クラビからピピ島へ!マヤベイでシュノーケリング!海の色がすごい

さわでぃーかぁー

昨日おすすめしたミニボクステルアオナンホステルの朝は
とても心地いい
P1300565

ここでくつろぎながら下の道路の喧騒眺めて
P1300567

本読みながら
P1300566

くつろいでると
P1300569

コーヒーだしてくれる
P1300571

ほんとおしゃれだし
この宿おすすめ
ミニボクステルアオナンホステル
P1300570

朝ごはんは軽いパンとかしかなかったけど
お金払えばちゃんとこの
Cafeのごはんも食べれるっぽかった



今日は朝一でクラビからピピ島に移動
昨日のうちにフェリーは宿で予約しておいた
P1300496

だいたいどこもアオナンからピピ島までは
9時か9時半発で
350~450バーツぐらいが相場っぽい
あたしも350Bのやつにした

まずはピックアップが宿まできてくれて
P1300575

フェリー乗り場到着
P1300579

ピピ島まではこの船で移動
P1300580

中は結構な数、座席あったけどほぼ満席

P1300582


P1300583

船乗り込んで
座った直後に爆睡してたので
外の景色みそびれた

1時間半くらいでさくっと
念願の
ピピ島に

到着ーーー!!!!!!!
P1300585

うううっ

フェリーから降りた瞬間の
この海の青さにまじ驚き
P1300589

P1300587

なんだこれーーー
ああっワクワクする

下りた瞬間には色んな勧誘が待ち構えてるけど
P1300588

とりあえずスルーして島にたどり着いちゃえば
ゆっくり歩ける
P1300625

ピピ島は小さな島で
車が通れるような大きな道路はないので
全体的に道は広くてもこんな感じ
P1300593

ヤシの木が溢れるこの島の雰囲気が
いいわあああ
おしゃれなカフェもいっぱいあるし
P1300592

P1300602

とにかくみんな徒歩で動く
この島のゆったりした雰囲気が好き
P1300611

しかも何よりも可愛かったのが
この島には車がないので
荷物をリヤカーみたいなので
引っ張って運んでるんだけど

そうゆう人たちが道を通りたい時に
前に人がいると

「ピッッピー」
P1300590

なんと
クラクション代わりに

口で

「ピッピーピッピー

ってゆって通りますよーどいてどいてー
って感じで通り過ぎてく

ピッピー

ってゆってどいてもらうとか
可愛すぎるやろおおお

ただ
ピッピーの声が、どいての意味だとは

思いもしないだろうから
まったく気づかない人も結構いたけど笑

サンドイッチかバーガーかパンケーキを
めっちゃいろんな種類から選べるこの売り方はラオス同様!
P1300599

今日の宿は
オクトーバーホステル
Octorber hostel

https://www.agoda.com/ja-jp/october-hostel/hotel/koh-phi-phi-th.html

ピピ島はさすが島なだけあって
若干クラビより物価高くて
安宿も、そこまで安いところはない感じだった

ここは一泊大体1200円くらい
写真撮るの忘れちゃったけど
中はagodaの写真ほど全然きれいじゃない!

まぁでも、いいんです

ここは今日
クラビのこの町のど真ん中で
クラビの夜を楽しみまくろうと思って
立地で決めた

オーナーっぽいドレッドヘアーのお兄さん?おじさん?
がめっちゃいい人で色々教えてくれる
歩いて5分もかからずに
海出れる

ちょーいい場所だわ
P1300618

お昼ご飯はTOM YUM NOODELを頼んだら
P1300609

結構あっさり目の見た目がでてきてびっくりした

トムヤムクン以外は
赤くないっぽい
でもこれ、トムヤムクンとは全くの別物ですが
結構塩ラーメンっぽい感じでおいしかった!!

お昼食べたらピピ島周辺のシュノーケリングツアーに参加
ツアー会社は町中いたるところにあるので
適当に見つけて時間合うところで申し込む感じ
どこの会社もあんまり内容は変わらなくて

1日ツアー800~900バーツか
午後からの半日ツアーは
大体13時~14時半発で400~450バーツ程度

シュノケの道具とかは全部貸してくれて
ちょっとした軽食もついてる

半日ツアーで行く先としては
このピピ島トンサイベイから
南に進むマヤベイのほうにいくコースか
北にあるBamboo IslandとShark Pointとかに行くコースがある

P1300606

P1300604

どっちにするか。

とりあえず・・・
ザ・ビーチの撮影場所で有名なマヤベイでしょ!!

って思ってマヤベイの方行くコースにした。

ザ・ビーチ
見てないけど。笑

ちなみにやっぱ一応こっちが王道コースで
時間あったらBamboo Islandのほうも
行ってみるって感じの人が多いらしい

宿の人いわく
Bamboo Islandのほうが水の透明度は高くて
午前中がおすすめらしい
普通のシュノーケリングのツアーとしては
そのコースが主だけど
街中には他にこんな張り紙もいっぱいある
P1300619

P1300603

なにこれ・・・

BOAT PARTYとか
絶対楽しいやつやんかーーー

めっちゃ行きたかったけど

2000バーツもするのでやめた

ピピ島内にはこれに参加したっぽい
Blancoってかいたタンクトップ来てる欧米人いっぱいいた

みんな揃ったらこのボートに乗って出発
P1300626

ボートの先っちょにリボンついてるのが
すごい南国っぽくてかわいいー!!

そして
この絵になりすぎる女の子
12歳らしい・・・
P1300633

恐るべし欧米人
かっこよすぎるで
このWELCOMEのピピ島の船着き場もちょーきれいなんだけど

P1300634

離れるともうすぐこの色

P1300638

P1300641

ちょー残念ながら
この日快晴!って感じじゃなくて
晴れてはいるんだけど
空が白みがかってる感じで

うーぬ。。

それがめっちゃ無念だったのですが
でも、そんななのにこの色なのはほんとすごい!

12月のベストシーズン狙ってきたのになーそれだけにがっかり
今まで旅中に天気がよくないことってほとんどなかったのに!

最初についたのはMonkey beach
P1300655

その名の通り
サルがめっちゃいる!
P1300652

みんな自前でバナナとか持ってきてて
サルよりウキウキしながらバナナあげてた笑
P1300671

(ほんとはあげちゃだめw)
P1300676

P1300664

Monkey beachを出ると
これまた
太陽ギラギラの最高潮の調子ではない、のに
この色・・・
P1300684

すさまじい緑ー!!!!
この色はやっぱすごい
P1300686

P1300689

何度も言いますが空の色はこんな感じで
↓全然ベストコンディションじゃない、はずなのに
P1300692

この海の色・・・もう、。
これまじで太陽出てるときに来たら
どうなっちゃうんだーーー

この時ぐらいからもうすでに
「絶対もう一回リベンジしにこよう」

って決めた。

その後もどっか寄ってたんだけど名前忘れちゃったけど

また海の色が違ってめっちゃきれい!!
これはしかも↓iPhone



たまらんのぉぉ

そしてメインのマヤベイ到着!!!
P1300695
と、思いきや今日は波が強くて

マヤベイのほうにボート寄せられないから
この岩山の間を歩いていけ!
って言われた

ここから先、マヤベイに入るには
なんと入島料的な意味でさらにプラス400バーツも取られる

結構するなー!

そんで、さっき買った防水のiPhoneケースと
防水バッグがここで大活躍
がっつり海に浸かって
マヤベイまで移動するので
iPhoneとかカメラ
マヤベイまでもっていきたい人には

まじおすすめ!!


これがなかったら本当
自分の体一つ水着だけで攻めるしかない

(この2つで地味に500バーツもしたので

何か持ってる人は持ってたらいいかも)

一緒にいったスペイン人たちと
海を越えこの岩山を抜けていく


しばらくすると
開けた感じになって


この人はなぜかずっと半ケツ。笑


そのまま歩いていくと

P1300700

海が見えてきて
P1300701

ついに
マヤべーーーい!!!!!!!!
P1300709

うーーぬ
色んな写真でみるマヤベイのやばい海の色ほどじゃないのだけが

ちょっと残念やったけどでもほんと十分きれい
P1300712

ちなみに最近はマヤベイは話題になりすぎて
すごい観光客がいっぱいいる、
的な話を聞いてたけど

あたしがついたのは多分15時半か16時くらいだったけど
ほとんど人いなくて
のんびりしたプライベートビーチ感あってすごいよかった!!

P1300740

今日は天気いまいちだったから
もしかしたら
シュノーケリングのツアーに参加してる人自体が
少ないのかな??

だとしたら、ラッキーだっ!

P1300730

ここでは1時間半自由時間で
こっちまで来てここで泳ぐ人と
400バーツ払わずに元のボート周辺で
シュノーケルする二手に分かれて
あたしはもちろんマヤベイまでやってきたけど、きてまじよかった!
P1300717



でもそのあと悲劇
P1300702

この写真を最後に
あたしの最近老い耄れ状態だった
愛しのカメラが

ついに

壊れた。

ちーん。

あああああああああ
多分、この砂浜の砂がなんか入っちゃったんだと思う・・・
動画は撮れるのに
写真撮ろうとすると
シャッター押した瞬間に

レンズが切れなくて半開き状態になって

終了。

もう、ここで意気消沈。

なぜか最初から
「だめだ、ピピ島もっかい天気いい時にリベンジしたい!」
ってだいぶ序盤から思ってたけど

もうここで完全に確定

まだ時間あったけど
船帰ろう。。

ってとぼとぼ歩いてたら唯一この
マヤベイにSNACKBARなるものがあるらしく


しょうがないからビール飲んだ。


ああ、こうゆうの

「やけ酒」ってゆうんだな、って初めて思った。笑
ネットで拾ったマヤベイの写真w
14317890968_9814f195b1_b

あああ
この空、この海がみたい!
また来よう!!

しょうがないのでこっからはiPhoneのしょぼい写真でいきます
いや、最近のiPhoneはほんとすごいけどでも、ね

一眼にはかなわない
ボート戻る途中にあったこの道行ってみると

うぅ~!!いい感じ 海の色深いなぁ


ボート戻ったら

チャーハン出てきた!

結構泳いでるからおなかすいてて
意外とおいしかった

次についた先がシュノーケリングのメインスポット
海に入る前から
魚の量尋常じゃないのがすぐ分かった

入るともう
こんな

いっぱいいすぎて
怖いくらい!笑


いやあ
魚の勢いここすごかったーーー!!
いまいち透明度はそんな高くなかったけど
こんないっぱい魚見れるだけでテンションあがるわ

ちなみにここで、あのBOAT PARTYの船に遭遇したんだけど
ガンガン音楽かけて
欧米人がめっちゃ楽しそうにしてた!!

が、あれはあれですごい楽しそうなんだけど
なんかこのしずかーな海を楽しんでいる我々の
雰囲気をかなりぶち壊してた。笑

あっちにいれば、そんなことお構いなしに
騒ぎ散らかしてるんだろーなー、自分も、、、と思いながら。笑

ラストシュノーケリングしたら、あとは夕焼けの海見ながら帰路
夕焼けも綺麗だったんだけど
もうカメラ壊れて

写真撮る意欲を一切失った私は
一枚も撮ってなかった・・・w

iPhoneでとればよかったのに!!
って帰ってきて何度思ったか

そんな感じでシュノーケリングツアーおしまい

帰ってきたのは19時半くらい

マヤベイは思ったほどの青い色が見れなかったけど
でもその他の海が太陽ギラギラじゃないのに
かなり綺麗だったから見れてよかった!!!
写真じゃ全然伝えられない、写真以上のすごい色してた

帰りは風も強くてちょっと水着だと寒かったから
何かタオルか羽織るものもってくといいかも

この後はピピ島の夜の街に繰り出す!!!こっからめちゃくちゃ楽しかった!!!!!!!!!!!


にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ

にほんブログ村










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です