ついにラルンガルゴンパ③最終章。ありがとう尼さん

奇跡的にラルンガルゴンパにたどり着けて
尼さんのお家に泊めて頂いて
2泊もできた

これだけで奇跡だと思うんだけど
そのおかげでラルンガルゴンパ内を
ユーックリのんびり歩きまわれたのが

ほんと、嬉しかった

IMG_9705

3時間くらい滞在できれば
万々歳と思っていたところ

やっぱり、、旅は出会いだね。

IMG_9693

そんなこんなで時は

2017年6月27日

成都を出発してから3日目の朝。

ラルンガルゴンパ最終日
たまたま私とエミレーツ
二人とも靴はTimber

可愛いわぁ

P1100121

洗濯物も、ウキウキして見えるのは気のせいやろか

P1100128

大変お世話になった尼さん

P1100133

今日は朝から天気良好!!

尼さんたちの行動も心なしか活発的

P1100149


P1100156

青空が気持ちいいのっ!!

P1100163

尼さんのSHOPに行くと蝋燭と

P1100166

食材とか、女子的なアクセサリーとか
いろいろ売ってるんだけど
やっぱり衝撃的だったのは

バリカン!笑

P1100168

当たり前だけど、そうだよね
これってちょー大事だよね
P1100169

これは広場にある大きな大きな学校
P1100175

ラルンガルゴンパの中には
学校はいくつもある
P1100201

P1100231

広場にはお弁当とか売りにきてるチベタン
IMG_9815

この、尼さんのいる風景
IMG_9821

これが当たり前で私たちが馴染んでいない人
ってゆう世界がそこにはあった
P1100274

こんなに尼さんに囲まれた
真っ赤な世界には
もう二度と出会えないと思う
fullsizeoutput_4a02

学校の中に入っていいのかわからず
おどおどしてたら、笑顔で尼さんが

オイデオイデってしてくれたので

ありがたく私たちも中に入れてもらうことにした
P1100255

すっごく広いホールになってて
中は掃除もされててとても綺麗だった
P1100254

私たちが行った時はちょうどお昼時間みたいで
みんな外でランチしてたけど
たまたま一箇所お経を唱えている場所があったので
後ろの方で

遠くから、少しだけ聞かせていただくことにした
fullsizeoutput_49f6

本当に不思議なのですが、ここに来てから
彼らの唱える言葉とかお経とかが
すごく心地がいい。

お経って私は別に小さい頃から聞いて来たものではないし
私の生活ではほとんど聞くことはなく生きて来たのに
なぜか小さい頃から聞いていたような
ホッとする音が流れてた

泊めて頂いた尼さんも朝から
お経のラジオみたいなのを流していたんだけど
私たちが日本で聞くやつよりも
もっと暖かくて心地よくて、ちょっとポップだったりして笑

外に出たら、ランチしてる尼さんたちと目があって
そしたら突然

「食べるー?」

ってご飯を差し出してくれた

なんて優しいんだ。。。
突然、目があった通りすがりの
観光客にその場で
一瞬の迷いもなくご飯を差し出してくれるなんて
P1100258

ありがたく花巻と
塩辛みたいなおつまみを頂いた!笑
P1100260

意外とこんな感じの俗世の食べ物を食べているのも
可愛らしかった

学校の前で地べたに座りながら
お昼ご飯を頂いて
目の前には突き抜ける青い空に
旗が掲げられてた
P1100268

マクロードガンジでみた
チベットの旗
雪山獅子旗はここで見かけることはなかったけど

その色をした旗は立ってた
P1100280

意外だったのは、中国人に日本人は嫌われていると思ってたし
中国人はチベット人に嫌われていると思ってた。

でも、それは結構あたしの勘違いだったみたい

あたしは
中国政府がラルンガルゴンパを建て直しとゆう名で
取り壊してるからチベタンたちは
中国人を嫌ってるんだと、勝手に思い込んでた。

でも、実際に行ってみてあたしが感じたことは
詳しくは分かりませんが
私たちのことを少なくとも尼さんたちは
「中国人観光客」だと思っていると思うんだけど
(日本人はいるはずがないからw)

そんな「中国人観光客もどき」の私たちに
尼さんたちは、すごく優しくしてくれた。

「中国人にも、こんなに優しくしてくれるんだ。。。」

とゆうのが正直な感想だった
尼さんたちは心が穏やかだから
たしかに別に目の前の一般の中国人に冷たくするとかは
普通に考えたらないのかもしれないけど

それでも、彼女たちも色々と政治的にも
辛いことが沢山あるだろうに
そんなことはさておいて

目の前で出会った私たち「中国人もどき」に
こんなに優しくしてくれるんだなぁ。。。と

しみじみ彼女たちの懐の広さに感動してしまったのです
P1100291

この山と空が彼女たちをこんなにも
強く優しくするんだろうか
その後、マニ車が沢山あるところにお散歩にいったら
P1100301

偶然、泊めてくれた尼さんのお友達にばったり遭遇!!
おおー!お前たちー!元気してたかー!
こっちおいでー!

って感じで呼んでくれて
この中のお堂みたいなところに入れてくれた

仕組みはよく分からなかったけど
ここには二畳くらいの個室がいくつもあって
仏間みたいな感じなんだけど

中にはダライラマとか色んな写真が飾られてて
尼さんはここに寝泊まりすることもあるみたい
P1100309

それぞれ個人に与えられた部屋なのかな?
そんなところに招き入れてくれてとてもうれしかった
P1100305

ほら、これ食べな

ってビーツとクッキーくれた
P1100307

そして最後に
ここに置いてあった水晶みたいなものを
あたしたちに1つずつくれた

ありがとう、尼さん

ありがとう

後から気が付いたけど
私たちはラルンガルゴンパに3日間いて
一度たりとも自分たちで
お金を払って食事をとっていなかった

常に、誰かが私たちに
食べ物を分けてくれてた。。。

もう感謝の気持ちでいっぱいで
本当爆発しそうです

お世話になった尼さんにありったけの感謝を伝えて
ラストスパート

私たちは最後にもう一回
丘に登って
ラルンガルゴンパの全景を拝みに行った

左にはこの絶景
P1100311

右にはラルンガルゴンパ
ほんとに頭おかしくなりそうなくらい
全てがダイナミック
IMG_9909

丘よりもさらに一歩踏み込んだところを
登っていくと
このルンタの嵐が見れた
IMG_9942

ここから下を見ると
夢のルンタとラルンガルゴンパの絶景コラボ
IMG_9948

唯一の後悔はここに来た時
突然、ヒョウが降ってきたことくらいww
山の天気は変わりやすいといいますが
さっきまで突き抜ける青だったのに
突然のヒョウ

いまだ!って思ったタイミングで
行きたい場所には行かないといけないんだなぁって思ったけど

やっぱり絶景を最高の天気で
今まで見れすぎてるあたしたちは、すごい。と。笑

このルンタとラルンは狙ってた写真は撮れなかったから
これはまた、ここに来る

機会が生まれたってことだよね

最後に、お世話になった尼さんに

「ありがとう」と

あたしたちの名前をチベット語で書いてみた
P1100368

伝わってるといいなぁ。

ほんの気持ち
靴下と肘まくりの布をお礼にかけて
尼さんのおうちを去りました
P1100381

本当に本当に3日間ありがとう
クァーディンチェー

気が付けばまたいいお天気で
あたしたちを送り出してくれているかのような
P1100383

尼さんの名前は最後まで分からなかったけど
とりあえず
We Chatで友達にはなれた!笑

もしチベット語が分かる人に出会えたら
訳してもらって
彼女にこの感謝の気持ちを

言葉で今度は伝えよう。
P1100387

最後、ラルンガルゴンパをバスにのるために
違う方面に来てみたら
こちらもまた景色が違っていい感じ
P1100403

こっちはお坊さんのエリアみたいで
お坊さんの学校で
中に入れるところがあったので覗いてみた
P1100414

ドアノブすらかっこいい
P1100419

中はまたキレイにされてて装飾がとっても美しい
IMG_0021

IMG_0029

IMG_0030

そうこうしていたら
バスが来てしまったので
大変お世話になった
ラルンガルゴンパを後にします。。。涙
P1100435

ぐっばい

ラルンガルゴンパ!!!!
とんでもなく、、、ありがとう。

次は尼さんワンダーランドと揶揄される(笑)
アチェンガルゴンパに向かいます

にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ

にほんブログ村










2 件のコメント

  • お疲れさまです。
    御仏に仕える尼さんたちには憎しみの心はないんでしょう。悟りを開いているとか、そういうのかもしれません。人の心の温かさに触れた、なかなか経験できない旅でしたね。(^^)/
    世界には、日本にいては経験できないことがいっぱいあると改めて感じさせられました。これだから、旅はやめられませんね。私も、よぼよぼになっても、旅を続けたいものです・・・・・周りに迷惑をかけるからやめたほうがいいか・・・(笑)。
    引き続き旅のお話を楽しみにしています。

  • 本当に日本にいては知る由もなかったこと、景色、そして数えきれない出会いが無数にあって、改めて私はとても小さい世界で生きていたんだなぁと思い知らされます
    でも何よりこの尼さんたちの心の広さには言葉の壁を越えて本当にたくさんのことを教えていただきました><
    これだから旅は、やめられないですね!
    まねーじゃーKさんも迷惑かけながらでも、ずっと旅続けましょう★笑

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です