夢のラダックに到着!秘境レーの町散策0日目

こうして、初めてのインド
空港泊でドキドキして寝れませんでしたが
インドに入るまでに色々戦って大変だったけど
いよいよデリーを出発し

ラダック・レーを目指します!!


6時20分デリー発
私はジェットエアウェイズ
JET AIR WAYS

座席は結構ボロボロだった。笑
P1190398

デリーからレーまで約1時間半程度ですが
機内食まで出ました!!
P1190400

いつもLCCばかりの私には
突然機内食が出てきてびっくり!ありがたや~~

そんなにおいしくはありませんでしたが
そして窓から見えた景色をみて、驚いた。。。
P1190409

P1190404

や・・・

山しかない・・・

こんなところに人が住んでいるのだろうか
この先に本当にレーの町があるのだろうか
どう見てもちょーーー山奥に突き進んでいるぞ

そして気づいた。
え、山しかないのに、飛行機高度下げてきてるぞ?
え、墜落するの?!
こんなところに?!
まじ、やめて!!!

めちゃくちゃ怖かった

本気で、墜落するのかと思いました

が、しばらくするとようやく緑が見えてきました
P1190414

おおおおおおお
本当にこんな山の中に
人が住んでいる町があったとは。。。

飛行機から、この町が見えた時は
すごく安心したし
同時にこんな山奥に暮らしている
まだ見ぬラダックにもう
めちゃくちゃときめいた瞬間でした
P1190413

無事レーに到着し
このラダックの代名詞「青空」を存分に感じる
P1190421

ああ、なんてきれいなんだーーー
降り立っただけでこんなに興奮したのは初めて。

おかげで飛行機とった写真も全然ぴんとあってない笑
P1190423

レーの空港はこじんまり
P1190424

着いた瞬間に高山病についてのアナウンスが流れてます
「お酒は控えましょう」

・・・

。。。ぅ

耳が痛いぜ。

覚悟はしていましたが、ここレーの町は
標高3500メートル
高山病にかかる可能性は十分にあります

高山病にかからないようにするためには
・初日ついた瞬間に眠くなるがすぐには寝ない
寝ると呼吸が浅くなり高山病にかかりやすくなる
・熱いシャワー、お湯につかることは控える
・お酒、たばこは控える
・ゆっくり歩く
・深呼吸をする

ことが大事なんだそう。

昔、ペルーで標高4000メートル越えで
極度の高山病にかかった私は
かなり高山病にびびっているので
今回、ビールは我慢しようって覚悟で来た

念願のラダックで高山病で動けないなんて事態だけは
避けなければいけない
いつもより、ゆっくりリュックを背負って
ゆっくり歩くように心がけた

空港の外にはお出迎えがたくさん
P1190426

空港から宿まで歩いて行こうと思っていたのですが
タクシーの人に聞いてみると
4~5キロあるから歩くのは無理だ

俺のタクシーに乗れ!
P1190427

ということで、彼にお願いすることにした
空港からレーの町中まで
250ルピー
後から聞くと、250から300ルピーが相場なようなので
全然ぼったくられてなくて一安心

デリーでのインドについた、という恐怖がまだ残ってましたが
ここはもう別世界
秘境ラダック

人が、あまりにも優しくて
でもまだ警戒心が解けてなくて
最初はラダックの人との距離感がつかめてなかった

レーの町中に到着すると道路が工事中で
行き止まりなので
ここからは頑張って歩いてくれ!と言われて下ろされた。

まじか!笑P1190429

レーの町はこんな感じで道路ががたがたで
工事しているところが多く
何より土埃がすごい
次回行く時はマスクがあるといいかなって思った
P1190457

P1190456

さて、宿までお散歩ですが
お店が1つ1つかわいらしいなぁ
P1190428

P1190430

P1190431

カラフルで、おしゃれなお店も多くて
歩いてるだけで充分楽しい
工事もご苦労様です
P1190433

今回の私の宿はアショカゲストハウス
Ashoka Guest House
P1190452

うん!いい感じ
個室で9SGD(約675円) 安い!
http://www.agoda.com/ja-jp/ashoka-guest-house/hotel/leh-in.html
P1190440

宿の子供がお出迎え
P1190441

ラダックで出会う赤ちゃんたちはみんな
なんだかおでこに黒いマーキングがしてあった

そしてバスタオルが用意されててありがたい
P1190447

窓からとなりの宿のお庭も見えて快適
P1190448

ラダックの宿はどこも
お庭が広いのがいい

あ~ここでビール飲みたいなーーーと
思ってしまった。。
だめ、我慢我慢。

高地なので、ウェットティッシュもパンパン
P1190450

この時期、ラダックの宿は
ハイシーズンで高くなるようなので
早めに予約した方がいいそうです

アショカゲストハウスは値段の割に綺麗で
ホットシャワーも出たしなかなかよかったですが
メインバザールまで歩いて7,8分くらい
P1190451

もっと町中に近いところ選んだ方が
さらに便利だったかな~とゆう感じ
そしてゲストハウスのお姉さんにwifiのパスワード
聞きに行ったところ衝撃の一言

「あー。今ねーwifi、町全体で落ちてるからつながらないわ。
昨日からずっとそうだから
多分今日も一日使えないと思うわよ」

ま・・・
町全体で落ちてるってどうゆうことだ?!!??笑

さすがラダック

wi-fiかなり弱いと聞いていたので
まぁつなげれればラッキーぐらいに思ってきましたが
まさか全断とは。。
しまった。。

ラダックについて落ち着いてから
色んな人に連絡しようと思ってたのに
突如、まったく連絡が取れない状態になってしまった

しまった。。

こんなこともありえるので
とりあえずデリーを出発する前に
もうつながらないと思っていろいろ整理してから
来た方が安心

どうやらレーの、wifiを動かしてくれてるサーバーは
町全体で一台しかなくってそのサーバーが落ちたらしい
ひえーー

そして、気付いたら
ベットの上で靴はいたまま、爆睡してた。

高地につくと極度の眠気に襲われるってゆうのは
本当だった
危ない危ない

11時にHIDDEN HIMARAYAに集合。
P1190459

明日からのツアーに向けて
ILPを取得するために集まって説明会
ラダックはこのILPという許可証がないと
外国人が入れないエリアがあり
これは旅行会社に依頼して取得してもらう必要があります

高地順応のためラダックについた初日は
レーでゆっくりするとともに
この許可証を取得してもらう1日となります

HIDDEN HIMARAYAには
ラダック人と結婚された日本人の
サチさんとゆうめちゃくちゃ可愛い女性がいます!!

「今日はもうネットがつながんなくて
全然仕事にならないよ~~~」となげいてました
こうなったら数日つながらないねー多分、とのこと

何事も諦めが肝心だ

そして明日からのツアーの皆様と顔合わせをして
そのままお昼を食べにいくことに
P1190461

さすがラダックに来るだけあって
皆様素敵な方々!!

歩き方にものっている「LAMAYURU Restrant」へ!
P1190464

楽しみにしてたチベット料理
ベジ・テントゥク Veg Thenthuk
P1190467

テントゥクがほうとうみたいな、ちぎった麺みたいなやつで
トゥクパがふつうの麺
そしてめっちゃ食べたかったモモ Veg MOMO
P1190470

うぅ~~
期待以上!!めちゃめちゃ美味しい!!
ラダックにきたら絶対MOMO食べようって決めてた

そして私はシンガポールの屋台ではなかなか食べられない
カルボナーラ的なクリームペンネ。
P1190469

これは決してチベット料理では、ない。笑
そのままレーの町をみんなでお散歩
P1190473

ブータンやミャンマーでも感じたことですが
本当にみんな色鮮やかな服を着ていて
とってもおしゃれ
P1190480

そしてラダックの人は照れ屋な方が多いですが
インド人は写真が大好き。

俺をとってくれ!と話しかけてきてくれた二人
P1190482

街で出会った素敵な奥様が
写真をとらせてくれたのですが
恥ずかしがっている表情がまたとっても魅力的
P1190486

そしてメインバザール!
P1190551

近くのDzomsa、ぞむさ?というショップが
これまたお土産にはもってこいのおしゃれショップ
P1190493

P1190496

このリップが1個80ルピー(約120円)
みんなで爆買い。
P1190497

Ladakh Jo Khang Templeもふらっといってみました
P1190521

P1190515

さすがチベット仏教
ブータンでもたくさんみた
グルパバ様発見
P1190517

もちろんマニ車も
P1190522

そして、最近ラダックに多いという
リノベされた古民家風カフェ
「Lala’s Cafe」 へ
P1190535

P1190530

階段を上った先には
P1190536

とっても
素敵な空間が
P1190542

P1190541

ここでのんびり
3時間ぐらいみなさまとおしゃべりしてました
P1190538

ラダックはとにかく魅力的で
今回参加された方の中には
ラダック3回目、という女性もいらっしゃった

これから10日間のトレッキングに
出かけるという女性も

すごい。。。皆様ラダックを愛している

明日からのツアーが楽しみすぎるーーー

みんなでのんびりラダックについて熱く語った後は
あまりラダックについた初日には
行かない方がいいと止められましたが
どうしても行ってみたくなった

「ナムギャル・ツェモ」へ

タクシーで往復300ルピー
レーのタクシーはみんな料金表をもっているので
ちょっと高くふっかけられているかも?
と思ったら
「料金表を見せろ!」といえば見せてくれるので
その相場からかけ離れていないか都度確認できます
P1190490

この丘の上のゴンパを目指します
車で15分くらい
あっとゆう間に高台にこれましたが

ここからの眺めがとても素敵だった
レーの町一望できます
P1190570

P1190586

P1190564

P1190565

けっこうラダックには
欧米人が多かった
P1190592

P1190597

そして絵になるタルチョ
P1190600

P1190614

P1190625

ブータンではこれをルンタと言いましたが
ラダックでは「タルチョ」とよびます

夕暮れ時

ここでのんびり街を見下ろして
ぼーっとする、最高の贅沢

そして、下界に戻ってきた私たちは
チべタンマーケットへ!P1190630

屋台みたいな感じでいろんな
お土産やアクセサリーが売ってます
P1190631

小さいマニ車が可愛いP1190633

そしてこの素敵な笑顔につられて
P1190635

ブレスレット3本購入
P1190636

かたや男性陣は店番に飽きたのか?トランプしてます
P1190639

夜のレーの町もまた
雰囲気が素敵
P1190641

晩ごはんは
チべタンキッチンへ
The Tibetan Kitchen
P1190642

P1190644

あまりにも美味しかったMOMO
モモ、リピートしてしまった150ルピーP1190653

包み方もお店によって違う模様
うん、やっぱり美味しい!!

あとVeg Soup
P1190648

さすが欧米人が多く集まるだけあって
メニューも豊富
P1190646

P1190647

ちなみにメニューにビールはありませんが
頼めば出てきます200ルピー
P1190655

ああああ
もう
本来のラダックの旅は明日から。

なのに
なのに
こんなに充実感にあふれてるのはどうゆうことだーーーーー!!!

ツアーは何も始まっていないのに
もう今日1日だけで
レーの町を歩いただけで
ラダックにどっぷり魅了されています

奥が深いぜラダック

いよいよ

明日からツアースタート!!

にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です