ラダックの旅、らすと圧巻のラマユルゴンパへ!そしてレーに帰還

ラダックの旅、4日目

寝起きに友達に言われた一言

「羊の通勤シーンが観れるかも!起きた方がいい!!!」

ん?!
羊の通勤シーン・・?

あれ?あたし、寝ぼけてるのか?

と思いながらも

ん、みたいかも・・・!

と思って飛び起きてテントの外に出て
目の前の川に出てみて驚いた
P1200645
本当に
羊の通勤シーンに出会えてしまった

まだ全員が揃うまではスタートきれないみたいで
みんなこの橋でうずうずしてた

そしていざ全員揃うと(だいたい200くらい?)
ダーっと進み始めた
P1200654

なかなか狙ってみれるものじゃないので
たまたま起きた時間に
この大群に遭遇できたのは、ラッキーだった!
P1200659
P1200663

羊たちは坂に差し掛かると
のんびり歩きたそうでしたが
後ろから少年に石を投げられたり
お尻を叩かれたりして
進まされている光景がおかしかった
P1200669

そして今日は昨日とは打って変わって
ちょー快晴!!
さすが!
ラダックの青空が戻ってきました
P1200674
P1200675

朝ごはんはコンチネンタル
P1200678
P1200679

そして我々は今日がラダックの旅の最終日
思い思いにこのキャンプ地をあとにします

相変わらず道は綺麗で
青空が深い
P1200683
P1200686
P1200717

レーへ帰るにあたって昨日もとおった
ナミカラ峠
P1200688
P1200693

やっぱり青空だと景色が全然違う!
ここにいたロバが
人懐っこくて可愛かった
P1200705

途中たどり着いたボドゥカルブ
P1200722
P1200725
P1200728

↓この左側のぼけているろうそくみたいなものは
「トルマ」といってお供え物
P1200729

バター茶のろうそく
P1200732

そしてその後あまり人も訪れない
ボドカルブへ(別名サンサンゴンパ?)
P1200734
P1200736

ここはそんなに古くないそうで
150年前くらいのものだそうですが
状態が悪くてあんまり
綺麗に残っていないのですが
「生」な感じで残っているのが逆によかった
P1200740
P1200744
P1200741

像?! ここは色々と不思議な絵があっておもしろい
P1200754
P1200758
P1200760

修復も同時に頑張ってくれてました
P1200739
P1200768

そんな彼らとお話ししてたら
とりあえず、お茶していきなさいと
なかに招待してくれたのでとりあえずいっぱい頂きます
P1200767

次にたどり着いたのが
今回の旅で一番標高が高い地点となる峠
標高4100メートル
P1200788
P1200780

ちなみにここで
タルチョがはためいてみえるように
撮影するには、シャッタースピードを30分の1くらいにすると
いいと山本さんに教えていただきました
P1200785

山本さんはラダックの知識だけではなくて
カメラ、写真
旅についてありとあらゆる
山本さんが経験してきたものを
出し惜しみなく存分に教えてくださって
本当に今回のツアー、魅力的でした!!!

途中、写真スポットで私たちが車から降りると
ドライバーのスタンジンが
山本さんが書いた日本語のラダックのガイドブックを
読み漁ってた笑
P1200789

言葉は読めなくても
そんな風に、現地人をもその本にかじりつかせてしまう
写真をとってラダックで生活している
山本高樹さんは本当に偉大だなぁと
改めて感じたヒトコマでした

そしてラマユルに到着!
P1200832

いけてる僧侶さん
P1200795
P1200800

なかに入るとちょうど終わったところなのか
小坊主さんたちがとびだしてきた
P1200803
P1200808

この荒涼とした
でも人が生活していた跡を感じるこの場所
P1200809
P1200812
P1200818
P1200819

ラマユルを出て
しばらく走った先にあるこの土地は
「月の世界」とよばれているそう
P1200845
P1200847

ほんとに月の表面みたい
なんでこんなのがサラっとあるんだラダック
やっぱり深すぎるで。。

P1200848
P1200850

お昼は初日と同じところでベジテントゥク
P1200861

そのままラダックの青空を全身で感じながら
まだ終わりたくないーーー!!!
って車で叫びながらレーまで突っ走り

ようやく、無事レーの街に帰ってきました

HIDDEN HIMARAYAの事務所では
サチさんが迎えてくれますかわいいー!
P1200875

今回大変お世話になったサチさん、山本さん
P1200876

そして私はこの日の宿をとっていなかったので
レーに戻ってきてから
まず、宿探し。笑

サチさんにおすすめ聞くとすぐ近くの
JIGMETとゆっていたので行ってみると
すごいきれいなところだったのですが
この日は満室

そのちょっと先にあったMILLENIUMというゲストハウスに決定
P1200883

中はなんか変な感じですが、まぁ800ルピーだしおっけー!
P1200880
P1200879

そしてレーに戻ってきたらwi-fiの環境
復活していてようやく久しぶりに
下界とつながることができました

夜はみんなで打ち上げ!
P1200885

チベタンキッチンは欧米人で満席だったので
P1200886
chopsticksへ
P1200887
ここがまた、ちょーおしゃれでびっくりした
P1200888

ラダックの山奥を巡ってきた我々には

おっ・・・おしゃれすぎるーー!!
レーがめちゃめちゃ都会に感じた
ここは和風っぽいものとかいろいろあり
P1200889

そして実に4日ぶりのビール!
こんなにビールを飲まなかったのは
今年初めてでした笑

ラダックの旅中
まずビールは基本的にメニューには書かれていないので
ビールおいてあるか都度お店に聞いてみないと
いけないのですが
ツアー中で高地ということもあり
なんとなく我慢しました

探せばあったのかわかりませんが
あんまり置いてなかったっぽいなー

で、ここでも頼んだビールは
P1200892
こんな感じで可愛く包まれてでてきた!笑
これはサービスとゆうよりは
おおっぴらにビールを出すわけにはいかないようで
いちを隠しながらでもみんな暗黙の了解で飲んでいる模様

ラダックにいますがタイ料理たべたくてパッタイ!
P1200894
P1200895

そして、ほんと
めちゃくちゃおいしかったモモ
今日でお別れだぜ、ラストチキンモモ!
P1200897

みんなでたらふく食べて飲んで
一人400ルピー(約600円)
やすい!

お世話になった方々とはここでお別れ。

明日から、まだレーに残る人
ラダックのツォモリリにまださらに出かける人
色々ですが私はひとり

ラダックとは対極のザ・インドを感じに
バラナシ、ガンジス川を目指します

翌朝、ゲストハウスからレーの空港までタクシー
300ルピー
P1200900

あぁ、このラダックの青空とも
今日でお別れかーーー

次回は2週間くらいがっつりきたい

空港内にはなぜかスーツ姿の人が大勢
P1200904

そしてすごい人だったので
チェックインに30分以上かかった

ちなみに、レーの空港
到着した時は何もない空港でしたが
いちを出発の方は
チェックイン前
P1200903

チェックインした後
P1200905

それぞれいちをちょっとした売店ありました

でもお土産やさんとかはなし
wi-fiもなし

ちなみに、さすがまわりが軍の施設が多く
国境付近のため
すごくのんびりした田舎のレーでしたが
この空港のセキュリティーチェックは異常に厳しい

一回手荷物検査して、その先でまたチェックして
ゲート潜る時にまたチェックして
乗る直前にまたチェックして

ただ、なんか手荷物持込禁止?という噂があるようですが
私は普通にJET AIR WAYSでバックパック
機内持込できました

Good bye Ladakh!!!!!!!
P1200907
P1200911

あんまり美味しくない機内食
P1200912

そして再びインド、デリー空港に戻ってきました
P1200913

だんだんこれを見るとホッとするようになってきた
P1200914

いざ!今日はデリー観光してから
ずっと乗ってみたかった
デリーからバラナシへの寝台列車の旅!!

 










2 件のコメント

  • 今夏に訪問するミャンマーの旅情報を調べててたどり着きました。
    ラダックいいですよね!もう3年も前になりますが強烈な印象が残っているところです。
    僕も山本さんの本を頼りに行きました。
    読ませていただいて、色々とラダックの風景が蘇って来ました。
    ありがとうございます♪

  • traさんコメントありがとうございます^^ ラダック本当にいいですよね!!私の中でも たび史上ナンバーワンです!山本さんのツアー今年も8月にあるみたいです✨ミャンマーはすごく親切でとっても素敵な場所なのでぜひ楽しんでください◎

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です