1200075

P1200077

なぜか料理の写真がきえてしまったので残ってないですが
美味しいモモを出していただきました
この緑のパクチーが効いているソースをつけて食べるのが美味しかった
P1200079

そしてブータンでは飲めなかった
人生初の「バター茶」をふるまっていただきました
P1200083

最初の感想

「ん・・・?;;」

なんともいえない。
P1200084

チャイのような色をしているので
すごくチャイの味を期待して飲んでみるのですが
全くの別物で
油があって
でもなんかそんなに味は濃くなくってな・・・

なんだこれは・・・という感じ

でも、しばらく飲んでると
だんだん馴染んでくる

私は格別美味しい!

って感じではなかったですが
この乾燥した高地で暮らす人々には
こうやってバターからカロリーを摂取して
エネルギーを蓄える必要があったから
この土地ではこれが飲まれてるんだなぁと思ったら

なんか納得して
なんとなく手が進むようになってきます

写真家の山本高樹さんと我々一行は
ああでもないこうでもない
ラダックや旅、写真について
みんなで語り合いながら晩御飯をいただきました

ご飯が終わってそろそろ寝るかーとゆうときに
山本さんが神的な一言

「あのー、今外見てみたらとりあえず”天の川”ぐらいならみれましたよ」

ん?

“天の川ぐらいなら?”

天の川みれるだけで・・・

やばいんですけどーーーー!!!!笑

早速このお宅の屋上に出てみると
星がめーーーーっちゃくちゃきれいだった

私は星空の撮影はチャレンジしたことありませんでしたが
山本さんに色々アドバイスを頂いて初挑戦

・F値は可能な限り低い値で設定
・ISOは可能な限り高い値で設定
・その辺の遠くの明るい光(街灯でも)にピントをあわせる
・で、そのままピントは一切いじらずに
シャッタースピードは30秒程度に設定して夜空を撮影する

私は単焦点のレンズですごく狭いので
全然星空撮影用には適してませんでしたが

とってみた写真
P1200091

うおおおおおお

もっともっと
本当はこの空の広さを伝えたいんだけど
とりあえず
星ってこんなにたくさん

私にも撮影できるのかーーー!!!!!!!

という興奮

これから、はまりそうだ
そんなこんなでてんこもりの
ラダックツアー1日目終了
明日はついに
ついについに

今回ラダックにきた目的

ダーの村

花の民に会いに行きます!!!!!!










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です